FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
女の子は誰でもプリンセスなのよ 幸せは測れない
[バチカン市 14日 ロイター] - 国連は14日、最新の「世界幸福度報告書2018」を発表、幸福度ランキングの第1位はフィンランド、最下位はブルンジだった。日本は54位で、昨年の51位から後退した。
米国は昨年の14位から18位に順位を下げ、豊かになっているにもかかわらず幸福度が低下していることが分かった。
同報告書は、国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」がまとめたもので、156カ国を対象に、1人当たり国内総生産(GDP)、社会支援、健康余命、社会の自由度と寛大さ、汚職の頻度などについて分析。フィンランド人は暗く厳しい冬をものともせず、自然、安全、児童の保育、良い学校へのアクセスの良さと、ヘルスケアが無料であることなどを自国で最も良い点として挙げた。

以前にも菅元首相が「最小不幸社会」の実現というのを掲げたけどけっこう違和感があった。
国家そのものは現実だけど、また人の幸不幸は社会現象としても現れるけど、人の内実でもあって指数として捉えるのはどうなのでしょう。
それでも捉えようとすれば、いつかどこかいびつになり、知らず知らず社会を歪めていくものにもなりかねないと思うなあ。
繰り返しになるけど、「健全な常識に立ち明快な作品を書きつづけた功績」が評価されて菊池寛賞を受けた石坂洋次郎(「青い山脈」「若い人」などの流行作家で、当時よく映画化・ドラマ化もされた)は、その受賞パーティで「私は私の作品が健全で常識的であるという理由で、今回の受賞に与ったのであるが、見た目に美しいバラの花も暗いじめじめした地中に根を匍わせているように、私の作品の地盤も案外陰湿なところにありそうだ、ということである。きれいな乾いたサラサラした砂地ではどんな花も育たない」と語っている。
もちろん、怒っているのであり、サラサラした砂地に咲くのは造花くらいで、そんな形ばかりを見ていていいのかと。
文学という表現においても都合よく見間違うのだ。
社会全般であればもちろん、ひとりひとりのなかにも様々な思いが秘められ、指数として形容できないものも多いのだろう。

se-raanime.jpg

もちろん、計数化できる幸不幸もあるのだろうけれど、国家観・哲学の下に指標は置かれるべきでしょう。
人の内実にある「美」「善」「悪」などもほどほどには目安がいるけど、すべてを指数化したように世界幸福度というのはなあ。
他にもときどき、あるでしょう。「エヴァンゲリオン」の経済効果は1500億円とか。
あれもどうも怪しく、本質ではなく、指標ばかりに目が行ってしまってどうする。
「測れるものは必ず管理される」らしいけど、「測れない」ものまで管理されてはねえ。
「女の子は誰でもプリンセスなのよ」(ドラマ「小公女セイラ」より。
なんていうのは、誰にも測れないでしょう。
もっともこの言葉は原作にないらしいけど、やはり少女小説で人気を博した氷室冴子は「女の子がただいるだけで祝福される存在」と考えていたという、「なんて素敵にジャパネスク」。
日本には指数で測れぬ幸福であふれている。まあ、不幸もだけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック