理系・文系を重ねて見る光景は
こんな人たち、あんな人たちにもある素晴らしき哉、人生
都議選で自民党の大惨敗を受けて戦犯探しが始まっていて、まあ、この1ヶ月くらいでも枚挙にいとまがないくらいにいろいろあったのだけど、なかでも都議選最終日の東京・秋葉原の街頭演説で巻き起こった「安倍やめろ」コールに対し、「憎悪や誹謗中傷からは、何も生まれない!」と語気を強め、「こんな人たちに、私たちは負けるわけにはいかないんです」と言い放ったことは、今後に憂うべき要因ともなりそうな気もします。
まあ、当然ですが「憎悪や誹謗中傷からは、何も生まれない!」ということはなくて、いいことはまず生まれないのであって、悲劇の多くはここから生まれ、でも時には希望が生まれないとも限らない。いずれにしてもすべての人間の根源に潜むものでしょう。
それを認め、だからこそ憎悪や誹謗中傷から悲劇を生まないための努力が必要なのであり、たとえどんな人たちであろうとも、また自らも「こんな人たち、あんな人たち」との自覚があれば、もう少し言い方もあったのでしょう。
現にその街頭演説の場にはあの籠池さんもいて、安倍首相も昭恵夫人も最初はずいぶん森友学園、籠池さんを買っていたのだ。
少し怪しげな正体を見せ始めると、あっという間にあっち側に追いやり、「こんな人」扱いになってしまったけど、これに習えばむしろ、口当たりのいい賛美や熱狂にこそ、憎悪や誹謗中傷の種子が潜むのだ。
フランクリンも「偽友と陰影は太陽の照らす時のみ伴う」と言っているし、実は「こんな人たち」のなかにこそ、ともに明日を築ける人がいるかもしれないということにはならないのかなあ。

tower_3302933.jpg

ああいう場ではついエキセントリックになってしまい、あとで反省できたりもするけど、どうもその反省も言葉だけになってしまっているみたいだからなあ。
まあ、「こんな人やあんな人」の僕が言うのもなんですけど。
画像は映画「素晴らしき哉、人生」。
「こんな人やあんな人」にもそれぞれのたった一つの素晴らしき物語がある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「こんな人たちに、私たちは負けるわけにはいかないんです」
こんばんは。
「こんな人たち」をどんな風に定義しているのか訊いてみたいですね。
テッド・カッペルが、フォックスのスター、ショーン・ハニティに言った言葉、<<事実よりもイデオロギーが大切 ( 'ideology is more important that facts') と云う姿勢は、アメリカにとって良くない>>は、響きます。
ジャーナリズムに言及した言葉ですが、政治にも当てはまりますね。
2017/07/05(水) 14:00:12 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
こんな人たち、あんな人たち
こんにちは。

> テッド・カッペルが、フォックスのスター、ショーン・ハニティに言った言葉、<<事実よりもイデオロギーが大切 ( 'ideology is more important that facts') と云う姿勢は、アメリカにとって良くない>>は、響きます。

アメリカの事情はもちろん、多くは一部報道で知るだけなのでちょっと事実確認が心配にもなりますが、事実もイデオロギーもわからなくなったときはとりあえず少数派に付くことにしています。いえ、決してひねくれ者というわけでは…。

2017/07/05(水) 14:52:34 | URL | クプクプ #-[ 編集]
籠池氏の強烈な詐欺師顔は近年まれに見るもので、彼を画面で見るのを楽しみにしています。奥さんも息子さんも同じ匂いをさせていてじつに愉快です。阿倍さんも変なやつに懐かれて迷惑だろうなあ。
籠池ファンクションにおける阿倍解釈は普通なら極右と呼ばれるものだと思います。僕はアカですが阿倍さんはっきりしていて結構好きなんですがね。
2017/07/05(水) 15:31:49 | URL | のほすけ #-[ 編集]
少数派
>事実もイデオロギーもわからなくなったときはとりあえず少数派に付くことにしています

僕は真剣に考えると常に少数派にいます。と言うか、多数派の気が知れないのです。ひねくれていると言うより,データをきっちり解釈するとそうなるとしか言いようが無いのです。なぜなんだろう?
2017/07/05(水) 15:37:23 | URL | のほすけ #-[ 編集]
こんな人たち、あんな人たち
こんにちは。
不信の友は公然たる敵よりも悪い(シェークスピア)といいますからね。
僕は理系的なものは好きですが、実は全く分からない。文系的なものもただ好きというだけです。
基礎研究を大事にしてほしいものですが、まあ、かつての日本アニメやマンガのように誰からも注目されなくてもひたすら好きに極めて気づいたら世界に誇るべき文化みたいこともあって、そういう活力が失わなければいいなあと。
ブラタモリでも予算なさそうでも楽しそうな研究者・学芸員いっぱいいますよね。
2017/07/05(水) 17:01:41 | URL | クプクプ #-[ 編集]
「素晴らしき哉、人生!」
この映画、好きだわ。
キャプラ的な、絵に描いたようなハッピーエンド。
「スミス都へ行く」みたいな議員が、
1人でいいから、いてほしいな。
2017/07/07(金) 01:50:58 | URL | 青梗菜 #De6CjWPI[ 編集]
素晴らしき哉、人生!
こんにちは。
「素晴らしき哉、人生!」名作ですよね。
アメリカってやっぱりいいなあって。

2017/07/07(金) 07:18:50 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック