FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
『英雄たちの選択』日本刀の妖しい鍔鳴り
BSプレミアム『英雄たちの選択』は歴史の中の英雄たち、時には名もなき英雄も取り上げられ、様々な視点で解釈されて面白いのだが、先日はなんと日本人と刀剣の深い関係を徹底検証する「日本史を斬る!刀剣スペシャル」。
磯田道史の刀剣愛もチャンバラ少年に始まるのだね。
僕もここで何度も書いたように「隠密剣士」を嚆矢として「素浪人月影兵庫」「燃えよ剣」など、あまたの時代劇、忍者もの、アニメの「カムイ伝」なども見まくって、チャンバラ、忍者少年になり、一刀流、陰流、霞流、示現流、二天一流、宝蔵院流、新陰流、柳生新陰流、北辰一刀流などを妄想の中で極め免許皆伝、ついにはわが秘剣「位相微塵斬り」を編み出した。
その名の通り、見えざるものを斬るという秘剣中の秘剣なのだが、見えざるものを斬るので、斬れたかどうか証明出来ないのが利点でもあり、難点なのだが。
そして、剣術だけでなく、剣そのものに対しても興味がわいてくるのはやはり『南総里見八犬伝』。
「抜けば玉散る氷の刃」と来るからね。人を斬れば刀身についた血を洗い流すという妖刀「村雨」なのだ。
鍔鳴りがしてくるようではないか。
さて、「刀剣乱舞」というゲームが人気で実在した名刀の数々が擬人化(イケメン揃い)されていて、プレイする女子は「刀剣男子」を結成・強化していくというものもあって、こんな形で刀剣に脚光の当たる日が来るとは。
実際、女性でも日本刀の鍛鉄の輝きや独特の刃紋の美しさに惹かれ刀鍛冶を目指す人もいて、 さすがに刀鍛冶は腕力が必要で難しいけど、白銀師(日本刀のつかと刀身の間に取り付ける「はばき」を作る)や刀剣商、居合道、殺陣に興味を持ち、学ぶ女性がほんとうに増えてきているという。
人気ランキングは以下のとおりだけど、やっぱり沖田総司、土方歳三、坂本龍馬などの幕末、戦国の織田信長等の愛刀でしょうか。

1位 加州清光(1334)
2位 三日月宗近(943)
3位 山姥切国広(933)
4位 薬研藤四郎(724)
5位 同田貫正国(654)
6位 燭台切光忠(633)
7位 和泉守兼定(536)
8位 陸奥守吉行(533)

DSC_1125.jpg

アニメやゲームはともかく、本物の剣を見てしまうとやはりなおさら惹かれることにもなるらしい。
「大菩薩峠」の主人公 机竜之介のように名刀国広を手にして、「よく斬れそうじゃ」などど不気味につぶやいたりするけど、あまり感性豊かで虚無に囚われやすい人は控えたほうがいいかもしれない。
ここ岐阜の関市も「関の孫六』で有名ですが、あの三島由紀夫が手に入れた名刀というのが、兼定と並ぶ名工関の孫六 兼元。
まさに鍔鳴りがしたか…とすこし思ってしまうのは、実はなんらかの目的のために手に入れたわけでなく、手に入れてしまったがゆえに行為そのものが目的化したというような気もするのだ。
「大菩薩峠」をはじめとして時代小説のよくテーマともなるものですが。
さらに日本刀が魅了するのはあやかしばかりではなく、実は超ハイテクの優れものだったからかもしれない。
一般に金属は硬いほどもろく、柔らかいほど衝撃に強く、両立させるには金属を形作る結晶の制御が必要でより小さく、そして針状にして同じ方向に並べると硬くしなやかになるという。
物質・材料研究機構は超鉄鋼(従来の5倍の衝撃に耐えられる鉄鋼)を開発したが、どうやら日本刀にはそれら超鉄鋼やさまざまな先端技術が人間の手で実現されていたらしいのだ。
やはり圧倒的な技術や波紋の美しさなどがあやかしを覚えさせるのかもしれないですね。
以前『トリビアの泉』で「日本刀VSピストル」というのをやっていて(日本刀をほぼ垂直に固定しておき、その刀身の中央部に向かって水平に固定したピストルから弾を発射する)、日本刀とピストル、さてどっちが強いかというわけだけど、日本刀の圧勝だった。
銃弾は真っ二つに割れ、日本刀は刃こぼれひとつしなかった。
NHKではちょうど「鳴門秘帖」という伝奇物をやっているけど、やっぱり僕は田村正和かな。

画像は岐阜関鍛治伝承館で開催されたエヴァンゲリヲンと日本刀展のチラシ。
やはり先端を行くものと日本刀は合うんだよ。
スポンサーサイト

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック