理系・文系を重ねて見る光景は
超巨大噴火の鬼界カルデラ
約7300年前に超巨大噴火が起きた九州南方の海底にある「鬼界カルデラ」(直径約20キロ)に、直径約10キロの溶岩ドームがあると、神戸大などのグループが3月31日発表した。ドームは超巨大噴火の後に形成された可能性が高いという。(中略)鬼界カルデラは薩摩半島の南約50キロにあり、7300年前の超巨大噴火では火砕流が海上を走って薩摩半島に達し、九州南部の縄文文化が一度壊滅したとの説もある。国内では過去12万年間に計10回の超巨大噴火が起きた。(朝日新聞デジタル)

7300年前なんて、地球史的にいえば直近といっていいんだろうなあ。
そして過去12万年間に計10回の超巨大噴火があったとすれば、ほぼ1万年に1度は超巨大噴火に巡り合うってことで、また、その他、超巨大噴火でなくても巨大噴火、大噴火などもそこそこにあって、中小噴火に至っては承知の通り日本ではあちこちの火山であり、日常茶飯事なのだ。
ちなみに超巨大噴火というのは鬼界カルデラの説明にもある通り広くは地球全体にも影響をもたらし、該当地域・周辺では壊滅レベルの、もうほぼ具体的対応策の取りようもないもので、巨大噴火、大噴火でもそのリスクは極めて大きい。
いちばんの減災というならまずは原発をなくすことでしょう。

papermoon_etrs-0846.jpg

地震の予知などと違って、これだけ科学的に検証された事実があるのに、なんで原発をやめないんだろうなあ。
島国で近隣諸国の影響も多少は受けにくく、自己完結・自国管理ができるのに。
戦争やテロなどの別の要因的にも致命傷になるような弱点は国防上もなくしておいたほうがいいと思うけどなあ。
国破れて山河ありというけれど、山河も残らない、住めないとなればどうしようもない。
安倍一強と言われた安倍首相もほころびも見えてきたけど、今なおこれだけの支持率があるのなら、共謀罪(テロ等準備罪)などの強引な採決より、ここは一挙、反原発に舵を切ることこそ、保守本流、古来からの日本を守る礎のような気がするけど。
再生エネルギーの目途も付いているのだからね。
岩盤規制をドリルで開けるといっても、日本のほんとうの岩盤はゆっくり対流するマントルの上を各プレートがひしめきあって、ところどころには膨大なマグマが眠っている。日本の岩盤はかくも怖ろしいのだよ。
岩盤規制にドリルで穴をあけるというなら、この怖ろしい日本の岩盤を見知らぬふりをする原子力村ですかねえ。
また、産業技術総合研究所の及川輝樹氏によれば、たとえば江戸時代の絵地図27枚には現在は活動していない火山にも噴煙が描かれていて、必ずしも現在の活火山の活動状況とちがうものがあるという。
櫻島を描いた地図は10枚のうち噴煙が描かれているのは2枚だけで、近くの霧島は10枚中9枚が描かれ、絵地図通りなら櫻島は今ほど活発に活動をしていなかったことになり、霧島はすごく活発だった。この絵地図には活火山に指定されていない雄阿寒岳に11枚中4枚に噴煙が描かれ、同じく北海道の渡島小島などにも噴煙が描かれているといいますからね。
1万年以内に噴火した形跡があるか、いま活動している火山が活火山に指定されるのだけど、たかだか200、300年で全然ちがうこともありうるのだ。つまり、確実なことはわからないのだ。
もちろん科学的視点のみで絵地図が描かれているとは限らないから、こちらも多方面からの研究も必要だけど。
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
世界の七不思議の8番目に入りそう!
こんばんは。
これだけ危険要素が目に見える所にゴロゴロあるのに、なぜ最も危険な直近の原発を止められないのか?
この意識構造、何なんでしょうね。
敗戦を認めたくない例のグループの自滅への縛りでしょうか?

こちらでは石炭使用が増えたにも関わらず、二酸化炭素の排出量は増えていないと云うニュースが一昨日だったか流れました:特にカリフォルニアでは、州政府のブラウン知事も支援する、太陽光発電や風力発電が猛烈な勢いで拡大していますから、クリーン・エネルギーがCO2の増加を抑える結果になっていると云うものでした。
石炭使用を減らせば、もっとCO2の排出は減らせるんですけど、、、こちらのトップが古い考え方のままなので、もう少し時間がかかるかもです、残念ながら。
2017/06/16(金) 10:35:11 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
世界の七不思議
こんにちは。世界の七不思議ですか。
世界の誰もがこれほどの地震・火山国日本なら原発なんてやめて当然、むしろ、あったら怖いと思うんだけどなあ。
年金、少子化問題などはさらに直近の危機だけど、これはこれでなかなか進まない。
「改革はもっとも必要な場合のおいて、もっとも人気に投合しないものである」との金言もあるけど、金言尽くしで言うなら「腕力は議論にあらず」して、「誠実に勝る知恵はない」。

2017/06/16(金) 13:33:02 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック