理系・文系を重ねて見る光景は
2017 岐阜基地航空祭
久しぶり地元岐阜基地航空祭に行ってきました。三度目ですかね。
一度目は学生の頃だからはるか昔!?
二度目はずいぶん経って、たしか基地内BGMに「宇宙戦艦ヤマト」やAKB48の曲も流れていたからそれでも7、8年位前だろうか。
このときはもう病気を経て障害を得ていたから、会場内のトイレの大行列を見て、トイレに不安のある僕は速やかに退散した。
さて今回は久しぶりのブルーインパルスのほか、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップで2017年に年間総合優勝に輝いたという室谷義秀氏のアクロバット飛行の予定もあり、体調を整えて岐阜基地に9時ごろ歩いて向かったのであった。
まあ、岐阜基地までは歩いて30分ほどなのだ。ところがあれ、いつも通りの陸橋が通れない。
なんと入場ルートが変わって今は隣接の川崎重工の中を通って基地に入るのだね。さっと入れるかと思えばこれが大混雑。
踏切があるからなのかなあと思えば、踏切を過ぎても動かず、いよいよ会場口に上げられた「歓迎 岐阜基地航空祭」の横断幕を抜けてもなお遅々と進まず、様々な不安を抱え、結局1時間強ほどかかったのだろうか。
今はセキュリティチェックもあるのだ。
ブルーインパルスの飛行する頃には時雨れてきて(もう少し気温が低ければ風花ですね)、僕は編隊飛行のみでアクロバット飛行は見られなかった。
入場してからもステルス実証機X-2など展示物にはなかなか近づけず、やはり早々に諦めることになってしまった。
というわけで室谷義秀氏のアクロバット飛行の見学も断念し、帰路に。
せめて写真でも撮ろうと思ったのだけど、やっぱり外での撮影はこの不自由な手では難しいなあ。

koukusai1.jpg  koukusai2.jpg

ということで、載せられる画像は会場で配られていたスケジュールチラシです。

024.jpg  koukusai3.jpg

唯一撮ったのがこの入口の「歓迎 岐阜基地航空祭」の横断幕(うまく撮れない!)、ずっと小学校の運動会並みの横断幕だなあと思っていたけど、これだけビッグイベントになっても奢らず慎ましくということなのか。
右側は学生の頃に行ったときの「航空祭」風景だけど、ずいぶん余裕があるでしょう。そりゃあ、自由に楽に見られたのだ。
いつの間にこんなに巨大イベント化したのか。
「かかみがはら航空宇宙科学博物館」にも力が入るわけです。川崎重工絡みで?三式戦闘機「飛燕」も常設展示になります。
スポンサーサイト

テーマ:航空機全般 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック