理系・文系を重ねて見る光景は
老大家の時代 老大家子供に帰る
前回に続いて「老大家の時代2」です。
テレ朝『やすらぎの郷』がすごいと書いたばかりだけど、「秀さん」こと高井秀次失踪事件、どうケリを付けるのかと思ったら、何と驚くべきファンタジーで片づけてしまった。

「ほらみんな眼鏡とか時計なくしてないないって2〜3日捜してもなくって諦めかけてたら急にある朝、目の前にあって。 あれ?なんだって…。経験あるでしょ?あれやるのよ」
「いなくなっていた秀さんがある朝、気づいたらちゃんとベッドの中にいるんです。あれ?なーんだ。いたじゃん!ってみんな思っちゃうんです、ねっ」
「いたのにみんな見えなかったのね。それが突然ある朝見えるのね」
「なーんだ!いたじゃん!どうして今まで見えなかったのかな?」
あの、 眼鏡と秀さんじゃ大きさが違います。
「馬鹿ねえ。 原理は同じ事よ」

なるほど、どうすれば誰も傷つかずに事態を解消するにはもうファンタジーにするしかない。
なんか、「カルテット」のアリスちゃんのような強引さでもあるけど、幸い、老人には眼鏡のようなことがあるといえばあり、永遠の乙女のような九条さん(八千草薫)の言葉はかわいい魔法のようであり、おまけに秀さんは無口だった。
老人は子供に帰るとも言われるけど、こういうことでもあったのか。
子供だけにトトロが見えるように、老人は「秀さん、なーんだ!いたじゃん!」で押し通せるのだ。

fuannteikaranohassou.jpg

あるいはオタク。
僕は「飛べ!フェニックス」という映画が好きなのだけど、サハラ砂漠上空で輸送機が、砂嵐に遭遇した上にエンジントラブルを起こして、砂漠のど真ん中に墜落してしまう。
12名が生き残るけど、絶望的な状況に追い込まれていくなかで、一人が思いがけない提案をする。 墜落機のスクラップから飛行機を自作して、砂漠から脱出しようと言うのだ。
機長は反対するがワラにも縋る思いの生存者たちは、この試みに賭けてみる事にする。
かくして、紆余曲折・波乱万丈のなか「フェニックス」と名付けられた飛行機が誕生するのだ。
ところで提案した青年は航空機デザイナーと名乗るのだが、ある日、機長は青年の持つカタログを見てしまう。
「そのカタログは君の会社のものか」
「ああ、そうだよ」
そのカタログは模型飛行機のものだった。本物の飛行機の設計などしたことはなかったのだ。
「でも、原理は同じだ」
ドイツ青年のオタクぶりが見事です。ラストはぜひ映画をご覧ください。

画像は航空力学の権威、佐貫亦男「不安定からの発想」。
「人も飛躍するためには最初から安定を求めてはいけない。空が不安定であることを受け入れ、過度な安定に身を置かず、不安定な状態を自分の力で安定させてやろうと勇気を出してこそ、道が開けるのだ」と。
青春も、あるいはまた老年も不安定で、まず不安定であることを受け入れてこそ、さまざまな道もあるのだろう。
倉本聰の『やすらぎの郷』がまさにそれで、こんなドラマもありえたのだし、しかもヒットしたのだ。
まあ、僕なんか子供・青春・壮年…ずっと不安定なんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック