理系・文系を重ねて見る光景は
薬師丸ひろ子が薬師丸博子だった頃
筒井康隆の鳴門元号サイン本に続くお宝シリーズです!?
まあ、僕個人の思い入れだけなんですけどね。
いや、僕もマンガやアニメからアイドル、映画、ドラマ、切手、雑学など、たいていのオタクだったと自負!?するのだけど、なかでもアイドル女優・歌手ファンとしては内藤洋子に始まり(少し遡って芦川いずみってのもある)、吉沢京子、富田靖子、斉藤由貴、浅田美代子、原田知世、石田ひかりなどと続き、今もなお綾瀬はるか、堀北真希、吉高由里子とキリがなかったりするなあ。
それでも誰か一人というなら、やはり薬師丸ひろ子に止めをさす。
映画やドラマはほとんど見たし、まあ、同時代として動き、集めやすかったということもあるけど。
といっても岐阜を出ることはなかったから限界もあったはずだけど、それでも映画ポスターなどずいぶん収集した。
角川の映画雑誌「バラエティ」も買っていたし、「セーラー服と機関銃」の公開時の一度きりの「オールナイト・ニッポン」も録音したからなあ。
なかでも、いちばんのお宝映画ポスターがこちら。
薬師丸ひろ子のデビュー作「野性の証明」の先行告知ポスターですが、わかりますか?

hiroko.jpg

ほら、アップでよく見てください。
薬師丸博子とあるでしょう。
そう、まだ芸名も決まっていなかった頃の超先行映画告知ポスターなのだ。
この大人びた表情にやられてしまったのだった。

hiroko2.jpg

追記
今ちょうどBSプレミアム「カバーズ」薬師丸ひろ子を見終わったところです。
デビューの頃は人見知りで挑戦的な写真ばかりと言っていたけど、このポスターもまさにそんな頃。
しかし、高倉健、相米慎二、松田優作、松任谷由美、松本隆、大滝詠一、井上陽水、宮藤官九郎、木皿泉など大物に愛されているなあ。
ゲストに石橋蓮司が出てきたのにはちょっとびっくり。あの石橋蓮司も薬師丸ひろ子の透明感あふれる声に癒されるか。
まあ、強面で気難しそうな印象もある蓮司さんだけど、映画「四十九日のレシピ」(地元岐阜でのロケ作品・タナダユキ監督作品)の岐阜での試写会ではタナダユキ監督と石橋蓮司さんがゲストで、舞台挨拶もあり、試写が終わって会場ロビーで来場者に握手までしてくれたのだった。
スポンサーサイト

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
「翔んだカップル」を見に行ったのを思い出します
殆ど邦画を見なくなってたのに、
これをわざわざ見に行った理由が今は忘れてますが、
薬師丸ひろ子が可愛かったのと、けっこう笑えて
いい映画だったと思った事を覚えています。
2017/09/12(火) 17:02:24 | URL | carmenc #-[ 編集]
翔んだカップル
「翔んだカップル」は薬師丸ひろ子の初主演作(「野性の証明」はデビュー作)で、後の「セーラー服と機関銃」でもタッグを組む相米慎二監督のデビュー作でもあるので、従来のマンガ原作・アイドル映画のイメージとは少し違った良作です。
最近はドラマ出演も多い薬師丸さんですが、僕にとってはアイドルで最後の映画女優。

2017/09/12(火) 18:31:46 | URL | クプクプ #-[ 編集]
相米慎二監督はウマいなあとその時思ったんですけど、
たしか石原真理子も出てましたね
相米さん、早過ぎますね
まだ見てはないのですが、「お引越し」が面白そうでした
2017/09/13(水) 01:07:41 | URL | carmenc #-[ 編集]
相米慎二監督
相米慎二監督は薬師丸ひろ子のほかにも斉藤由貴「雪の断章 情熱」などもあって、アイドル好きというか、アイドルを女優にしました。僕は「台風クラブ」が好きですが、「お引越し」はまだ見ていないなあ。
遺作となった「風花」も小泉今日子で、アイドル全盛の今こそ、また見たかったような。
2017/09/13(水) 06:46:42 | URL | クプクプ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック