理系・文系を重ねて見る光景は
天災も人災も忘れぬうちにやってくる
政府は29日未明、北朝鮮から弾道ミサイルが日本海へ発射されたと発表した。ミサイルは28日午後11時42分ごろに同国中部から発射され、45分程度飛行し、北海道西方沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる。北朝鮮が深夜にミサイルを発射するのは極めて異例。(毎日新聞)

続報によればロフテッド軌道による米国本土ロサンゼルスにまで達する可能性のあるICBMだった。
以前にに北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、東京メトロが一時全路線で運転を見合わせたことに韓国では過剰対応との批判があって、また日本でも違和感をもって受け止められたりもしたけど、これには少しお国柄ということもあるのかもしれない。
東日本大震災では100年どころか、1000年・万年単位の恐ろしさを再認識させられたこと思えば、どんな可能性にも対応しようというのは不思議ではないし、実際、地震などではどこの国にもない、科学的には疑問さえつくほどの体制づくりになっているのだろう。気象情報の徹底ぶりもすごい。
ただ、古来その恐怖(自然)に寄り添ってきたものと、またまったく別の次元での恐怖(人間)とは必ずしも相いれないものもあるのかもしれない。人の意図も働くからなあ。

61371275.jpg

まあ、人はやっぱり都合よく考えますからね。
分かりやすいところでいえば地震も噴火も台風など自然災害も危険だし、人為的なものでは原発も危険だし、テロ・戦争も危険。
長いスパンでいえば温暖化や寒冷化などに始まり、隕石落下、地軸の逆転、身近なところでいえば年金・人口減など、いくらでもあるのだけど、政治や経済システムも、人は都合よく考え、使うからね。
まあ、それが人間でもあるけど、時々は、誰かはきちんと考えないとなあ。
今日は新しい内閣の顔ぶれも決まったけど、どのように考えたものだろうか。
田原総一朗氏が安倍晋三首相と28日に首相官邸で面会し、田原氏から安倍首相に対して「政治生命をかけた冒険をしないか」などと提案したことが話題になっていて、すなわち、政治的冒険とは何かを巡って北朝鮮問題関連など、様々に言われてるけど、僕は「超巨大噴火の鬼界カルデラ」にも書いたけど、反原発、脱原発じゃないのかなあとも思うけど、どうだろうか。
地震・火山大国の日本ではどうあっても合理性を欠くし、また北朝鮮がミサイル発射するたび、地震が発生するたびに不安だった、少なくともそれらによる原発の危険は回避され、まだまだ廃炉処理など始まったばかりだけど、原発の妙な頸木から解放されることだけでも、がらりと変わるのではないのかなあって。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック