理系・文系を重ねて見る光景は
雪の雑想 天からの手紙
48年ぶりに都心部で氷点下4度を観測したり、北陸、とりわけ福井では38豪雪、56豪雪以来の記録的な大雪に見舞われ、様々な被害も出ていて、今冬はやはり平年に比べてずいぶん寒いのだろう。
雪国でも寒さ対策というかインフラも以前に比べて整ったはずだけど、この混乱ぶりを見ると、昔の冬に逆らわず、冬の寒さと雪とも生きる知恵を持った時代の精神も悪くないような気もします。
食料は様々な工夫で保存され、家のなかでも出来る藁細工などの手仕事…てなわけにも戻れないけど残すべきはあるのだろう。
ここ岐阜は飛騨地方など山間部はずいぶんな雪国なのだが、岐阜市や僕に住む各務原市などは大雪なるようなことは少なくて、まあ、大雪といってもたまに20~30センチほど積もるくらい。
でも気温は間違いなく今よりも厳しかった。今では最低気温もせいぜい氷点下4度くらいだけど、子供の頃には氷点下8度~10度くらいはあったような記憶がある。
僕は子どものから雪好きで積雪深度や最低気温の記録も付けていたことがあったけど、もうさすがに見当たらない。
雪好きだからといって、犬ではないので庭かけまわりということもないけど、美しく積もった雪を汚すことなく、いつまでも美しくあればいいのにと、足を踏み出すのもおっくうなほどに雪は美しく無垢なるものだった。
とりわけ好きな雪はこの地方ではあまりない厳冬にしかないさらさらの粉雪で、それは降りはじめであっても小さな結晶のままに地に落ち、風に転がり結晶がさらに細かく砕かれながらも融けることなく、凍てつく地をあっという間に白く覆い、積み重なっていくもので見ていて飽きなかった。
夜に雪が降り出せば、2階の子供部屋からしょっちゅう窓を開けて、定規を屋根の雪に差し込んで降りやんではいないかと積雪を確かめ、深夜になってもときどきこっそり窓を開けて覗いてた。
朝は寒椿の花弁に降り積もった雪が、重さに耐えかねて花弁ごと落ちる音に目を覚ました。
雪に落ちた真紅の花弁にまた雪が降り積もっていくと、淡く雪が覆ってピンクになり、さらに積もってやがて白になる。
僕にとって雪は限りなく美しく、そしてすべてを美しく覆い尽くすものだった。
もちろん、子供の頃でもあまり雪のなかった冬もあったから、暖冬の年もあったはずだけど、今より間違いなく寒く、粉雪の降り積もるような厳冬も多かったのだ。
小学校の校庭の横には防火水槽があって、金網が張られているのだが、厳冬ともなると氷が昼でも融けず、日毎に厚さを増して、子供なら乗っても割れぬほどになり、おそるおそる淵を歩けるような年もあったのだ。

yukinojyouou.jpg

雪といえば映画「アナと雪の女王」というのが大ヒットしたけど、僕はNHKアニメの「雪の女王」や「秒速5センチメートル」の雪のシーンが好きだなあ。
あの、子供の頃に見た冷たい粉雪やしんしんと降る雪と印象が重なるのだ。

「ただ生活をしているだけで、哀しみはそこここにつもる。陽に乾したシーツにも、洗面所の歯ブラシにも、ケータイ電話の履歴にも」とは、「秒速5センチメートル」で歌われた山崎まさよしの『One more time, One more chance』。
そうか、降り積もるのは雪だけではないのか。
きっと少年から大人への変わり目で知るのだろうけれど、そんなことにはさっぱり気づかず大人になってしまった。
「それは誰にもあるような ただの季節の変わり目の頃」 
こちらは荒木一郎「空に星があるように」からだけど、「ぎゃ、誰にもあるようなことなのか。ただの季節の変わり目なのか」

でもまあ、大人になっても中谷宇吉郎先生みたく「雪は天からの手紙である」という人もいるからなあ。
今日もまた厳しい冬が続く。
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
詩的だっ・・・
>それは降りはじめであっても小さな結晶のままに地に落ち、風に転がり結晶がさらに細かく砕かれながらも融けることなく、凍てつく地をあっという間に白く覆い、積み重なっていく

惚れましたね。

あと、寒椿のピンクと雪の白さとの、儚いコントラスト

目に浮かんでくるようです。
静岡県では、実際に見る事は無いのですが・・(笑)
2018/02/08(木) 22:42:53 | URL | 梨木みん之助 #-[ 編集]
雪の雑想 天からの手紙
ありがとうございます。
たしかに見た記憶なのだけど、いつのまにか美化され脚色もされていくような感じもします。
映像もズームアップするし。音もそうですね。しんしんとただ降り積もり、かすかな喧噪も雪に吸い込まれていく。

2018/02/08(木) 23:53:57 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック