理系・文系を重ねて見る光景は
古代ローマ時代のコンクリート、カリオストロ公国の秘密
コンクリートは、年月が経つにつれてもろくなるのが普通だ。だが、古代ローマ時代に作られた岸壁のコンクリートは、時間が経てば経つほど強度を増していた。その驚きの理由が、米研究チームによって解明された。
古代ローマ帝国が滅亡したのは1,500年以上も前のことだ。だが、この時代に作られたコンクリートは、現在も十分強度がある。例えば、ローマにあるパンテオンは無筋コンクリートでできた世界最大のドームといわれているが、約2,000年経った今も強度を保っている。これは現代のコンクリートでは考えられないことだ(現在のコンクリートの寿命は、50年から100年程度とされる)。
なぜ、ここまで古代ローマのコンクリートが強いのか。その謎が解明されつつある。
古代ローマ時代のコンクリートは、火山灰、石灰、火山岩、海水を混ぜ合わせて作られているらしく、重要な役割を果たしているのが、最後の材料である海水で、この珍しい材料の組み合わせのおかげで、1,000年以上の時間をかけてコンクリート内で新しい鉱物が形成され、ますます強度を増しているという。

つまり、変化しているのだね。
日本地質学会が各県ごとに制定した県の石というのがあって、岐阜県の石は岐阜城を頂く金華山などのチャートで、もともとは赤道付近から移動してきたもの。赤道付近というのはもちろん海中で、チャートとは放散虫・海綿動物などの動物の殻などが海底に堆積してできたものなのだ。
岐阜市に隣接した僕の地元の各務原市でも見られ、地層は古生代から中生代のもので木曽川の露出したチャートからもジュラ紀あたりの放散虫が見つかったりするけど、億年単位の自然のスケールとはちがうけど、やっぱり海(海水)は偉大で、万物を変化させるのだなあ。
以前に大成建設が1000年劣化しないコンクリート柱を使ったビルの新築工事を開始したというニュースがあったけど、こちらは気密性を究極にまで高め、不純物を排除し、劣化のもとになる中性化を抑えるというものだったから発想は別のものですね。
変化することで強くなるもの、変わらないでそのままの強さを保つもの。
ドラキュラのように永遠の生命を求めるのか、人や花のように朽ち果ててもまた美しく生まれ変わるのか。ちょっとちがうか。
万物は流転するではないけど、やはり、自然に寄り添うようなもののほうが、柔軟で無理がないように思うなあ。
まあ、何でも変わらず残ればいいというものでもないだろうし。
古代ローマのコンクリートは自然に学ぶ形で作られ、たしかに海にさらされている防波堤などにはこういう発想が必要なのだろう。

kurarisu1.jpg

画像はアニメ「ルパン三世 カリオストロの城」。
カリオストロ公国最大のお宝というべき古代ローマの遺跡は湖に沈められていたことにより、誰の目にも触れることなく良好に遺跡は守られた。海水ではなかったけど。
もっともカリオストロ公国最大のお宝は「クラリス姫」という説もあるけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック