fc2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
岩波ホールの閉館 地方の窮状
東京都千代田区のミニシアター「岩波ホール」が、7月29日で閉館する。同ホールが11日、発表した。日本のミニシアターの草分けで、映画文化の多様性を支える存在だったが、新型コロナウイルス禍の打撃を受け、約50年の歴史の幕を閉じることになった。
同ホールは発表文で「新型コロナの影響による急激な経営環境の変化を受け、劇場の運営が困難と判断いたしました」と説明。今後は、上映中のドキュメンタリー「ユダヤ人の私」の後、15日から日中合作映画「安魂」、29日から「ジョージア映画祭2022」など5番組を上映予定。6月4日公開の「NOMAD」が最後の上映作品となる。 
同ホールは1968年2月、岩波書店の岩波雄二郎社長(当時)が建てたビルに、義妹の高野悦子さんを総支配人として開設された。当初は多目的ホールだったが、74年に映画館として再出発。200席あまりと小規模な劇場で、大手映画会社が取り上げないような隠れた名作を1館だけで公開する上映方式をとった。(毎日新聞)

僕は岐阜だから岩波ホールは実際に行ったことはないけど、映画チラシでもあまり見かけないような作品は岩波ホールなどマイナーな劇場でのものが多かった。まあ、さすがに東京で、岩波ホールに限らず、名画座や小ホールみたいなところは多くて、映画チラシを集めていると実に多種多様にあったりします。それでもやはりコロナ禍はつらいのだなあ。
それに多様化とは言っても最近はエンタメでないとなかなか人は来てくれないのだろう。学生の頃と違って僕も難しい映画、マイナーな映画にはすっかり腰が重くなった。
映画館ではないけど、名古屋の白川ホールも閉館が決まったというから、クラシック音楽ファンも減っているのだろう。
映画や音楽などの文化は必ずしも不要不急ではないかもしれないけど、日常の大切な栄養源で、心も身体も健康に、豊かに、優しくもするものなのに。

DSC_0044 (21) DSC_0045 (14)
岩波ホールの映画チラシで衣笠貞之助監督の「狂った一頁」と「十字路」どちらも見たことがない。こちらの「ある映画夫妻の歩み」展のチラシは映画配給会社東宝東和の創業者である川喜多夫妻の歩みを紹介するもの。映画の製作にかかわる映画人だけでなく、岩波ホールとか配給会社など周辺の熱い情熱にも支えられてきた。

DSC_0042 (25) DSC_0042 (26)

岐阜では全国でも珍しいフィルム上映の岐阜ロイヤル劇場が昭和名作シネマ上映会というのをやっている。ちなみに年末年始の上映予定がこちら。2月は2週連続で「おはなはん」」「おはなはん第2部」です。
また系列劇場では「マイクロプラスチックストーリー ぼくらの作る2050年」の上映と岐阜出身で東京藝大学長 日比野克彦氏などのトークショーもあったりしてけっこう頑張っています。
スポンサーサイト



テーマ:映画館 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック