FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
「兼定 刀都・関の名工」岐阜県博物館
日本刀の話を書いたばかりなのだが、昨日、中日新聞の県内版にこんな記事が。

「刀剣女子、兼定展に続々」

知らなかったのだが、岐阜県博物館では「兼定 刀都・関の名工」というのをやっていて、先のランキングでも7位に入った新撰組副長土方歳三の愛刀「和泉守兼定」が展示され、会館以来初という展示室の外まで行列までできるほどの、刀剣女子が続々と訪れているらしい。

kanesada.jpg

ありがたいことに同館でも終戦後、連合国軍(GHQ)に接収され廃棄を免れた刀剣(赤羽刀)が170振りほどあり、研磨費用に苦労していたのだが、修復・保管に協力する女子も多く、万単位の寄付をする人もいたという。
以前にも下呂市金山の祖師野八幡神宮 に祀られる名刀 「祖師野丸(そしのまる)」 (県文化財の神刀)が、関市の研師の手によって往時の輝きを取り戻したことがあって(祖師野丸は源義朝の長男義平の愛刀で伯耆国大原の刀工 安綱の作で同神宮には村人を困らせていた妖怪を義平が退治した伝説とともに伝わる)、これも毎年、虫干しの8月に1日だけ公開していたのだが、長年の間に錆が全体にわたり、折れる心配もされるような状態だった。
これも折からの刀剣ブームで刀剣女子に情報が拡散、修復の運びとニュースになっていたから刀剣女子畏るべし。
赤羽刀は全国にも多数あり、どこも事情は同じだろうから、あるいはまだ知られぬ名刀などもこの機会に修復やら見つかるといいなあ。もっとも決して封印を解いてはならぬ妖刀もあるかもしれないけど。
展示は24日まで。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック