FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
パンフレットと半券 凱旋門 旅愁
パンフレットの紹介が続きます。
パンフレットをパラパラめくって読んでいると挟み込まれていたのが「凱旋門」「旅愁」の映画の半券。
パンレットに書かれた鑑賞日の日付けといい、几帳面な人だったのだろうなあ。
映画館はいずれも岐阜柳ヶ瀬にあった衆楽館と自由映画劇場。
僕の学生の頃にも衆楽70ミリ劇場とニュー衆楽を改名した自由劇場があったけど、昭和20年代とあってはさすがに改装したりして別ものだったりするのだろうな。
 
DSC_0107.jpg DSC_0106.jpg 

パンフレットの日付けを見ると月に3、4回も映画を見てる月もあって、毎回パンフレットを買うわけでもないだろうから、相当な映画マニアで、ある程度、経済的余裕もあったのだろうなあ。
そして、なかなか映画の趣味もいいし、どんな映画青年だったのでしょうね。

DSC_0143.jpg

前売り券も渋い。
けっこう公開日数が短かったりもするけど、当時は映画館も十数軒はあったはずで、そんなに溢れるほどに映画の本数があり、溢れるほどの観客がいて、映画は多様な文化などの学びの場でもあった。
学業以外にこういう雑多な学びの場があったことが、今の老人のパワフルさに繋がっているのかもしれない。
机上だけでない現場感覚というか。
今では映画も心地よく鑑賞することを最優先することが当たり前だけど、前にも書いた通り、僕の頃でもザーザーと雨が降るような、ときおり真っ黒に落ちてしまうスクリーン、上映終了間際からドアを開け放って清掃を始めるおばさん、愛想もなく値段の高い売店、立ち見客、入れ替えもなく終了間際の次の座席を確保しようと立ち見やロビーから押し寄せる人々、煙草の煙、壊れた座席、首が痛くなり、字幕も読めないようなところまで置かれていた座席、傾斜もなくフラットな映画館、座席の間に柱のあった映画館、暗くなるとすっと女性客に忍び寄る痴漢、オールナイト上映での喧嘩、アニメファンのセル画サービスの深夜の行列など、これらだってまだ昭和40、50年の頃だ。
ましてや昭和20年代だからね。そんな中で繊細な感性を、荒々しい生き方を共に学んだのだ。
今の映画館の環境って、昔で言えば映画愛好家、評論家を集めた試写会のような好環境だものな。
「やすらぎの郷」の老人たちのやることなすこと、すごいものがあるけど、豊臣軍団ごときがしっぽ巻いて逃げるのもしようがない。
スポンサーサイト



テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック