理系・文系を重ねて見る光景は
あだち充ヒロイン総選挙
「タッチ」の浅倉南、「H2」の雨宮ひかり、「みゆき」の若松みゆき......。数々のヒット作で知られる漫画家のあだち充さんが描いてきたヒロインの中で、人気ナンバーワンはいったい誰なのか。
「あだち充ヒロイン総選挙」は、2017年7月26日発売の「サンデーS」の誌上で開催された。あだちさんが描いた全15作品に登場する総勢38人のヒロインを「ADC38」と名付け、その中から「センター」を決めるというコンセプトだ。しかし、投票候補となったヒロイン総勢38人の「顔ぶれ」を見たネットユーザーからは、「見分けがつかない」との声も。  
投票候補となったのは国民的野球漫画「タッチ」のヒロイン・浅倉南をはじめ、いずれも人気キャラばかり。三角関係の恋愛模様を描いた「みゆき」からは、若松みゆき、鹿島みゆきの両ヒロインがエントリーしている。(J-CASTニュース)

ついに出たか。マンガ専門誌あたりではしばしば話題になったり、人気投票的なものもあったりしたのだが、とうとう総選挙か。
まあ、あだち充のヒロインは誰も総選挙など興味ないだろうけれど。
「あだち充は世阿弥である。 秘すれば花、『タッチ』世代の恋愛論」(ツクイ ヨシヒサ著)ではないけど、世阿弥ですからね、秘すれば花ですよ。総選挙で競うようなAKB的なことに彼女たちの興味があるはずがない。
「タッチ」などが典型で、もう幼なじみの出会った頃から好きなのに、もう最終巻まで告白しないのですからね。

adati.jpg  wakamatumiyuki1.jpg

言葉にしないと始まらないのかもしれないけど、言葉にすれば終ってしまうし、行間に思いを閉じ込め、溢れさせて、26巻まで持たせる何気に優しい力技。
見分けがつかないという声も多いらしいけど、僕はわかりますね。
行間ではなく、絵から、空間から立ち昇るなにかがそれぞれにちがい、長年の読者に植え付けられた何かが受容するのかも知れない。ほんとうか!?
まあ、僕は若松みゆきということで。

mwakamatsu.jpg

むしろ、AKB48や乃木坂46のほうが区別がつかなくなってきた。
いよいよ、年なのか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック