理系・文系を重ねて見る光景は
書道 新幹線の旅行
TBS「プレバト!!」やマンガ「とめはねっ! 鈴里高校書道部」などの人気もあって、やはり書道は気になりますね。
「カルテット」で有朱ちゃんを見事に演じていた吉岡里帆もスタジオパークで書道八段という腕前を披露していたけど、いや、字が美しい人はうらやましい。
親の字を見ていて、字なんて大人になれば自然にうまく書けてくるものと子供の頃は思っていたけど、大間違い。
少女マンガも大好きだったせいか、男なのに丸文字風になったりもした。
昔の子供の習い事といえばそろばんか習字だったりしたけれど、今は昔。
ぼくも授業でやったくらいで褒められたことはなかったけど、でも好きだったのだろう。
新聞紙などにいっぱい書いていた覚えがありますね。
俳句の自由句ではないけど、自由に書けるのは楽しい。
でもやはり基本は必要で、その上での自由が楽しく、また美しくなるのだろう。
先日、実家で母と「父さんは字が上手かったよね」などと話していたら、母が何やら箱から大量の習字紙を出してきた。
お稽古ごとの発表会のプログラムの題字やら、なにかと頼まれたらしく、まあ、いろいろとってあること。
聞けば手引書はあったけど習ったことはまったくないという。
僕など「はて、これは?」と浅学菲才で読めもせず意味も分からない。

syodou2.jpg

こんな分かりやすいのもあった。1回くらいは行ったのだろうか、「新幹線の旅行」。
今ならロクに旅行も出来なかった苦労もわかるけど、時は戻らない。
うーむ、「新幹線の旅行」か。

syodou1.jpg

さて、書の達人では政治家の宮沢喜一元首相が有名だけど、記者が「政治家では他に誰が」とたずねたら「副島種臣、犬飼木堂、そして岸さんですかね」と答えた。
「いまの政治家、田中角栄、大平正芳さんらは?」、抑揚のない話し方で宮沢氏は「あなた、あれが書だと?」と答えたという。
宮沢喜一元首相は書の達人にして初代財務相でもあったけど、「財務省」の看板の揮毫は断ってしまった。
今の「財務省」の文字はコンピュータ作成によるものらしく、いやあ、達人はかくあるのか。
勝手に載せてしまって、父は怒るだろうか。まあ、母がどうぞってことだったので。
スポンサーサイト

テーマ:習い事 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック