理系・文系を重ねて見る光景は
「若親分」(市川雷蔵)と「兵隊やくざ」(勝新太郎)
さあ、テーマがあちらこちらと飛ぶぞというわけで、今回は映画だよ。まあ、古いんだけどね。
市川雷蔵と勝新太郎というか、「若親分シリーズ」と「兵隊やくざシリーズ」ですね。
市川雷蔵は「眠狂四郎」や「忍びの者」、勝新太郎は「座頭市」「悪名」など、ともに大映の大スターだけど、印象はまるでちがいます。
分かりやすいのは、ほぼ同時期にスタートした市川雷蔵の「若親分シリーズ」、勝新太郎の「兵隊やくざシリーズ」でしょう。
僕はともに好きなのだけど(まあ、テレビで見たのですが)、やはり僕はどちらかといえば雷蔵派というか、いわば「海軍」対「陸軍」、または「スマートでかっこいい」対「汚く泥臭い」という構図でもあったからね。

heitaiy1.jpg

明治以来の日本の軍隊の伝統的イメージなのか、たいてい、こんな括りで映画など作られていた感じがしますね。
今でも軍隊ではないけど、陸自より海自や海保などの人気が高いのは(たぶんだけど)、この伝統が引き継がれているのだろうか。
まあ、実際、陸軍や陸自では泥にまみれるのだろうけれど。
最近ではアニメ「ガールズ&パンツァー」「艦隊これくしょん -艦これ-」などがあるけど、まったく別物になってしまったなあ。
「汚く泥臭い」は論外で、「スマートでかっこよく」、さらには「かわいい」ということなのか。
でも、現場は今も変わらず、やはり汚く泥臭く命がけなのだ。
映画もほんとうはこういう作品にこそ、戦争の真実が垣間見えたりするような気がするけどなあ。
まあ、戦争を知らない僕が言うのもなんだけど、時にはこんな作品も作らないと、リアルな現場が見えてこないぞ。
稲田前防衛大臣は映画はどちらも見ていなかったのだろうなあ。
戦争の正面を見据えるような「プライベート・ライアン」「プラトーン」「ディア・ハンター」「シンドラーのリスト」、あるいはエンタメ系の「ランボー」などでもいいけど、意外と「若親分シリーズ」や「兵隊やくざシリーズ」、洋画では「MASH」、「まぼろしの市街戦」といった作品のほうが、核心を突くこともあるんじゃないかなあ。
まあ、「若親分シリーズ」については雷蔵(元海軍士官)がかっこいいだけで、海軍は特に描かれることもないのだけどね。
スポンサーサイト

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック