理系・文系を重ねて見る光景は
『半分以上、青い。』岐阜県
女優の永野芽郁(17)が20日、2018年春から放送されるNHK連続テレビ小説第98作『半分、青い。』(月~土 前8:00 総合ほか)のヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)役に決定した。ヒロイン役が発表されると、会見場からは「オー!」というどよめきが起こったが、一番目を丸くしていたのは永野本人だった。(中略)舞台となる岐阜県の印象についても「すごくのどかな街のイメージがあって、木が多くてマイナスイオンが多そうみたいな…あっ、決して悪いイメージではないですよ。これからもっと勉強します」と茶目っ気たっぷりに打ち明けた。(オリコンニュース)

そうか。やはり今でも岐阜は木、山のイメージであったか。
「岐阜県民の歌」でもすぐ出てくるフレーズは♪岐阜は木の国山の国♪だから、都会の女の子であれば、まあそうでしょう。
今でもというのは画像の左が1952年の児童年鑑、右が今年の6月22日の中日新聞の広報記事で、おお、岐阜は今も山の中。
木の国、そして水の国なのだ。

kinokuni.jpg yamanokuni.jpg

でもまあ、日本そのものが木の国山の国、木の文化だからね。
古来からの森を守り継いで土壌も豊かに、多様な生物も慈しみ、水を貯え浄化し、マイナスイオンはよくわからんけど、二酸化炭素も吸収してくれるからね。
また日本が誇る荘厳・華麗な城や寺社仏閣から我ら庶民の家屋も多くは木造なのだ。
中国や韓国もやはり木造りだけど、楠や松だったらしく、日本は檜だった。
この木の違いは道具の発展にも変化をもたらし、楠、松は材が固く、中国や韓国ではのこぎりやカンナも押すものとなり、材の柔らかい日本は引くものとなった。
押しの文化と引きの文化とは牽強付会に過ぎるだろうか。
最近は引いてもダメなら押してみようって感じもあるけれど、まあ、基本は引きだからなあ。
日本も少子化問題など経済も引きの時代に向かうけど、引きの文化だから、それにふさわしい対応も自ずと持ち合わせているのかもしれない。
国土は青い(若い)のだし。
日本のしなやかな伝統美の根幹は木であり、檜だったのだよ、ね、芽郁ちゃん。
ちなみに岐阜の森林面積は『半分、青い。』どころか約80%で全国第2位。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック