理系・文系を重ねて見る光景は
文豪を妄想する、文字を妄想する はじまりはいつも雨
ツイッターで話題になり書籍化されたという「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」(神田桂一・菊池良 宝島社)が人気らしい。たしかに

(前略)④ただ、一つだけ言いたい。⑤完璧な湯切りは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

とは、なるほど村上春樹風ではある。
いやあ、これは寺山修司なら、こんなこともかくいうであろうかというタモリの形態模写?などに連なるものですかね。
まあ、いずれも…風であって本質とはあまり関係ないのだろうけれど。
それとも先日まで放送されていたNHKドラマ「ツバキ文具店」のヒロイン(文具店と代書を生業とする)のように、依頼者に心も深く寄り添い、ペンやインク、便せんなどもそれに相応しいものを丁寧に選び取ることで、書き手が降りてくるような感じだろうか。

下記の画像は以前に「クリスマスに贈るロマンチックミステリー」として書いた古本の少女マンガのページ末尾の同じ書き手による書き込みですが、以前のものもお父さんと町に出た折、あるいは雨降りの記述があって、その少女マンガなどの作品から中高生くらいで、雨降りも気にしない、または雨音もロマンチックな、加えて字の美しさ・言葉選び、簡潔さは頭のいい子で、家族思いで優しい子なのだろうと僕は夢想した。
書き込みのある本を処分したのは何か事情があったのかもしれない。もしかしたら父子家庭なのだろうか。
こんな書き込みからも書き手が降りてくるからね。まあ、僕のは勝手な妄想だけど。

haiji1.jpg katou4.jpg katou3.jpg

さて、このブログでも書いたのだけど、僕は学生の頃、けっこう雑誌などに投稿していて、たまに掲載されることもあった。
「ビックリハウス」などの全盛期で、他にも「絶対絶命」「やんろーど」などずいぶんバカな投稿をしたけれど、カップ焼きそばの作り方とは思いつかなかったなあ。
某誌にはこんな投稿もしている。ということでこちらは再掲になります。
「雨」というテーマのショートショートパロディである。



PART1 筒井康隆風
また降られた。全く悲しくなってくる。いったい、いったい、どうしてこうも降られるのだ。くそっ。
ひょっとするとCIAの陰謀なのかもしれん。いや、農協か、PTAか。それとも…。
すべては文学のために心正しくやってきたというのに。雨は俺の軽快なリズムを狂わせるのだ。
ぴちぴちじゃぶじゃぶらんらんらんとはいかんのだ。
鬱々たる日々よ、これではますますもって帆立て貝、心優しく暖かく、顔はハンサムことのほか、頭脳明晰汽車の上、末は乞食か大臣か、なおも驚異は文学の非凡非凡の大才能、狐狸庵先生「沈黙」し、どくとるマンボウ「後悔」す…

PART2 宇能 鴻一郎風
すごいんです、この頃の雨。今は少し小降りになったようですけど、さっきはそれはもうすごい降り方だったんです。
家の中まで濡れてしまうんじゃないかと思ったくらいですもの。
あたし、嫌いなんです。あまり激しいのは。こうしてしっとり降るような雨は好きなんですけど。
このくらいがちょうどいいんです。傘をさすのは。わかってもらえるかしら、女ってそうなんです。
ちょっと出かけてみようかしら。あっいや、また激しくなってきた。

PART3 庄司薫風
ぼくは雨が降るとなんとなく嬉しくてそれだけでそわそわしてしまうのだけど、これはいったいどうしたわけなのだろう。
やっぱり、由美のせいなのだろうか。由美というのは僕の小さいころからの女友だちなのだけど、彼女はまあどういうわけか雨が大好きで、こうした雨降りの日には必ずぼくを散歩に誘いだすのだ。
まあ、だからうれしいということなら単純でわかりやすいけれど…

おまけ 永六輔風
朝だ、雨だ。

僕の思う風であって、実際、宇能 鴻一郎は本を買った覚えもなく週刊誌の連載小説を見かけたくらいなのだろう。
筒井康隆も支離滅裂で、庄司薫の「この感じ」はやはり村上春樹にも影響を与えているだろうか。
永六輔はおまけだからね。いちおう念のために書いておくと、「浅田飴だ」 で、オリジナルでもありません。
掲載された某誌からはミッシェル・ポルナレフのペンダントを貰ったような気がする。
「シェリーに口づけ」も「愛の休日」も、はじまりはいつも雨。
スポンサーサイト

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
面白いブログですね!
初めまして。こんにちは〜

どの作家のもそれ風な匂いがしますね。
筒井も短めのを1冊だけですし、庄司は赤ずきん…だけですし、宇野は週刊誌のを何度かという程度で、どの作家もちゃんとは読んでないのですが、特徴が見事に出てますよね。

宇野と庄司にちょっとクスリとしながらツボに入りました。
拝見させていただきたいので道に迷わないようにリンクさせていただきます。

2017/07/16(日) 09:49:29 | URL | carmenc #-[ 編集]
はじまして
こんにちは。

> どの作家のもそれ風な匂いがしますね。
> 筒井も短めのを1冊だけですし、庄司は赤ずきん…だけですし、宇野は週刊誌のを何度かという程度で、どの作家もちゃんとは読んでないのですが、特徴が見事に出てますよね。

ありがとうございます。でも匂いだけなんですよね。
僕も実はほとんど読んでいない宇野鴻一郎がいちばん気に入っていたりするのですが、読書量と関係なく当時の宇野鴻一郎自身のイメージ喚起力がすごいのかなあ。 それとも単にエロからなのかしら(宇野鴻一郎風?)
2017/07/16(日) 10:22:45 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック