理系・文系を重ねて見る光景は
あなたのとりこ シルビー・バルタン
たまたま先日、NHKの「うたコン」を見ていたら、なんとシルビー・バルタンが。
「うたコン」ってライブで生歌だし、時には思いもかけない歌手も登場するので見逃せない(たまたまじゃないですね)。
でもシルビー・バルタン、本当に日本が好きなんでしょうね。47都道府県すべて行ったことがあるなんて言っていたぞ。
それもそのはず、日本はアイドル好きでかわいい文化ともいわれるけど、アイドルという言葉が日本で広く浸透したのはこの人のおかげではないかとも思うのだ。
デビュー曲で「アイドルを探せ」を歌い、アイドルという言葉とアイドルって探すものなんだということを教えてくれたし、外国人にしては小柄で可愛い人だった。
この引っ込み思案だった僕が名古屋市公会堂のコンサートに行ったくらいですからね。
もっともフランスの歌もけっこう時代を反映して、彼女も1970年にはプロテスタントソング「悲しみの兵士」を歌っている。
日本では「フランシーヌの場合は」が流行ったころ。

DSC_1051.jpg

いちばんヒットしたのはやはり「あなたのとりこ」。
今もテレビドラマやCM、映画でもよく使用されるのをみると、楽曲の良さはむろん、「あなたのとりこ」になったクリエーターが多かったのだろう。聞くとなにか元気になるのだった。
あとやはり気にかかるのは「バルタン」という名前ですね。
もちろんバルタン星人とは何も関係ないけど、いろんな意味で日本になじみの深い人となった。
タイガースもシルビーマイラブって歌っているし。違うか。
引っ越しで整理した折、映画「ジョニーはどこに」のプレスシートもあったのだが、どこに?
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック