FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
人間とは何か 「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」
名古屋市で知人女性を殺害し、仙台市で高校の同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませて殺害しようとしたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた名古屋大の元女子学生(21)の裁判員裁判の公判が怖ろしく、また長崎県佐世保市の県立高校1年生の女子がやはり同級生の女子に殺害された事件。遺体は損壊され、そばには刃物や工具が残されていた。
あるいは 三重県伊勢市で起きた殺害を頼まれたという同級生殺人…。

こんな事件が下敷きにあるのだろう。「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」のスピンオフ「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」が怖ろしい。かつては人智を越える怪奇な事件は悪霊や怪物などといった、まさに人でないものの仕業だったのだが、今やそんな怪奇な事件も人として起こり、ドラマや映画に描かれるようになった。
もはやファンタジーの世界ではないのだ。
外部に押し出していた人の狂気を現代は人の内在に見つけ出し、暴いてしまったのだろうか。
いずれも怖るべき事件で被害者の無念はいかほどか知るべくもないけれど、一方で加害者の動機・心の闇の徹底解明とか、命の教育が生かされなかったとか百家争鳴で、さまざまな過去の事件・経歴が列挙され解析が進むのだろう。
でも、たとえば今の医学が限りなく細部に入り、要因を特定してまた新薬を投与されるほど、実は精神医療を中心に患者は減るどころか増える一方で快気に至らないように、これは処方ではなく人間の根源というか本質というべき問題なような気もする。
戦争が典型で、あの非日常はおそらくいつもの人のままではいられない。
また穏やかな日常にあっても「魅入られたようなあの日、あの時」がいつやってくるとも限らない。量的・質的な差はあっても人間の可能性としてはあり得るのだ。でも、たとえそんな一瞬があってもそのほとんどは気づかぬままにやりすごすだろうし、表層に顔を出すことがあっても、なお、あのときの1本の電話、あのときの1時間の電車の遅れ、あのときのラジオからの声、あのときの虹、ささやかなことで多くの人が大なり小なり、うまくやり過ごし日常に戻るのだ。
僕だって小学生のとき岩山で遊んで転がり落ちたときは死んでもおかしくなかったし、大学でデモに誘われたとき行っていれば闘争に巻き込まれるほどに入り込んでいたかもしれないし、怪しげなカルトの勧誘に引っかかっていればどうなっていたかわからない。日常には非日常の扉がそこかしこに潜んでいる。

toudouhinako.jpg

ほんの些細な折々においても全く別の人生があったかもしれず、でもそれはそれぞれに間違いなく僕なのだ。
僕の学生時代に流行ったものにゲシュタルト心理学があり、全体は部分の総和以上のものである…というものがあるけど、個人が組織・国家とかに囚われたときのパワーは良し悪しはともかく総和はやはり部分を越えるのかもしれない。
だから正義・宗教の名のもとに戦争が正当化される。
人間も実は同じで単なる細胞分子の塊ではなく、それらの総和となりえて人間たりえているのであれば、因子のひとつひとつを探ってもさほど意味がないのかもしれない。
繰り返しの鳴るけど、文豪トーマス・マンはルーブル美術館を訪れ絢爛たる巨匠達の作品を眺め、かくのごとく記した。
「人間は罪を犯してきた。獣のようにふるまってきた。しかもその間に絶えずこういうものを生産し続けてきたのだ。この場合、これらのものの、根源をなす人間の神的な部分と獣的な部分を区別するのは誤りではないだろうか。確かにこの両者は人間の全体よりほとばしり出るのだ」。
人間とはなにかを問いかける問題なのだと思う。

それにしても波瑠って、「BORDER」 、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」といい、あるいは「おそろし〜三島屋変調百物語」など、境界を彷徨う役柄が多いんだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック