理系・文系を重ねて見る光景は
温室効果ガス削減にも貢献する草食自衛隊!?
さて、その東宝怪獣映画で活躍するのがメーザー砲など最新兵器を抱えた東宝自衛隊です。
よくネタに日本の戦車には方向指示器(ウインカー)がついていると揶揄されたりもするけど(でないと道交法上、公道が走れないらしい)、なんとなくファンタジックな気がするのは東宝自衛隊の先のメーザー車や玩具っぽいイメージが残像として残っているからかもしれない。ちょっと草食系な感じもしないでもないけど、まあ、実際はそんなことはあるはずもない。
もっとも「艦コレ」「ガールズ アンド パンツァー」などをみれば草食系でもなく、むしろ少女系だけど。
今も熱心に自衛隊は艦船、戦闘機や基地施設での省エネルギー化、戦闘車両のハイブリッド化、代替燃料の開発、あるいは部隊車両の電気自動車化なども進めているのだけど、日本ではなんだかアニメやゲームっぽい!?。
温室効果ガス削減に貢献するを示すとともに、原油価格の変動で部隊訓練などが影響を受けないようにする狙いらしいけど、のどかというか、やはり草食系な気がします。
だって、温室効果ガス削減もなにも、まず戦争そのものが人類最大の破壊・浪費だからなあ。

yawarakasennsya.jpg

なにか本質・根幹に何も触れず、温室効果ガス削減に貢献すといっても戦車にウィンカーみたいなものではないか!?
軍事兵器見本市で、「いや、このレールガンはですね。再生エネルギーフル活用の温室効果ガス削減効果著しいやつで、そのかわりエネルギー充填にはいささか時間はかかりますが…、え、その間にやられちゃう?まあ、そうかもしれませんが削減目標達成のためにはですね、ここはひとつ…」なんてやりとりもあるのだろうか。
まあ、僕は東宝自衛隊が好きなので温室効果ガス削減に貢献するような草食自衛隊もいいと思うのだけどなあ。
ほら、こんなやりとりしてれば「アホらしい、やーめた」なんてことになるかもしれない。
痛車のような痛戦闘機、痛戦車、痛駆逐艦なども一瞬目を奪って戦意喪失させるかもしれない。
波動砲ならぬマッピング砲はどうだろう。大艦隊を美しくマッピングしてしまうのだ。腰を抜かすぞ。
戦わずして勝つ、直虎も言っておったぞ。ま、予算もつかないだろうけれど。
子供の頃、よくこんな妄想してたけど、まだやってる!?
何の政治的意図も揶揄する気もありません。妄想です。念のため。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック