理系・文系を重ねて見る光景は
我は王蟲なり、ビワコムシ
滋賀県のシンボル・琵琶湖で、気候が和らぐこの季節に大量に発生する虫をご存じだろうか。淡褐色で体長1センチ程度の通称「ビワコムシ」だ。ときには住宅の壁や車などにびっしりと張り付く。今年は特に大量発生し、自治体には住民から「気持ち悪い」との苦情も。ただ、迷惑虫の実態は、環境保全に役立つ“いい虫”でもあった。迷惑害虫とされるビワコムシだが、水生昆虫の研究者によると、幼虫が湖底の泥の中の有機物を食べることで「湖底の浄化に役立っている」。湖に流れ込む生活排水による有機物も食べているとみられる。さらに成虫は鳥やクモの餌になり、琵琶湖周辺の生態系の維持にも一役買っている。人畜無害で環境保全にも貢献しているビワコムシ。外見だけで一方的に嫌わず、“共生”を図る発想も必要なのかもしれない。(産経新聞 )

おお、ナウシカの世界ですね。あれほどでなくてもナウシカ的世界はささやかに密かにどこにも転がっているのだ。
大婆様の言う通り「やがて王蟲の躯を苗床にして胞子が大地に根を張り 広大な土地が腐海に没したのじゃ」 という猛毒の瘴気に覆われた腐海だけど、大いなる浄化のゆえの瘴気だった。
今年は特にビワコムシが大量発生したというなら、琵琶湖に流れ込む生活排水による有機物が多いという汚染のひどさを示すのかもしれない。

img59066534.jpg

「ビワコムシは人間が汚してきたこの琵琶湖を綺麗にするために生まれてきたの。大地の毒を体に取り込んで、綺麗な結晶にしてから、死んで砂になっていくんだわ。この地下の空洞はそうしてできたの」

なんて、琵琶湖のナウシカ姫たちもがんばっているかもしれない。
森も虫も地球の生態系の中で循環し、大地も大気も作られている。
過去、大地を跋扈した恐竜が滅び、大地を覆ったシダ類も失われ、あるいは文明の痕さえも、やがてまだ暗き森や海が、そして小さな生き物たちが長い時間をかけて、ふたたび美しい緑を、生き物溢れる世界を蘇らせるのだ。
今、地球を跋扈するのは人間だけど、ほどほどに生態系の中であまたの自然と共生しようというナウシカ姫の視線はやはり大切なのだろう。
時には人を殺すような激情も持ち、地下室での水耕栽培実験ように真実を見つめる検証的姿勢、メーヴェのような軽飛行機も楽しむようなナウシカは人間そのものでもあるからなあ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
金色の・・・
こんにちは(*^_^)/

登山をしたときに金色に紅葉した葉っぱがありました。
普通の黄色じゃなくて本当に金色に見えたのです。
それを見たとき、ナウシカの金色の草原のイメージは、
こういう感じの色合いの植物からかなぁと感じました♪
登山家によると楓の一種らしいです。

普通の人なら見落としてしまうような物事をつなげて、
ナウシカなどの傑作を作れてしまう宮崎駿監督すごいですよね^^

おっしゃる通り、今の人間に必要な視点だと思います。

自然との共生のメッセージがこもった、
平成ぽんぽこたぬき合戦とかすごく好きでした♪
2017/06/12(月) 00:36:59 | URL | 在嶺結為 #roOum4UQ[ 編集]
宮崎アニメ
こんばんは。

その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし…というのも特別な存在ではなく、普通の人、普通の人であるべきなんだろうなあ。
メッセージ性の強い作品ばかりでなく、漫画映画本来の楽しさも併せ持つ巨匠ですね。
金色の草原を歩いているイメージが素晴らしい。
2017/06/12(月) 01:03:58 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック