FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
NHKスペシャル「人体」と「ミクロの決死圏」
NHKスペシャル「人体」シリーズが面白いですね。
司会はタモリとノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥教授で、石原さとみや博多大吉も参加する知的エンタテイメント。
臓器同士のネットワークや腎臓の驚きの機能だとか、やはりここ最近の医学は驚くべき発展を遂げているのだなあ。
僕はこういうのを見ると映画「ミクロの決死圏」を思い出してしまうのだけど、人が体内に潜りこむのはともかく、カプセル内視鏡などすでに似たようなことは実現されている。
「ミクロの決死圏」は縮小化した医療チームが体内に入り、様々な危機に陥りながらも何とか治療をなし終え、最後は涙とともに体外に排出されるスペクタクル映画?。

mikuro.jpg

まあ、昔の映画だから科学的に見えてもずいぶんアナログで、たとえば体内では医療チームはウエットスーツを着るのだが、頭の部分が露出していたりする。
まあ、アニメ「遊星仮面」(宇宙空間でも仮面以外の顔・頭部は露出し、長い髪はたなびいている)みたいなもので、あまり科学的デティールにこだわっていると面白くなくなってしまうし、それでも十分に科学的検証に基づいた真面目な映画だった。
ちなみに遊星仮面」も意外にシリアスです。
まあ、ラクエル・ウエルチについた異物を取り除くシーンが唯一のサービスシーンですね。
もっとも遠藤周作はこの映画にまったくちがうインスピレーションを得て、「初春夢の宝船」というパロディ小説を書いた。
こちらは涙ではなく、うんこと一緒に排出される物語。さすがは老境まで肛門期?だった遠藤周作。
あのころはフロイトの口唇期とか肛門期ってのが流行ったけど、今でも通用するのだろうか。
まあ、たしかに子供は、特に男の子は「クレヨンしんちゃん」じゃないけど、うんこネタが好きですね。
子どもでなくても遠藤周作ばかりでなく、筒井康隆は「最高級有機質肥料」、山田風太郎「ありんす国伝奇」などのうんこ名作があって忘れらません。稲垣足穂などもそうじゃないのかなあ。
「人体」は全8回シリーズらしいから、ぜひ見ましょう。
遠藤周作のように思いがけないインスピレーションを得るかもしれませんよ。
ちなみに僕は胃を刺激して吐き気をもよおさせ、嘔吐させるってのがいいと思ったけど(映画的にも激流に飲み込まれるような大スペクタクルになる)、パロディまでいかなかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック