理系・文系を重ねて見る光景は
138億年かけても解読できない暗号通信技術
株式会社日立製作所(以下、日立)は13日、LANケーブルでインターネットに接続された環境において、事実上暗号解読が不可能なほどの高い安全性を実現する暗号通信技術を開発し、技術を搭載した通信装置を試作したと発表した。(中略)オープンネットワークを介して試作機の通信実験を行い、乱数および暗号化されたメッセージが一般の伝送路を介して送受信可能なことを確認。今回の試作機では共通鍵の長さは1900ビット、全数探索数は10の572乗となり、宇宙年齢の138億年を使っても解読が困難なレベルの安全性を実現したとしている。(クラウド Watch)

日立製作所は以前にもフラスコなどに使われる石英ガラスにコンパクトディスク(CD)並みのデータを3億年以上保存できるという、いわば半永久的にデジタルデータの保存が可能な技術を開発していて、経年劣化なく保存が可能なため、歴史的に重要な文化遺産や公文書など後世に残したいデータの長期保存用に売り込みたいとしていた。
今度は宇宙年齢の138億年か。

以下再録を含みます。
とうとう人類の科学レベルは地球史、宇宙史レベルまで残せるものを作り出したか。
でも先史文明はもちろん、文字だって失われれば意外に近世の文明だって謎となってしまいますからね。
あとはデータ読み取るべき文明に遭遇するかどうかです!?
某口伝秘史によれば正倉院にはいまだ謎に包まれた未公開の秘物・宝物があるとも言われ、もし江戸時代に光ディスクなどが公開されてもおそらく鏡としか理解されないように、意外にありきたりのようなものでも、実は…なんてこともありえそうです。
3億年前といえば古生代の頃だけど、その地層にはアンモナイトの化石だけでなく、石英ディスクが埋まっているかもしれない。

akuerion.jpg

「一万年と二千年前から愛してる…1億と2千年あとも愛してる」というアクエリオンの歌も絵空事ではなくなるのだが、まあ、異性の気持ちって時を越えて一瞬で分かり合える時もあれば宇宙年齢をかけても分からないこともありそうで、やっぱり人間は、そして恋愛はすごいことなんだよ。宇宙そのものだ。
しかし、忘却という安全装置がどんどん取り外されていくなあ。
いいのだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック