理系・文系を重ねて見る光景は
ひよっこの時代は青春歌謡映画で
朝ドラ「ひよっこ」がやっぱり面白いですね。
僕にとってはあの時代の青春は少し上の世代で、子供からの視線だけどじゅうぶん理解できる時代です。
映画は大人400円だったか。僕の持っている映画資料もほぼ同時代と思うけど、2番館だったりするので大人200円、学生150円となっていますね。
さらに東映の宣材資料でこの頃の子供のお小遣いを見ると、さすがは高度成長期、お小遣いもなかなかの急上昇ぶりで、「ひよっこ」の時代は1964年前後だったから、中学3年で319円、ちなみに僕は決められたお小遣いはなかった。
映画はちょっと難しいですね。まあ、中学生で映画館に行ったら不良扱いかもしれない。
「ウエストサイド物語」も恋の物語でもあるけど、少年非行グループの抗争の話だったりするからなあ。
見れば、やっぱり愛子さんじゃないけどみんな踊ってしまいますか。

nitigekisiryou.jpg  kozukai.jpg  kozukai2.jpg


日本映画のミュージカル映画って滅多にないけど、青春歌謡映画というジャンルがありますね。
「ひよっこ」でも合唱など歌がよく歌われるけど、その頃の歌は青春・希望でもあったのだなあ。
以前に作家の久間十義が青春歌謡映画について新聞コラムを書いていて、久間十義って「世紀末鯨鯢記」などいかにも難しそうな小説というイメージがあるのだが、こういう人に書いてもらうのはいいなあ。
なかなか、声を上げて言うことは出来ませんからね、青春歌謡映画好きだとは。

~何しろ今まで神妙に演技していた人間が突然歌いだすのだ。その種のお約束を知らない者は面食らう。けれどというか、だからこそ、高度成長期の雰囲気満載。いい調子に無根拠な自信に溢れていて気持ちが和む。集団就職があり、中卒の労働力が金の卵と呼ばれた時代の映画である。隠そうとしても隠せぬ当時の貧乏が、画面のそこかしこにそのまま覗く。あの頃、人々はその貧しさのなかから立ち上がり、明日を夢見て、希望に燃えて働いた。つらつら思うに青春歌謡映画では何が素晴らしいって、この貧乏と希望が素晴らしいのだ。当時、人は何もないところで味噌や醤油の貸し借りをした。ないものを分け合い、思いや希望を分かち合った。若者たちは親の苦労を知り、弟妹のために健気に生き抜こうとした。そこには何もなかったが、希望があった。貧乏は希望の代名詞だった(久間十義)。

DSCF1352.jpg  itibannbosi.jpg


最近の映画やドラマは貧乏も描くけど、隠そうとしても隠せぬ日常のあったものはどこにもなく、作られた貧乏ようなものしか映りこんでいないのかもしれない。
「貧乏は今も変わらず至るところに転がっているのに個人主義やらプライバシーやらで見えにくくなり、隠され、本当に見えなくなってしまった。でも貧乏は転がっていて、そこには希望がある。貧乏に気づかぬフリをするうちに、きっと、そこにある希望に気づかなくなっただけだ」と。
画像左は舟木一夫主演「君に幸福を」(1967年公開)。これは未見だけど、見つめあうのではなく、同じ方向を見上げ、そこには希望の明日があるような笑顔ですね。中3のお小遣い319円の「ひよっこ」の時代。
画像右は浅田美代子主演の「しあわせの一番星」。こちらは1974年だから中3のお小遣いも1500円の頃。
同じように希望の「しあわせの一番星」を探していても、それぞれに見るものが違ってきているのかも。
まあ、これは青春歌謡映画というよりアイドル映画だけど。これは見たなあ、「あした輝く」ってのも見た。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど・・
「貧乏に気づかぬフリをするうちに、きっと、そこにある希望に気づかなくなった。」
うまく言い得ているかもしれませんね・・
 最近の青年は、節約が上手で立派だなーと思っていましたが、確かに、その目には希望は映っていないような気がします・・
悪いのは政治(等)なんでしょうけどね~
2017/05/28(日) 01:59:53 | URL | 梨木みん之助 #-[ 編集]
貧乏
こんにちは。
たまたま古いアルバムを整理していると、セピア色の子供たちが映っていて、「この子はいつも同じ服を着ているな」「このワッペンは継ぎ当てだな」「袖が鼻水で光ってそうだな」などと隠そうとしても隠せぬ当時の貧乏があるけど、貧乏に臆せぬ元気があり、その目には明るい未来・希望を感じさせます。

>  最近の青年は、節約が上手で立派だなーと思っていましたが、確かに、その目には希望は映っていないような気がします・・

車なんかも合理的な軽自動車やワゴンを選んだりしますものね。合理的な積み重ねは目標であって、ちょっと希望とか夢とかとはちがうからなあ。
2017/05/28(日) 10:21:11 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック