理系・文系を重ねて見る光景は
木皿泉 パンセ
木皿泉 パンセ。
テレ東、木皿泉、パフュームのなかなか思いもかけない組み合わせですが、やはりちょっと不思議で、優しい物語。
変わりない、閉ざされた日常に訪れるささやかな変化、違和感に、ともどいながらも優しく新たな時間が流れ出す。

nobuta.jpg

「われわれの本性は、運動のうちにある完全な静止は死である」(パンセ)

sekurobo.jpg

NHK BSプレミアムの「嘘なんてひとつもないの」も不思議なドラマだったけど、まずは部屋を出ること、動くことなのだ。
アニメ「トップをねらえ」のタカヤノリコは人類を救う偉業もって、「ヲカエリナサイ」と迎えられたけど、またひきこもりからのささやかな戦いの旅から帰った力丸も「おかえりなさい」と暖かく迎えられた。
大宇宙だろうと小宇宙だろうと帰れる場所があり、温かく迎えてくれる人・場所があるということは希望だ。
「わたしがどんなときも人のために願えるひとでありますように」
「野ブタ。をプロデュース」も「セクシーボイスアンドロボ」「Q10」も、いつの時も変わらないテーマだ。

ちなみに「パンセ」にはこういうのも書かれている。
正しいものに従うのは、正しいことであり、最も強いものに従うのは、必然のことである。力のない正義は無力であり、正義のない力は圧制的である。
力のない正義は反対される。なぜなら、悪いやつがいつもいるからである。正義のない力は非難される。したがって、正義と力をいっしょにおかなければならない。そのためには正しいものが強いか、強いものが正しくなければならない。
このようにして人は、正しいものを強くできなかったので、強いものを正しいとしたのである。
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
最後の段落「正しいもの~」のくだり、
凄いですねー。随筆とか論文とか?は、
こうかくべきものだなぁ~と、思わされました。
「真実をわかりやすく、詩的に」ですね!
(´~`)ウンウン
毎度、勉強になります。
2017/05/01(月) 21:20:11 | URL | 梨木みん之助 #-[ 編集]
パンセ
こんばんは。
いつもなにか、余計なものを引っ張り込むところがあって、かえって意味不明になったりします。
肝心なところは説明しなかったりするし。

> 「真実をわかりやすく、詩的に」ですね!

であれば、理想なのですが。

2017/05/01(月) 22:25:00 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック