FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
いなかっぺ大将 「キャット空中三回転だス」に学ぶ
NHK朝ドラのあと、つい見てしまうのは火野正平の「にっぽん縦断 こころ旅」(BS)、もしくは「岩合光昭の 世界ネコ歩き」。
人とネコのちがいはあっても寄せる視線の好奇心は同じ!?
先日はその「岩合光昭の 世界ネコ歩き」を見ていたら、岩合さんがスロモーションで撮るのはネコのジャンプらしい。
たしかにあのしなやかで、美しい驚くべきジャンプはスローだとなおよくわかります。

neko1.jpg

「いなかっぺ大将」のニャンコ先生のキャット空中三回転もなるほどと思うような鮮やかさ。
風大左衛門もニャンコ先生のキャット空中三回転を自らの目でスロモーションのように見て、見事その技を習得した。
動物や植物に学ぶ科学の精神は早くアニメにも息づいていたのだ。
僕も「巨人の星」「柔道一直線」「アタックNo1」「サインはV」「美しきチャレンジャー」「スマッシュを決めろ」、あるいは「サスケ」「忍風カムイ外伝」など、魔球や必殺技もアニメに学び、より妄想理論化を試みた。
科学的論理性に学びながら、いつの間にか論理が科学を逸脱、妄想化し、ついには根性の果てにたどり着くのはあり得ぬ魔球、不可能技の幻なのはまさに魔に憑りつかれ、あるべき姿に気づかない魔性のゆえというべきでありましょう。

007.jpg

僕は文系のインドア少年だったけど、妄想は自由だから、スポーツ・武芸万能にもなれたのだ。
カナヅチだった水泳でも「金メダルへのターン」、不得手の体操でも「フィニッシュをきめろ」なども見て、鮮やかなターン、華麗な大回転などを脳内妄想で決めていた。
それらを経てついに編み出したのが、我が必殺剣、見えざるものを斬るという「位相微塵斬り」で、見えざるものを斬るので証明できないという弱点さえも幻のように合理化・正当化してしまう究極の必殺技です。
あはは、また話がずれて、妄想の話になってしまった。

画像は少女フレンド連載だった「金メダルへのターン」、まあ、トビウオターンはともかく、バサロ泳法などマンガ的発想だったと思うけど、ゆえに王道ではないのか規制されてしまった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「忍風カムイ外伝」は感動でした。
2017/11/15(水) 02:20:11 | URL | carmenc #-[ 編集]
感動するほど無理!
「忍風カムイ外伝」であれば変移抜刀霞斬り・飯綱落としなどですね、感動するほど無理ですが。
少女マンガも好きでした。花の24年組はもちろん、花ゆめ、りぼんなども読んでいた。
きっと「罪と罰」で挫折する人は多いと思うけど、ここでする人、しない人、その後の人生に大きな関わりがあったりするんだろうか。
2017/11/15(水) 08:54:39 | URL | クプクプ #-[ 編集]
クプクプさん、おはようございます!!^^

御記事拝読し、「トビウオターン」?を思い出せて、ちょっと嬉しかったです。^^;
2017/11/15(水) 10:46:08 | URL | くわがたお #-[ 編集]
トビウオターン
こんにちは。
トビウオターンでトップに立ってもすぐ追いつかれそうになるんですよね。あれだけのキック力があればよほど本来の泳ぎをひたすらやったほうが問題なくトップに立てそうですが、これが「魔」に取りつかれたもの宿命?
2017/11/15(水) 10:58:59 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック