理系・文系を重ねて見る光景は
「感動するほど無理!」だけど惹かれる
誰でもそうだと思うけど、ちょっと無理なものに憧れますね。
まあ、少年時代の女の子なんかが典型で深窓の令嬢とか、余命幾ばくもない美少女とか、あるいは真逆のスケバンとか。
まあ、ちょっと無理どころか、なんだって無理だったような気がしますが。
本でも中学生の時のドストエフスキー「罪と罰」の挫折に始まって、懲りればいいものを相変わらず無理そうなものを読もうとした。ちょっとエッチらしいと聞き及えば、ヘンリー・ミラー、ノーマン・メイラーを数冊買ったけど、やっぱりだめだった。
映画が好きだったので、洋画の原作もちょこちょこ買っていたけど、あまり、馴染めなかった。
映画の原作でどきどきしたのはテリィー・サザーンの「キャンディ」くらいだなあ。
あるいはシモーヌ・ヴェイユ。その哲学もよく知らないまま、学生の頃少しあこがれた。
マルクスだって僕たちにとってはファッションのようなものだったし、それならばヴェイユのほうが僕にはなにかずっと鮮烈な美しさを放っていたのだ。しかし、ヴェイユみたいなそこかしこに天才のいるの家庭ってどうなんだろうなあ。
ウィトゲンシュタインの一族もそうで想像がつきませんね。
ウィトゲンシュタインはたしか、山田正紀の小説で知ったのだと思うけど、やはりよくわからぬままにわくわくした。
歌舞伎や能などもそうでたまにテレビで舞台中継があるととりあえず見ようとし、辛抱して見続けたりもした。

bunnko1.jpg

でもまあ、こういう入口から入れる場合もあるのだ。
スッと入れるものもあれば、入れることは入れてもその道筋はきわめて難解だったり、興味が続かなかったりもして厳しく、やはり遠のいたりする。
ハイデガーなどもそうで、これは筒井康隆と笠井潔。
小松左京や荒巻義雄のハードSF、不条理SFなどからもずいぶん刺激を受けて、原典のほうも少し覗いてみるのだが、ほぼ挫折。
でも、あまりの分からなさ加減に感動してしまい、そして欲しくなるということもあるからなあ。

bunnko2.jpg

今は映画もそうだけど、すっかり気軽に見られるエンタテインメント。面倒な、難解なものは億劫になってしまった。
若かったなあ、あのころは。でも見直していると少し気力が戻るかも。
藤沢周平、宮部みゆき、有川浩、高田郁、誉田哲也…など、いや、もともとミステリーや青春小説が好きなんですけどね。

bunnko3.jpg

整理中なのでたまに読み返しているけど、それにしても雑見・雑読だったなあ。
まあ、憧れた植草甚一の足元にも届かないんだけど。
スポンサーサイト

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
高校時代、同じく罪と罰に挫折しました。
途中同時進行で他のも読みながらですが、何ヶ月も持ち歩きました。
次の年なのかどうか忘れましたが、またもう一度tryしたのは覚えてますが、
ラストまで行ったかどうか不確かで、多分二度目も挫折です。
2017/11/15(水) 02:02:13 | URL | carmenc #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック