理系・文系を重ねて見る光景は
安全保障の夢 マイティジャックふたたび
円谷プロがはじめて大人向きに挑んだSF特撮作品「マイティジャック」。
今は大人もアニメやSF、ファンタジーも違和感なく見る時代だけど、すこし時代が早かったのかもしれない。
でも早かったからこそ、CGでもないアナログな伝統芸なまでの日本特撮の粋を大人の作品で見られるのだからね。
今やアニメも特撮もすっかりCGとなってしまい、セルアニメや特撮の技術は失われつつある。
そうした技術伝承は様々にあって、時代劇などでも制作され続けなければ失われてしまうものがあり、二度と取り戻せないということもあるから、細々でもいいから続けてもらいたいものです。
映画「シンゴジラ」ではCGと合わせて、かつての特撮の技法もあえて使われていたけど、まあ、これらも日本特撮に思い入れのある庵野監督や樋口監督がいればこそで技術伝承の見通しは暗い。

img62245083.jpg

さて「シンゴジラ」で話題となったのは自衛隊の防衛出動へのシュミレーション。
大真面目で石破元防衛大臣も語っていたから、やはり、アニメで学ぶ国なのだなあ。子供も大人も?
思えば、戦後の日本の防衛論がいささか現実離れ、甘くなりがちなのは日本国憲法や長く平和が続いたこともあるけど、「サンダーバード」「科学特捜隊」「マイティジャック」「ゴジラ」など、戦う相手が災害・宇宙人・怪獣・秘密結社だったりしたからでしょうかね。
まあ、「サンダーバード」は外国作品だけど、子供の頃はこぞって見たのだ。
だとすれば、日本SF、特撮はある意味、ほんとうに理想世界での戦いを描いてきたのだろう。
まあ、だから悪いことではないけど、いやだから、世界中の人に見てもらい共通認識(地球は一つ)しないと、安全保障の議論のベースが合いませんって!?
といっても2000年も戦いの歴史が続くパレスチナなど、紛争地帯に生きる人々にとっては夢の夢なのだろうけれど、オリンピックやサッカーなどスポーツのような夢が必要なように、日本の伝統アニメや特撮もまた世界の夢ということで。
また作らないかなあ、「マイティジャック」。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック