FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
夕凪の街 桜の国2018
NHK広島開局90年ドラマ「夕凪の街 桜の国2018」がNHKで8月6日原爆の日に放送された。
原作はこうの史代の漫画「夕凪の街 桜の国」で、「漫画アクション」に掲載され、2004年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、2005年の手塚治虫文化賞新生賞も受賞した名作で、映画化や舞台化もされたけど、テレビドラマ化は始めて。
sakuranokuni.jpg
やはり、こうの史代原作の「この世界の片隅に」と同様に、ささやかな日常を描くものだけど、こちらの作品ではヒロインの少女が被爆者で、なおのこと胸に詰まるようなリアリティ、まだ傷の癒えない辛さが今なお残るもので、多くの人に目に触れるテレビドラマ化は控えられたのかもしれない。
なにしろ被爆後10年後、ようやく穏やかな日常が戻り、死の恐怖から脱し、幸せをつかもうというときに容赦なく訪れる死。
その恐怖は受け継がれ、何年たっても後遺症の不安は消えないのだ。
また穏やかな日常に帰ったようでも原爆の光景は悪夢となり、生き残ったゆえの痛みもまた癒えることはない。
同じ広島の地でも10年たっても被爆者だったことを容易には明かせないって、やはり当事者でないとわからない思いがあるのだ。
妙に真正面から描く戦争映画、反戦映画よりも「夕凪の街 桜の国2018」、「この世界の片隅に」、あるいは「火垂るの墓」などささやかな日常を丁寧に描いたもののほうが身近なリアリティとなり、胸に迫るものがありますね。
こういう作品を海外の人も含めて多くの人に見てもらうことが、緩やかであっても核廃絶への希望につながるのだろうなあって。
それにしてもこの「夕凪の街 桜の国2018」、川栄李奈が事実上の主演なのだが、はかなく透明感があってよかった。
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
妙に真正面から描く戦争映画、反戦映画よりも
>妙に真正面から描く戦争映画、反戦映画よりも「夕凪の街 桜の国2018」、「この世界の片隅に」、あるいは「火垂るの墓」などささやかな日常を丁寧に描いたもののほうが身近なリアリティとなり、胸に迫るものがありますね。

〇なるほど!
 日本的な表現法の感じがします。戦争のむなしさを描いたプラトーンなど外国映画がありますが、それらとは違う独特な反戦映画という感じでしょうか。
 草々
2018/08/13(月) 09:06:27 | URL | レインボー #-[ 編集]
夕凪の街 桜の国2018
今日のNHKお昼の「サラメシ」の「あの人が愛した昼メシ」は作家の藤沢周平さんで好んで食べたのは「鳥重」だった。市井の人々や下級武士の日常を丁寧に描いた人らしく「ふつうがいちばん」と言っていたという。日常の積み重ね、ふつうがいちばん、大切なのだろうなあ。
2018/08/13(月) 15:42:02 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック