理系・文系を重ねて見る光景は
出席番号順のいちばんは名探偵・亜愛一郎
少し前だけど、NHK「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」で出席番号順が早い人というのがあり、名字が相さんという方から僕より早い出席番号の人はいないのか悩みが寄せられたという。
結局、やはり読みは一緒だけど、会一太郎さんがいちばんと思いきや、嫁いで名字が会さんと変わった奥様の「会愛(あいあい)」さんがいちばんとなった。
小説では泡坂妻夫の名探偵・亜愛一郎がいますね。
まあ、電話帳・探偵辞典の索引で絶対いちばん最初に出る為にと考えられたというネーミングですからね。
この番組、ほかにも「なぜか憧れてしまう名字の特集」とかもあって、まあ、漫画や小説などを読んでいるとかっこいいヒーローやかわいいヒロインは名前も推して知るべし。
ちなみにこの特集で第1位に選ばれたのが「西園寺」。以下、第2位「早乙女」、第3位「橘」、第4位「伊集院」、第5位「白鳥」、第6位「綾小路」、第7位「藤堂」、第8位「道明寺」、第9位「二階堂」、第10位「武者小路」という順位で、やっぱり、マンガか小説っぽい。
ちょうど、「執事 西園寺の名推理」というのがあって、主人公のお二人はやはりお公家さんのような品の良さで、早乙女は「愛と誠」、橘はちょっと字が違うけど「立花登青春控え」、伊集院は作家の伊集院静、白鳥は「白鳥麗子でございます!」、綾小路はきみまろか、翔。藤堂は「エースをねらえ!」にして、道明寺は「花より男子」、二階堂は焼酎か、ふみ。武者小路は実篤でしょう。
ユーミンも荒井から松任谷になりたかったらしいし。
でも西園寺という憧れの名字を持ちながら、あえて芸名としたのがテレサ野田。たしかにお公家っぽい西園寺より、謎めいた異界の美少女が似合ったからテレサ野田でよかったのだろう。
「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」あたりも名字が凝っていたなあ。

hiroko.jpg

まあ、僕はやっぱり薬師丸だったりしますけどね。
芸名ではなく本名ですからね。
ちょっと名前の歴史をたどってみたい人ではある。
画像は「野性の証明」の先行告知ポスター。まだ芸名も用意されていなかったらしく名前が本名の薬師丸博子となっています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック