理系・文系を重ねて見る光景は
御岳5000年、草津白根山の3000年ぶりの噴火、そして新燃岳
23日に噴火した群馬・長野県境の草津白根山の火口は、従来警戒を強めていた「湯釜」ではなく、気象庁が3000年間も噴火していないとみている2キロ南の「鏡池」付近だったと考えられる。火山活動の高まりを示す事前の現象もなく、まさに寝耳に水の災害。噴火警戒レベルは5段階で最も低い1(活火山であることに留意)としていた。それだけに気象庁も驚きを隠せない。死者・行方不明者63人という戦後最大の火山災害となった2014年9月の御嶽山(長野・岐阜県境)の噴火を契機に、「噴火速報」が導入されていたが発表できず、改めて火山監視の難しさを突きつけられた。(毎日新聞)

ちょっと前のニュースだけど、火山や地震なんて地球史レベルの時間軸で考えるものですからね。
現に本白根山の噴火が3000年、御嶽が5000年ぶりというからなあ。
直近では霧島連山・新燃岳で爆発的噴火が続いているし、また巨大カルデラ噴火の日本での可能性が100年以内に1%の確率で発生するとの予測もあって、近くには櫻島の姶良カルデラ、阿蘇カルデラなど巨大カルデラもあるのだ。
地球史的にいえばもういつあってもおかしくないということで、地球の構造に関わるものについては現代の時代に生きる者もこれくらいのサイクルで、覚悟を持つべきなのだろう。

kotizukazan.jpg

以下再録を含みます。
産業技術総合研究所の及川輝樹氏によれば、江戸時代の絵地図27枚には現在は活動していない火山にも噴煙が描かれていて、必ずしも現在の活火山の活動とちがうものあるらしい。
櫻島を描いた地図は10枚あって、噴煙が描かれているのは2枚だけで、近くの霧島は10枚中9枚が描かれていて、絵地図通りなら櫻島は今ほど活発に活動をしていなかったことになり、霧島はすごく活発だった。
櫻島と霧島がともに活発な火山活動を続けている今はけっこう稀有で危険な状況なのかもしれない。
霧島連山・新燃岳ではとうとう火口の北西側から溶岩流が流れ出て、予断を許しません。
この絵地図には以前は活火山ではないとされていて、 のちに過去1万年以内に噴火していたことが判明したとして活火山に選定された雄阿寒岳にも11枚中4枚に噴煙が描かれ、同じく北海道の渡島小島(去年、北朝鮮の木造の漁船が侵入し、海上保安庁の灯台施設や漁協の管理小屋、発電施設に入り、盗品、破壊したことで名前が知られた)などにも噴煙が描かれているらしい。
1万年以内どころか、たかだか300~400年の絵地図にも噴煙が描かれ、噴火だったかもしれないのだ。
1万年以内に噴火した形跡があるか、いま活動している火山が活火山に指定されるのだけど、300年、400年でもよくわからないことは山ほどあり、つまり、確実なことはわからないのだ。
3000年、5000年ならなおのこと分からない。
もちろん科学的視点のみで絵地図が描かれているとは限らないけど(狼煙とかね)。
今回の草津白根山の噴火では噴石とともに樹木も吹き飛んでいるから、ほんとうに予期もしない場所であったのだろうなあ。
日本は火山列島、地震列島で(なにしろ、糸魚川静岡構造線付近では、ユーラシアプレート、フィリピン海プレート、太平洋プレート、北アメリカプレートがせめぎ合い、まさに地震と火山の宝庫。世界全体で放出される地震エネルギーのうち1割から2割が日本の周辺に集中する)、 巨大噴火、巨大地震の可能性も決して低いものではなく、日本のどこであっても壊滅的な影響を受けてもおかしくなないのだ。
やっぱり、日本の自然環境を考えれば原発などのリスクもあまりにも高く、自然災害だけでなく戦争やテロなどの別の要因的にも致命傷になるようなリスクはなくしておいたほうがいいと思うけどなあ。
国破れて山河ありという言葉もあるけれど、山河も残らない、住めないとなればどうしようもないのだから。
2013年に始まった噴火活動によって拡大した小笠原諸島の西之島は陸地が溶岩に覆われ、生き物のほとんどが消失するような過酷な環境に一変したけど、鳥類は健在で繁殖活動も確認され、植生も戻りつつあるという。
自然の回復力には恐るべきものがあるけど、放射能の多くの半減期は地球史レベル。
人類史を越えて手におえないものは触れてはいけないのではないかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
人類史を越えて手におえないものは触れてはいけない
>自然の回復力には恐るべきものがあるけど、放射能の多くの半減期は地球史レベル。
 人類史を越えて手におえないものは触れてはいけないのではないかなあ。

〇人類史を越えて手におえないものは触れてはいけない
 そのとおりだと思います。アメリカも欧州も原発は止める方向のようですね。
 草々
2018/03/16(金) 09:48:26 | URL | レインボー #-[ 編集]
御岳5000年、草津白根山の3000年ぶりの噴火、そして新燃岳
僕は科学の未来を信じるものですが、原発に限らず地震や噴火、進化に関わるようなものなどは人類史、地球史を越えるもので経済的な論理などばかりではなく、厳粛に慎ましやかな態度で臨むべきものだと思います。
2018/03/16(金) 12:14:02 | URL | クプクプ #-[ 編集]
同感!
こんばんわ。
科学はまず観察から始まると思いますが、ヒトの力が異常に膨らむに連れて、謙虚に物事を見つめ考える姿勢が弱くなりつつありますね。
ご意見に同感です。
2018/03/16(金) 14:19:33 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
御岳5000年、草津白根山の3000年ぶりの噴火、そして新燃岳
こんにちは。

> 科学はまず観察から始まると思いますが、ヒトの力が異常に膨らむに連れて、謙虚に物事を見つめ考える姿勢が弱くなりつつありますね。

僕も好き勝手に書いているので謙虚たり得ているかずいぶん怪しいのですが、あまりタイムリーに書いたりすると熱量が上がりすぎて短慮にもなりがちなので、時事ネタもちょっと寝かすというか間をおいて、なんで今頃っていうのも多くなったりします。

2018/03/16(金) 15:13:36 | URL | クプクプ #-[ 編集]
子供の頃、僕は、
富士山の絵を描いて、
なぜか噴火させてたよ。
蛇足ってやつねw。
江戸時代の絵地図も、
そういうノリだったのではないかな。
画竜点晴ってやつね。
はい、んなわけないけどw。
2018/03/18(日) 02:01:34 | URL | 青梗菜 #De6CjWPI[ 編集]
御岳5000年、草津白根山の3000年ぶりの噴火、そして新燃岳
こんにちは。
地図は意図をもって描かれるものもあるから狼煙というのもありうるけど、まあ、概ねは火山活動に伴う噴煙なのだと思います。
櫻島や霧島は噴火のイメージが強すぎて、事実以上に噴煙が描かれる可能性もありそうですが。

2018/03/18(日) 08:38:20 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック