理系・文系を重ねて見る光景は
鳥居耀蔵 無垢ゆえの非情 荒神
さて、宮部みゆき「孤宿の人」繋がりで、「孤宿の人」で加賀様のモデルともなった鳥居耀蔵です。
今、BSプレミアムで「大岡越前」をやっているけど、ドラマや小説に出てくる名奉行といえば、まず大岡越前か北町奉行遠山金四郎とほぼ決まっている。
人気があった北町奉行遠山金四郎ということは、つまり、その時の南町奉行は人気がなかったというか嫌われていたとなるのだが、それもそのはず南町奉行は妖怪とも呼ばれた鳥居耀蔵だった。
加賀様のモデルになったように、実際にも鳥居耀蔵は南町奉行などの官吏だった頃の非情・酷薄さと、幽閉されてからの慈しみの深さは天と地ほど違ったという。
鳥居耀蔵の父林述斉は「小善は大悪に似て、大善は非情に似たり。目前の気受けなど気にせず、大善実現のために非情に徹せよ」と心構えを説いたというから非情、酷薄は耀蔵なりの大善だったのもしれない。

chara_torii.jpg

鳥居耀蔵は鬼才ともいえる儒学派であり、洋学派の渡辺崋山など蛮社の獄で徹底的に追い詰めた人で、老中水野忠邦を裏切り失脚させ、のちに復権した水野忠邦の怒り凄まじく、罪に問われ家は断絶、四国丸亀藩に「お預け」つまり幽閉された。
将軍、老中が変わっても赦免されることなく、明治維新までの23年間幽閉され続けている。
一般にお預けになった武士は病気か自害ですぐに死ぬのだという。
なぜ生きながらえられ続けることができたのか、その妖怪とも言われた男の晩年の28年間の日記が「晩年日録」として残っている。
鳥居耀蔵は幽閉後、豊富な知識で薬草の栽培も行ない、自らの健康管理、領民の治療など領民・藩士にも慕われていたともいうのだが、彼の原理原則は最後までまったく揺るがなかったという。
勝海舟も「残忍軽薄甚しく、各官員の怨府となれりといへども、その豪邁果断信じて疑わず、身をなげうつてかへりみる事なく、後、罪せられて囹圄にある事ほとんど三十年、悔ゆる色なく、老いて益勇。八万子弟中多くかくのごとき人を見ず。亦一丈夫と謂うべき者か」と言っているから嫌ってはいても、すげえ奴とは思っていたのだ。
これもまた「荒神」と呼ぶべきか。

画像は「天保異聞 妖奇士」より、鳥居耀蔵。
スポンサーサイト

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/22(木) 14:53:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック