理系・文系を重ねて見る光景は
詭弁の罠に落ちるな
森友問題、加計問題、果ては共謀罪、憲法改正など最近多岐にわたって議論されるけど、ものによっては嘘や真が真偽不明のままに飛び交い、重要法案も変なたとえ話や詭弁があふれてしまう。
最近はディベート教育もされるらしいけど、ルールを外れて議論の形骸のみを楽しむというか、都合よく誤用している人もいるかもしれない。まあそんなことが続いていると、おかしなこともそこそのところで落ち着いてしまっているというような感じだなあ。
慣れてしまっているのだ。非日常も続けば日常になる。人は平和にも戦争にも慣れるのだ。
しかし、詭弁ってすごいですからね。日常的には明らかなものでも(たとえば「アキレスと亀」、アキレスは亀を追い抜けないというやつです)、詭弁の罠にはまるとなかなか論破できない。
ということで、以前のブログにもたびたび書いた「男はつらいよ」からです。

博「もし、仮にあんたに好きな人がいてその人の兄さんがお前は大学出じゃないから妹はやれんといったらあんたはどうする」
寅「なに俺に好きな人がいてその人に兄さんが…バカヤローいるわけがねえじゃねえか、冗談言うなって」
博「いや仮にそうだとしても、俺と同じ気持ちになるはずだと」
寅「冗談言うなよ、俺がお前と同じ気持ちになってたまるか、馬鹿にすんなこの野郎」
博「なぜだ?」
寅「なぜだ、お前頭が悪いな、俺とお前は別の人間だ、早え話が俺が芋を食えば、てめえの尻からプッと屁が出るか?どうだ」
博「…」

僕なら思わず絶句するか、ちょっと感心してしまうか、あるいはクラインの壺のようであればそういうこともあるのではないかと、相手の議論に乗ってまんまと詭弁の罠に落ちてしまうような気がします。
無学者、論に負けずというべきなのか、寅が天才なのかよくわからないほど面白いけど、まあ、言葉尻をとらえるだけ、あるいは話の論点が変わってしまっているのに、世慣れしたインテリの博でも煙に巻かれてしまう。
議論の強さは頭の良し悪しだけではないのだ。だけど押しの一手で勝ってもなあ。
かたや野党の反論も安倍首相と同様に微に入り細に入り過ぎて、かえって本質が見えてこず、ともに自ら詭弁の迷宮に入り込んでいる。

kibenn.jpg

過去の批判が自らに返ってくるというのも詭弁のひとつ相殺法ともいうべきもので、
ママ「〇○ちゃん、宿題すんだ?」
息子「ママ、洗濯すんだ?」
という、なにやら子供のようなやりとりと変わらぬような気がする。
ギャフンと言わせて終わるのではなく、公平の原則を踏まえてそれぞれの落ち度認め、解決としなければなあ。
まあ、国会は詭弁と強弁ばかりで、これで通してもあまりいい結論とはならない。
安倍一強では「泣く子と地頭には勝てぬ」と言われるように、無理が通って道理が引っ込みがちなので、一層の自重が必要でしょう。
これは野崎 昭弘先生の「詭弁論理学」を参照して書いているけど、先生によれば詭弁術に押されない、また気づかずに操ったりしないための心構えを紹介しています。

1 無理やり説得しようとするな
2 時間を惜しむな、打ち切るのを惜しむな
3 結論の吟味を惜しむな
4 わからないことを恥じるな

この本で僕が好きなのは付録の「鏡をめぐっての会話」。鏡見ると左右は逆になるのに上下はなぜ逆にならないのかってやつですね。ずっと左右や鏡に悩まされてきたからなあ。
昭和51年発行の名著です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
学生の頃、読みました。
 何が詭弁かも判らないのが論争現場です。後になって気が付く。

 私は「児童ポルノ」と「反ヘイト」は「共謀罪」と連動して言論封殺に応用されるのではないかと覚悟しています。

 「共謀罪」の恐ろしさは多くの左派系市民が主張するのに、同じ人物が一方で「共謀罪」に反対するのに「反ヘイト」や「児童ポルノ」規制には積極的に賛成する。
 共謀罪反対派は脊髄反射で巧く動かされているように見えてしまう。

 異論者に対しては簡単に「頭悪い」などと吐いてしまうような人々が、「反ヘイト」や「反共謀罪」の側にいる。

 将棋でいえば安倍氏の王手なのかな。
2017/05/23(火) 08:02:06 | URL | 晴雨堂ミカエル #-[ 編集]
詭弁論理学
こんにちは。僕も学生の頃です。
僕は実際の論争現場にはあまり立ち入らないけど、それでも「後になって気が付く」という経験はあります。

> 何が詭弁かも判らないのが論争現場です。後になって気が付く。
> 私は「児童ポルノ」と「反ヘイト」は「共謀罪」と連動して言論封殺に応用されるのではないかと覚悟しています。
> 「共謀罪」の恐ろしさは多くの左派系市民が主張するのに、同じ人物が一方で「共謀罪」に反対するのに「反ヘイト」や「児童ポルノ」規制には積極的に賛成する。
> 共謀罪反対派は脊髄反射で巧く動かされているように見えてしまう。
> 異論者に対しては簡単に「頭悪い」などと吐いてしまうような人々が、「反ヘイト」や「反共謀罪」の側にいる。

僕はそこまで悲観的ではありませんが、共謀罪のような仰々しいものより、むしろ日常に当たり前にあるようなもの、人間の本質に根差すものなどに違和感があり、より危険なような気もします。
人は矛盾を抱えるものだけど、その矛盾にもっと寛容になればもう少し見えてくるものが違うのかもしれません。
2017/05/23(火) 09:19:04 | URL | クプクプ #-[ 編集]
慣れたくないですね。。。
おはようございます。
今日のお話を読ませていただいて、少し安心しました。
どちらを向いても異質なものに対する寛容|許容度が下がってきており、それが権力の中枢から子供達の日常にまで広がっています。
なかなか慣れません、世の中に。
今日、ご紹介の本、日本へ戻ったら探してみます!
2017/05/23(火) 21:12:13 | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
詭弁論理学
こんばんは。

> どちらを向いても異質なものに対する寛容|許容度が下がってきており、それが権力の中枢から子供達の日常にまで広がっています。なかなか慣れません、世の中に。

知らぬ間に慣れている、慣らされている自分に気づくことがあって、あまり振り返るばかりでもいけないけど、時には振り返ってみるのも悪くはない。まあ、ただ風が吹いているだけかもしれませんが。
2017/05/23(火) 22:45:55 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック