理系・文系を重ねて見る光景は
「赤い影法師」に垣間見る非日常に思うお正月
以前は年末年始にもなるとテレビでも大作の映画が放送されたりもしたけど、最近はそういう特別感も少なくなってしまった。
まあ、いちおう黒澤明映画特集はNHKプレミアムであったり、「ひみつのアッコちゃん」などもありましたけどね。
もう映画自体がお正月映画「男はつらいよ」みたいなものがなくなってしまっている。
古来あったお正月などの「ハレ」たる非日常性が365日の1日に過ぎぬように、また魔物たちも徘徊するような闇、深夜もコンビニなどの24時間営業化で照らされるように、よく悪くも非日常が知らぬ間に追いやられた感がありますね。
クリスマスやハロウィン、バレンタインデーのような日もあるけど、ずいぶん商業的で、本来の儀礼的な意味は失われている。
むしろ、今は日常の中に紛れ、ときおり、ひょっこりと歓喜をもって現れたり、怪物のような悪意で震撼させたりする。
それはともかく。
先日はたまたま映画「赤い影法師」(柴田錬三郎原作 出演 大川橋蔵 木暮実千代 近衛十四郎)を見たのだけど、やっぱり忍法ものはいいなあ。
しかし、やはりあの時代の映画は言葉も映像もどきりとします。
木暮実千代の腕には秘密が隠された刺青があるのだが、そのおり腋毛も見えてどきり。
あの時代の日常性の中のドキリというか、あの時代を切り取って思う昭和のどきりというか。
それぞれの時代の日常性はかくも違うように、また非日常もさらに大きく違うのかもしれない。
かくして、年末年始の非日常性気分を「赤い影法師」で味わったのでありました。

momotomo.jpg

最近はデパートもコンビニも変わりなく営業しているし、田んぼで凧揚げを子供もあまり見ないし、羽根つき、コマ回し、福笑い、双六、花札、ツイスターゲームもなく、また染之助・染太郎もなく、オールスターかくし芸大会もない。
連獅子なんか必ずあったのになあ。
昭和の正月の風景はすっかりなくなってしまって、せいぜい初詣風景と箱根駅伝くらいで、晴れ着もあまり見かけなくなった。
画像は東宝1979年ポストカードより。
これもまた昭和70年代の伝統的お正月風景の艶やかさ。
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック