FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
「ブラタモリ」から知る小川琢治博士
タモリ×藤井四段 新春対談というのをネット記事で読んだのだが、藤井四段が欠かさず見ている唯一のテレビ番組がNHK「ブラタモリ」らしい。
一見、両極端ともいうべきタイプの違う二人だけど、とも鉄オタでもあるらしいし、まあ、両極にあるって「ひも理論」じゃなけど、どんなに両端に離れていてもちょいと曲げて端と端を繋げれば、それこそ繋がるから引き合うのかもしれない(ひも理論なのか?)。
そして、「ブラタモリ」といえば地形・地質で、タモリによれば地質学は凄いマイナーな学問で、「学会は年々縮小しているけど、確たる証拠がない学問だから面白いんです。誰も当時の現場を見たことない」というのが惹かれる理由らしい。
たしかに地質学がマイナーだといういい例が小川琢治博士。
ウィキペディアでも紹介は明治3年5月28日(1870年6月26日) - 1941年11月15日[1])は、日本の地質学者、地理学者。和歌山県田辺市出身。基本はこれだけですからね(人物紹介等は別にある)。
実は小川琢治博士のご子息はあの物理学者湯川秀樹博士なのだが、まあ、紹介は湯川博士の1割にも満たない!?
まあ、湯川博士は日本人初のノーベル賞受賞者だから当然でもあろうけれど、でも、ここでよく引用する児童年鑑の歴史人名辞典には湯川秀樹博士とともに小川琢治博士もちゃんと載っている。
地質学者、理学博士。日本群島の地質構造を研究。地図学でも大家。和歌山県出身。1949年、ノーベル賞を受けた湯川秀樹博士の実父。
児童年鑑でも地図とか地形がけっこう使われているから地質学、地図学が今より重きをなしていたのだろう。
大河ドラマ「西郷どん」でも少年の西郷は薩摩の地図を見て藩、国を強く意識するように、地図、とか地形、地質を見て世界を、歴史を俯瞰できるということもあるのだろう。火山とか地震などの自然科学的なことも同様で、きっちり見ることが大切なのだ。

yamanotizu.jpg  nannkyoku.jpg

小川琢治博士は多趣味で、何かに興味を持つと、それに関する本を集める癖があった。そのため、自宅は図書館のようであったという。「勉強は自主的に行うもの」という信念を持っており、強いることは一切しなかった。教え子や子どもらにはいつも「学校の成績のために学ぶのは、実に愚かしいことだ。自分が好きな学問を、広くかつ深く学びなさい」と言い聞かせたという。(ウィキペディア)

湯川秀樹博士も「目鼻が付かないうちがいちばん面白い」と作った「混沌会」(顔の造作のない帝王「混沌」は7つの穴(目・耳・鼻・口)を彫ったところ、混沌は死んでしまった)は、「荒削りでも将来発展しそうなアイデアを大事にした」らしく、理論的不備をつく指摘には、湯川は「ここはアイデアを議論する場だ、つぶすのが目的ではない」と席を蹴って退出した。「ぼくらは難問に挑んでいるんだ。多少のほころびはあっても志の高さを評価しよう」というのだ。
「物理は一つ、自然は一つ」。これも当時の物理学が素粒子・宇宙論・物性などへの専門化が始まろうとしており、湯川は「自然は(研究領域ごとに)別々に動いているわけではない」と忌み嫌ったという(日経新聞)。

湯川博士のノーベル賞への道程はかくあったのだが、今はどうなんだろうなあ。
つい先日も京都大学iPS細胞研究所で 人工多能性幹細胞(iPS細胞)に関する論文で不正が見つかったとのニュースがあったけど、荒削り、ほころびはあっても志の高さは失ってはならない。
「ブラタモリ」なアプローチも思った以上に学問的なすそ野を広げるなど学術的な貢献も大きいのかもしれないし、好奇心を持つ子供たちも出てくるのだろう。
タモリと山中伸弥教授が司会を務めるNHKスペシャル「人体」シリーズもね。

画像は「児童年鑑」より。山の高さや南極・北極など妙に詳しくて、そして楽しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も・・
ブラタモリ好きです。
特に、女性アナウンサーが(笑)・・
それはともかく、あんなにコアな番組は
NHK×タモリでしか実現しなかったでしょうね~。
あと、テレビ東京も好きかな?
2018/01/28(日) 17:08:27 | URL | 梨木みん之助 #-[ 編集]
ブラタモリ
こんにちは。

> ブラタモリ好きです。
> 特に、女性アナウンサーが(笑)・・

近江友里恵アナですね。ちょっと物足りないくらい抑え目な、ぽーっとした感じが「ブラタモリ」にはちょうどいいのではないかなあ。
2018/01/28(日) 17:42:28 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック