理系・文系を重ねて見る光景は
ノーベル賞 文学賞はカズオ・イシグロ
カズオ・イシグロ氏がノーベル賞 文学賞を受賞です。
小説は読んでいないのだけど、原作の「わたしを離さないで」が映画化されたり、日本では連続ドラマ化もされ、主演の綾瀬はるかとカズオ・イシグロ氏の対談も見ていた。
対談大丈夫なのか、綾瀬はるかとも心配になるけど、僕は香川照之の「具志堅=綾瀬はるか」理論を信奉するものだからね。
映画は未見だけどドラマは出来がよく、このブログでも複数回書いた。
臓器移植、クローンなど暗く重いテーマながら、その運命づけられた世界を幼少期から丁寧に描いて、諦観ともいえる心が制限された青春のなかで形成される様子が怖ろしくも切なく、それでもほの見える外の世界や、留めることができない心の揺らぎ。
登場人物の言葉づかいも皆きれいで、大切で貴重な時間を生きざるを得ない特別な世界観が強調されるようだった。
言葉を覚えるのは教育の賜物だけど、言葉を大切にするのはそれだけじゃないのだ。
「わたしを離さないで」は主人公たちは人としてさえ認められない。

watasiwo.jpg

現代は過度の情報があふれ、情報に流され、おぼれ、あるいは呆然と眺めるだけなのだけど、また過度に制限されても異質な世界観が浮き上がってくる。
これが極度に政治的で組織的・国家レベルになってくると北朝鮮みたいなことにもなるけど、個人に焦点を絞れば限られた世界、時間を諦観、反抗、様々な葛藤がありながらも精一杯に生き抜く魂の物語。
象徴的に表れるのは言葉で、僕などは思わず余計なことを言ったり不要な修飾語が多かったりするけど、「わたしを離さないで」のなかで生きるものの言葉は現代社会に溢れる言葉を削り取って選び抜かれた言葉のようにシンプルで美しい。
選び取られた言葉は語られない言葉も溢れさせる。
まあ、「猿の惑星」のように言葉まで奪われることになると、そんな魂の物語も失われるのだけど。
骨太なSFドラマであり、可憐な青春恋愛ドラマであり、なおかつ若者の心の機微を描く香り高い純文学のようなドラマだったのだ。
そして、十二分にエンタテインメントでもあったと思ったのだけど、視聴率は伸びなかった。
再放送はされるのだろうけれど、いわゆる再放送枠ではなく、堂々たる時間帯でしてもらいたいものです。
また「わたしを離さないで」の空虚感にはタバコが似合っていて、印象的だった。
まあ、小説は読んでいないんだけど。妄想だなあ。
スポンサーサイト

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
カズオ・イシグロと村上春樹
おはようございます。
日本で製作されたドラマは見ていないのですが、原作者の受賞を機に、このお正月にでも特別枠で放映してくれるなんて事になれば嬉しいですね。
イシグロ氏の受賞は、非常に興味深いです、特にイシグロ氏も村上氏も実質的には同じような問題を掘り下げている事を考えると。ただその掘り下げ方が正統派と否正統派に分かれる印象です。
小道具を使わずにまともに挑むイシグロ氏と小道具を多用しているため表面だけを読むと軽くなりすぎる村上氏〜その辺りが大きな差になったかなぁなどと考えたりしてました。
2017/10/09(月) 00:40:25 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
ノーベル賞 文学賞はカズオ・イシグロ
こんにちは。
僕は単なるドラマ好きなので評価は当てになりませんが、僕にとっては名作です。
イシグロ氏は読んだことがないし、実は村上春樹氏もあまり読んでいないんですよ。
それにしても去年のボブ・ディラン、カズオ・イシグロとちょっと意表を突かれましたね。
カズオ・イシグロ氏は評価も高いのだろうけれど、ノーベル賞受賞者としては現役感が強いというか。
村上春樹もそんな事情もあるかと思ったけど、そうでもないのかな。
2017/10/09(月) 09:00:34 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック