理系・文系を重ねて見る光景は
桜ほうさら
桜の季節です。
桜の代名詞で、間もなく開花期を迎える「ソメイヨシノ」。江戸時代に誕生したとされ、一斉に咲き散る姿は壮観だ。最新の科学でその素性がひもとかれる一方、病虫害のリスクを低減するため遺伝的な多様性に目を向ける機運も出てきた。
日本には多くの種類の桜があるが、公園や校庭などで圧倒的な数を誇るのがソメイヨシノだ。幕末に染井村(現東京・駒込)の植木屋が「吉野桜」として販売したとされ、花つきがよく、葉が目立たず、成長も早いため全国に広まった。
明治時代に入ると分類学の発展に伴い、奈良・吉野のヤマザクラとの違いが明らかになり、1900年に「染井吉野」の和名が付いた。60年代には雑種だという学説が定着。95年に京都大の研究者らが全国で採取した個体の遺伝子を調べ、全て遺伝的に同じクローンだと分かった。
ソメイヨシノの起源は、母方がエドヒガンであることは知られていたが、父方は長く決着がついていなかった。日本の野生の桜は10種あり、うち4種は近縁のため遺伝子による親子鑑定が難しい。そこで森林総合研究所多摩森林科学園の勝木俊雄チーム長は、遺伝子の目印を複数組み合わせる手法を使い、2014年に父方がオオシマザクラだと突き止めた。以下省略(産経新聞)

お花見は万葉集にも詠われるように古来より日本人に愛されてきたけど、江戸幕末以前はヤマザクラが中心だったのだなあ。
ソメイヨシノのようなクローンではないから一斉に咲き、一斉に散るようなこともなかったのだろう。
「花は桜木 人は武士」という言葉があるけど、桜の散り際の美しさ、潔さを武士に重ねたものであるけど、ヤマザクラの個としての散り際の美しさ、潔さであって、ソメイヨシノのような全山一斉みたいなものとはちがったのだね。
明治以降はソメイヨシノに埋め尽くされたから、「花は桜木 人は武士」という言葉も個から、全体というか国体に利用され、意味が変遷したのかもしれないなあ。
独特の滅びの美学というか終末主義はソメイヨシノに上書きされたというか。

sakurahousara.jpg

もっともクローンゆえ、どの木も遺伝子が同じで均一の性質を持つから、一斉に咲いて散る華やかさ、鮮やかさがある一方で、病虫害が一気に大流行しかねない怖さもあり、そんな兆しもあるようなのだ。
ということで、最近は多様性を確保し被害拡大を防ぐため、ソメイヨシノ以外の桜の植林も増えているという。
まあ、養老孟司センセイが言うように「ソメイヨシノは嫌い。猫のように自由に」(「養老孟司ネコメンタリー 猫も、杓子も。特別編「養老センセイと“まる”鎌倉に暮らす」より)とまではいきませんが。
あくまでも人間から見た自然環境保全的な立場ですからね。
それでも桜の多様化が進めば、日本の春の風景も日本人の心のありようも、桜ソングも変わってくるかもしれない。
「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉があるけど、ほんとうだなあ。
ついでに言葉の多様さも簡略化されて開花情報もつぼみ、咲きはじめ、五分咲き、満開近し、満開、散り初めくらいになってしまったけど、かつてはつぼみ固しに始まり、つぼみふくらむ、ちらほら、三分咲き、5分咲き、満開近し、満開、散り初め、落花盛ん、散りはて、葉桜まであったのだ。それぞれに風情がありますね。
僕のアイドルおたくは内藤洋子に始まるけど、彼女の主演映画も「あこがれ」(1966年)→「育ちざかり」(1967年)→「年ごろ」(1968年)→「娘ざかり」(1969年)などとまるで開花情報というかさくら便りのような感じで、「娘ざかり」ではいよいよ満開近しだったのだが、満開も待たぬまま1970年に引退してしまった。
「花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ」

画像は宮部みゆきの時代小説から『桜ほうさら』。
父の汚名をそそぐため江戸に出てきた古橋笙之介はある日、桜の精と見まごうばかりの美しい娘に心奪われるが、娘には秘密があった。また、父の汚名には藩の重大な陰謀が隠されていた。
周りの人々、美しい娘 和香の優しさ、励ましの中で困難を乗り越えていく成長の物語。
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック