理系・文系を重ねて見る光景は
文春砲は契機 一皮を纏ってこその人間
小室哲哉の不倫疑惑を報じ、炎上状態となってしまった週刊文春の公式ツイッター「文春砲(文春くん公式)」。
さすがに批判ばかりらしく、まあ、家族の介護の問題、カリスマとも呼ばれた音楽プロデューサー・小室哲哉が引退という結論を選んでしまったこと、芸能人と言えどもあまりに不倫というプライバシーを弄ぶような報道に嫌気がさしてきたこともあるのだろう。
しかし、一転して不買や廃刊を目指すような声まで上がるのはちょっと嫌な風潮である。
過度な不倫に対する風向きが変わりつつあるのはほっとするけど、まあ、彼ら週刊誌はジャーナリズムでもあり、商売でもあって誰も食いつかなければほっといても淘汰される。
多かれ少なかれ、こういうものがいつまでもなくならないのは人間はゲスくもあるからだろう。
文春砲は契機に過ぎず、他の多くのメディアもネットも騒がれなくなるまで貪りつくしたのに今度は一転、文春批判に風向きが変わるなど、毀誉褒貶が激しいなあ。
ホーレスは「愚かな人たちは一つの極端から解放されると、その反対のいっそう悪質な極端に走ろうとする」と言ったけど、これは愚かな人たちというより、人間すべての業なのかもしれない。

focus.jpg bunnsyunn.jpg

週刊新潮や写真週刊誌フォーカスを創刊した新潮社の名物編集者 斉藤十一氏は「どのように聖人ぶっていても、一枚めくれば金、女。それが人間」と言ったのは極論だけど、まあ、否定もできない!?
TBSドラマ「アンナチュラル」でも中堂が 「人間なんて切り開いて皮を剥げばただの肉の塊だ。死ねばわかる」と言っていて、文系的にも理系的にも、あるいは生きていても死んでいても人間って一皮むけば身もふたもないなあ。

週刊誌のやることは昔から変わっていないのだけど、受け止める環境がネットとか表層的なものに様変わりして、よりゲスく大騒ぎになってしまうこともあるのだろう。
でも、かたや政治腐敗や桶川ストーカー事件など週刊誌の地道な取材が犯罪を暴くこともあり、こういう地道な取材も売れていないと継続取材できないわけで、時にはゲスく興味を掻き立てて売る必要もあって、まさにあざなえる縄のごとし。
まあ、どちらにしても人間の本性に関わるけど、だからこそ、ほどほどに。
やりすぎると、どちらもいつの間にか内側から、その一皮さえ貪りつくされてしまうぞ。
一枚めくれば金、女であっても、そして皮を剥げばただの肉の塊であっても、その一皮を纏ってこその人間ですからね。

saitou1.jpg

毀誉褒貶の激しいなか、斉藤由貴、小泉今日子など、さすがはアイドルを極め、大女優たりし者、覇道を悠々と往く。
まさにファム・ファタル、運命の女。
スポンサーサイト

テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
「一枚めくれば金、女であっても、そして皮を剥げばただの肉の塊であっても、その一皮を纏ってこその人間ですからね。」
 ここがそれぞれの人の矜持という事でしょうか。同感です。
2018/02/16(金) 09:53:23 | URL | soujyu2 #-[ 編集]
一皮を纏ってこその人間
たかが一皮、されど一皮。
人の纏う衣装もそうかもしれないですね。
2018/02/16(金) 10:35:26 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック