理系・文系を重ねて見る光景は
壇蜜の宮城県観光PR「見立てのエロス」
タレントの壇蜜さんが出演する、宮城県の観光PR動画が議論を呼んでいる。4日に動画投稿サイトで公開されてから再生回数は115万回を超えたが、性的と受け取れる表現が含まれていることから、批判も起きている。14日には、仙台市議らが動画配信の即時停止を奥山恵美子市長に申し入れた。問題となっているのは宮城県や仙台市、JR東日本でつくる「仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会」が作成した「涼(りょう)・宮城(ぐうじょう)の夏」という動画。先祖が仙台藩に仕えたという壇蜜さんが、2分半にわたって宮城県内の名所を紹介する内容。壇蜜さんの唇のアップや、性的な意味として受け取れるような言葉が多用されており、ネット上でも「面白い」「趣味が悪い」と賛否が分かれている。
村井嘉浩県知事は10日の記者会見で批判について問われ、「賛否両論はあるが、可もなく不可もなくでは関心を呼ばない」などと評価した。一方、公開停止を求めている仙台市議らは「品位が感じられない」と反発している。(朝日デジタル)

ちょっと前にも同じような問題でサントリーのCMが炎上したとあったけど、ジェンダーな話題を下ネタに扱うと難しくなりますね。
万人に向けた観光PRなら女性を敵に回すようなものは少し無謀だけど、それにしても笑いなども含めて、それぞれにちがうであろう人の感性によるものの扱い方はほんとうに難しくなってしまった。
すぐになんでも白黒をはっきりつけたがるからなあ。放っておいたほうが上手くいくことも多いと思うのだけど。
人間は善悪も好悪も、人品も高貴から下卑まで合わせ持つものだから、あまり徹底するのはなあ。
以前に呉智英さんも新聞インタビューで「差別しかない社会はもちろん暗黒社会ですが、差別をまったくなくしてしまっても逆の暗黒社会になってしまう。国民全員がニコニコして歩いていたら不気味でしょう。北朝鮮のパレードと同じです。全てに光が当てられたハイトーンな社会は異常です。顔に陰影があって人間がある。差別もあり差別と戦うこともある社会が人間らしい。さらに続けて「よく共生といわれるけど人間のネガティブな面と共生しなかったら、これはうそ。貧困や病気はなくならないし、差別もそう。差別を無理になくそうとするのは啓蒙の暴力、人間は暗い顔の時もあれば怒りをぶつけたいときだってある。不快感や嫌悪感というネガティブな感情は人間が生身である限りなくなりません。きれいごとだけにしてしまうのは不気味な社会です」とだんだん持論の近代社会批判となっていくのですが、それはともかく、今週のテーマはエロなのだ。
日本は「見立て」の文化も特異に発展したから(?)、エロにも余計そういうことを潜ませることがあったかもしれない。

momoe1.jpg

あの、吉永小百合さんだって、女優や文士も参加した句会で、「今日はバレ句(色っぽい句)を詠みましょう」というテーマが出されたおりにはあっと驚くような艶っぽい句を詠んだ(僕には書けません)。
川端康成などの文士にも愛されたというから、人間の奥底を見るような眼もあったにちがいなく、またそういう人の奥底を垣間見たり、あるいは清純派とばかりに言われることの反逆もあったかもしれない。
だから『青春の門』や『天国の駅 HEAVEN STATION』のような作品にも挑戦した。
この山口百恵の写真だって、下卑た見立てがあろうともやはり、山口百恵はいいのである。
「ひと夏の経験」など少女にとってはずいぶんな見立ての歌詞だったりしたけど、山口百恵は動じない。
動じちゃうのはこっちだものなあ。
今はまた斉藤由貴の不倫疑惑が騒がしいけど、まあ、プライベートを覗くようなことのほうがよほど趣味が悪い。
しかし、動じるようで動ぜず、のほほんと会見を終えてしまった斉藤由貴。やっぱり、すごいな。
白いワンピースで記者会見に臨んだけど、陰翳礼讃たる優美さです。
だんだん、こっちも意味不明になってきた。
ということで?、次回は僕もちょっとエッチな小説に挑戦です!?
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック