理系・文系を重ねて見る光景は
フェイスブックの「盗聴」疑惑、AIの貪欲
友人や家族と特定の商品について話していたら、その翌日にフェイスブックでその商品の広告が表示された、という経験を持つ人は多い。フェイスブックは我々の会話を盗み聞きし、広告の表示に利用しているという陰謀論は盛んに報じられている。
英インディペンデント紙は昨年、サウスフロリダ大学でマスコミ論を教えるKelli Burns教授の「フェイスブックは人々の会話を盗聴している」との主張を記事にした。しかし、真相は未だ謎に包まれている。この噂はソーシャルメディアを通じて一気に広まり、先日は南カリフォルニア大学教授のJulie Albrightも同様な経験を報告した。「車の中で友人とレクサスについて話していたら、まさにその翌日、友達のフェイスブックにレクサスの広告が表示された。レクサスの広告が表示されたのは、それが初めてだったと彼は話している」
フェイスブックメッセンジャーのプロダクト責任者のStan Chudnovskyは、先日ポルトガルのリスボンで開催された「Web Summit」で、この噂を否定した。「これは一種の思い過ごしに過ぎない。単なる気のせいだ」
しかし、Albrightの投稿に共感を示す人々は多い。単なる偶然では片付けられないといった話も報告されている。Albrightの別の友人は「彼らは間違いなく会話を盗聴している。特定の商品名を話すと、その翌日に広告が表示されたという経験を持つ人は非常に多い」と述べた。フェイスブックのChudnovskyも、こういった事態が起こる可能性を否定していない。人々の会話に出てきた商品が、広告に表示されるケースは起こりうると彼は認めている。ただし、それは人間の認知的バイアスの結果だとChudnovskyは主張した。(フォーブス・ジャパン)

まあ、フェイスブックが企業生命にも関わる盗聴などするわけがないと思うけど、やっぱりネットとかAIとか人間の因果律を越えるような、見えないものに対する不安なのかなあ。
逆にフェイクニュースなどは自らが好んで都合のいい情報を選び取り、疑問にも思わなかったりするのだけどね。
まあ、認知的バイアスの誘導なども含めて技術的にも盗聴が証明不能なまでのレベルに達しつつあるのかもしれない。
認知的バイアスの効果を積極的に活用するような世界になれば、活用する側も活用される側も正邪ないまぜのスパイラルに入って、姿なき神のような集合体が生まれ、いずれ、その集合知が統べるようなってしまうのではないか。

nerawaretagakuen1.jpg

監視カメラだけではなく、スマホ、家電端末、衛星などからありとあらゆる映像、音、声を拾い上げていますからね。
何か有機的に結びつくようなことがあれば、あっという間にそういう社会になってしまうというのは杞憂ではないでしょう。
僕も昔、レンタルビデオでアダルトを借りるときは必ず普通の映画作品を2本以上に対して1本と、バランスというか傾向を知られないようにアナログな心掛けをしていたのだけど、今のように圧倒的なビッグデータのもとでは徒労。
剥き出しにされてしまうのだろうなあ。
このブログも多様を心掛けてはいるけど、AIなどに解析されれば傾向は明確に出るのだろうなあ。
いずれ、盗聴などという概念すらない丸裸の時代がやってくるかもしれない。
AIは貪欲だから与えられたデータに満足するわけはなく、無意識の呟きも心の葛藤のなかにも土足で入り込み、奪い取って、それさえデータ化していくかもしれぬ怖ろしさ。

画像は「ねらわれた学園」。管理社会を否定的に描くものだったけど、今では知らぬ間に管理が当たり前のように慣らされてきてるのかもしれません。いかに正義でも、便利なものでも過剰なるものには危険がつきまとうと思うのだけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック