FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
日本の音、たとえば「雨音はショパンの調べ」
虫の声など日本人には風情を感じるものでも、外国人にとっては雑音としか聞こえないということもあるらしいですね。
風鈴の涼やかな音も、水琴窟などは思いもよらないのかもしれない。
美しい四季や自然に恵まれた環境は独自の感性を生み、磨かれ文化ともなった。もっとも豊かな自然は災害とも紙一重で、戦いながらもまた自然と共生、寄り添うものともなった。
山の色に、虫や鳥の声に季節の移ろいを感じ、自然とともに生きる自分を思い、生み出される感性の昇華ともいうべきかもしれないなあ。日本の音。
「雨音はショパンの調べ」なんて日本人しか思いつかないような気もするけど、どうなんだだろう。
まあ、外国にも「シェルブールの雨傘」とか「雨に歌えば」「悲しき雨音」などあるけど。
先日は「崖っぷちホテル」を見ていたら、雨で花火大会が中止を余儀されつつある中で、代用に雨空にカラフルな傘を目一杯並べ立てて、花火の美しさと花火の音を再現したけど、あれで喜ぶのは日本人くらい!?
でもトトロのように傘に落ちる雨音が楽しいってことはある。

ところで、少し発想は飛ぶけど(飛びすぎかもしれない)、この日本人の特有の美しい感性で平和憲法も裏打ちされるようなところはないだろうか。
いくら美しい音色と愛でていても、場所によっては鈴虫も松虫もいとも簡単に踏み潰され、風鈴も壊され打ち捨てられるのかもしれないと同様に、平和憲法も日本人のみに美しく読み継がれるものだとしたら…。
憲法は法律の基本だから情緒に流れるものではないけど、平和憲法という呼び名がすでに思いが込められているからなあ。
もちろん理解する人もあれば分からない人もあって、感性ばかりは人それぞれで分からない。
血で血を洗うような過酷な環境、飢餓など想像もつかない世界もあるのだ。
世界とは、宇宙とはそういう場所でもあるのだろう。
僕は日本の音の感性が大好きで、世界中がそうなればいいのにと願うけど。

nihonnooto.jpg

まあ、これは日本独自の感性なので左右関係なく誰でも、例えば安倍首相なども自分に合うような気着心地の良い音ばかり聴いていると、他の音が聞こえなかったり、雑音のように思えたり、あるいは存外、ショパンの調べのようにも変換されて聞こえているのかもしれない。
今日のBGMはカスケーズ「悲しき雨音」です。

日本の音 コロナ・ブックス161

雨、風、雷、波、虫の音などの自然の音から日常生活の音、節分や祭などの年中行事まで、日本独特の繊細な感性が生みだした音の表現。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック