理系・文系を重ねて見る光景は
「ひよっこ」のビートルズがやってくる
NHK朝ドラ「ひよっこ」のビートルズの宗男さんのエピソードは泣かせますが、戦争下の極限での状況の不意の出会いであれば絶句するのみで、あんな状況もあり得るのではないかとも思えます。それはともかく。
それにしても当時(1966年)のビートルズファンが300万というのほんとうだろうか。シングルで一番売れたのは「レット・イット・ビー」だと思うけど、発売されたのは1970年でそれでも累計138万枚というからなあ。
たしかにちょっとかっこつけた中高年は誰もビートルズファン(当時は不良呼ばわりされた)のような顔をするけど、実際は渋谷陽一の言うようにほんとうは当時クラスに1人くらいしかいなかったはずなのに、十数年経ったらみんな「俺たちビートルズ世代」とは…、お前ら本当は「橋幸夫世代だろう」なんてこともありそうな数字のような気がする。
事実、生真面目な僕の兄は橋幸夫ファンで、対抗上?、僕は舟木一夫ということなってしまった。
田舎の孤高なるビートルズファン宗男というのがほんとうのところじゃないかなあ。

nitigeki1.jpg

まあ、僕はビートルズ世代に少し遅れるけど、映画館でビートルズ映画大会も何回も組んだりしたので…。
僕は大学卒業後映画興行会社に就職していて、最後の1年は名画座というか2番館にいた。
そこで定番のようにあったのが「ビートルズ大会」だった。
「レット・イット・ビー」「HELP!」「ヤア・ヤア・ヤア」の3本立てが多く、ときには「マジカル・ミステリー・ツアー」というのもあった。
2番館もなかなか人は入らず、そのなかでビートルズものは安定的に見込める貴重な定番映画だったのだ。
どこの名画座でもよく上映されていたのだろう、あるいはフィルムが少なかったのか、上映するフィルムはけっこうぼろぼろでよく切れたりした。今では信じられないようなことだけど、フィルムが切れてスクリーンに何も映ってないということが昔はあったのだ。
繋ぐには切れた部分をきれいにカットしてテープで貼るのだけど、ビートルズの「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」などはよく繰り返し上映されていたからほんとうにぼろぼろで、テープで何箇所も貼りなおされていた。
上映してみると配給会社から来る資料の本来の上映時間より数分近く短くなっているほど、切れまくっていたのもあった。
映像が飛ぶということはもちろん、音も飛ぶのだ。ましてや音楽映画なのに。
それでもクレームはつくことはなかった。
映像も音も悪くても見られるだけで、聴くことが出来るだけで幸せだった。
まさに宗男の境地のようにも思うけど、ビートルズが偉大なのか、音楽そのものが偉大なのか、その当時の日本人が偉大なのか。
それが今ではずいぶん些細なことでも目くじらを立てるようになってしまったけど、どうなのかなあ。
スポンサーサイト

テーマ:THE BEATLES - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
教えてください
こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(④を導く根拠に①②を用い、③は④を補強)、どのように思われますか。

① 『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧なもので、自己修復機能まで有します。

 こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。

② 『物質(原子)は誰が作ったのか』

 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

 中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

 こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

 (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。)

③ 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。

④ 『今の世界は虚構であり、私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしているのであり、本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

 (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。
2017/07/17(月) 12:40:08 | URL | 教えてください #mQop/nM.[ 編集]
カテ違いです
申し訳ありません。おっしゃる通りカテ違いです。
SFや科学も好きですが、妄想レベルの僕にはわかりません。
2017/07/17(月) 13:19:25 | URL | クプクプ #-[ 編集]
こんにちは!いつもながら、目の付けどころに感服しております。

>まさに宗男の境地のようにも思うけど、ビートルズが偉大なのか、音楽そのものが偉大なのか、その当時の日本人が偉大なのか。
それが今ではずいぶん些細なことでも目くじらを立てるようになってしまったけど、どうなのかなあ。

ここですね。本当に。ACのコマーシャルで「1964年の日本人に負けるな」というのがありますが、挙げられている項目が今の日本人が明らかに当時の人より劣っていることばかりで、今の日本人に対する嘆きが込められたコマーシャルとして私は受け止めています。

アラ70のおじもビートルズの曲をダビングしたカセットテープやレコードを多少持っていたぐらいなので、クラスに一人よりはもう少し多かったかも知れませんが、それでもクラスに数人までのレベルだったでしょうね。それとうちの叔父は全盛期にすでに大学生だったからというのもあると思われますが、中高生あたりになるとビートルズなんて関心ない人の方がダンゼン多かったんじゃないかという気が確かにします。いつからなんでしょうね、こんな風に言われるようになったのって(^^;)
2017/07/17(月) 16:11:20 | URL | マナサビイ #-[ 編集]
「ひよっこ」のビートルズがやってくる
こんにちは。
あまり昭和を懐かしむのもなんですが、こんなのんびりした感じはいいかなと。

> アラ70のおじもビートルズの曲をダビングしたカセットテープやレコードを多少持っていたぐらいなので、クラスに一人よりはもう少し多かったかも知れませんが、それでもクラスに数人までのレベルだったでしょうね。それとうちの叔父は全盛期にすでに大学生だったからというのもあると思われますが、中高生あたりになるとビートルズなんて関心ない人の方がダンゼン多かったんじゃないかという気が確かにします。いつからなんでしょうね、こんな風に言われるようになったのって(^^;)

中高生にはそれこそモンキーズファンのほうが多いかも(あまり大きな声ではいえませんが)。でも、やっぱり「デイドリーム・ビリーヴァー」なんかいいものなあ。
2017/07/17(月) 18:31:35 | URL | クプクプ #-[ 編集]
僕はビートルズが来てから生まれましたが大のビートルズファンです。もはやクラシックとして聴いています。

デンパな書き込みがあってびっくりしました。いろんなヒトが読んでいるのですね。

複雑だから自然には出来ない,というのは自然を舐めているとしか思えません。Natureは凄いことをやるのです。
2017/07/21(金) 10:42:05 | URL | のほすけ #-[ 編集]
ビートルズ
こんにちは。

> 僕はビートルズが来てから生まれましたが大のビートルズファンです。もはやクラシックとして聴いています。

ビートルズに限らず音楽はいいですね。僕は映画好きだったので音楽映画やミュージカル、またサントラなどクラシックやジャズ、さらには青春歌謡映画まで見たけど、さすがに見る本数は減りました。
2017/07/21(金) 11:34:01 | URL | クプクプ #-[ 編集]
映画の音楽はいいですね。
僕はジャズとロックとクラシックを聴きますが、坂本龍一さんの映画につける音楽が良くて何枚か持っています。

"Sheltering Sky"が一番好きです。
2017/07/22(土) 11:41:05 | URL | のほすけ #-[ 編集]
映画音楽
こんにちは。

> 映画の音楽はいいですね。
> 僕はジャズとロックとクラシックを聴きますが、坂本龍一さんの映画につける音楽が良くて何枚か持っています。

ディズニーの「ファンタジア」などはクラシックに親しむきっかけにもなります。手塚治虫と富田勲、ゴジラと伊福部昭、宮崎駿と久石譲など映画が生んだ名コンビもありますね。
2017/07/22(土) 13:32:59 | URL | クプクプ #-[ 編集]
ファンタジア、DVDを持っていましたが、離婚と同時に手元を離れました。また買おうかな。いつも面白い文体で言語研究の素材に使いたいです。
2017/07/26(水) 00:33:36 | URL | のほすけ #-[ 編集]
映画音楽
興味のまま、自由に勝手に書いています。もう少しシンプルにと思うのですが、面白くしよう?と盛ってしまいます。
2017/07/26(水) 00:59:53 | URL | クプクプ #-[ 編集]
文才というのはなんなんでしょうね?
面白い文が書ける人とそうで無い人。
どこに違いがあるのでしょう。

やはり語彙の豊富さが物を言うのでしょうか?読ませる文が書きたいものですが、こちらでは成功しておられるので「観察」します。
2017/07/26(水) 01:12:39 | URL | のほすけ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック