理系・文系を重ねて見る光景は
「やすらぎの郷」の「空は限りなく」、もしくは「キャプテンウルトラ」
すこし前の「やすらぎの郷」で糸川博士(日本ロケットの父、ペンシルロケットの開発者)のテレビ黎明期のホームドラマのエピソードがあって面白かったですね。
その菊村先生(石坂浩二)と九条さん(八千草薫)との会話から。

生放送の頃の…。あれはなんて言ったかしら?麹町のスタジオで…ほら…ほら…初めて日本のロケットが飛ばされた…。
あっ糸川博士ですね。
そう。その一家の方のホームドラマ。 「空は限りなく」。
それです。
ええとなんて言ったかしら?ラストのシーンで…ロケットが空に上がっていくところ。
ああ!一家が空を見上げてみんなで泣くところ。
その時…。あのシーンで…あの方なんて言ったかしら?ほら…音響の…音響の…。すぐトチる…。
ハハハハハ。トチ坊ですよ。
そうトチ坊さん。
フフフ…。覚えてますよ。
あの時大トチりをして…。
あれからトチ坊トチ坊って呼ばれるようになったんです。
生放送でロケット打ち上げるところはフィルム差し込んで音はサブコンからディスクで出すって…。
ディスクってレコードですよね。
そのディスク、トチ坊が間違えちゃってロケットの音を出さなきゃいけないのにセミの声出しちゃった。
ハハハハ…。
オーシンツクツクオーシンツクツク。
本当にね…。最後のロケットがこう上がっていく感動的なラストなのにそのロケットが…。
オーシンツクツクオーシンツクツク。
姫の一家がもう…見上げて吹き出しそうなのをこらえて泣いてた。
オーシンツクツク…。オーシン…ツクツク…。
よかったですよね、あの頃のテレビは。

さすがは倉本聰。夢と現が交錯するなかで語られるエピソード。上手いなあ。
さて、こちらは僕の虚実ないまぜの妄想エピソード。

sw1.jpg

あれはなんて言ったかしら?東映のスタジオで…特撮ドラマが始まったばかりの頃の。
あっ、小林稔侍が変な宇宙人の格好で出てくる…
そう。円谷プロの「ウルトラマン」に対抗するように作られた…
「キャプテンウルトラ」ですね。
それです。
ええとなんて言ったかしら?みんなが乗り込む宇宙船。
ああ!宇宙船シュピーゲル号。
あのシュピーゲル号の発射音…
ハハハハハ。あれですね。
そう、あれ。
フフフ…。覚えてますよ。
あの大迫力の発射音がどうにも見つからなくて。
トイレの水洗の流す音を使ったんです。まだ、紐を引っ張るような水洗トイレ。
いい音でしたわね…。
誰も気づかなかった、まさに発射音でした。
シュゴー、ゴボー、ゴボシュアー…
ハハハハ…。
本当にね…。あのシュピーゲル号の発射音がまさか…。
シュゴー、ゴボー、ゴボシュアー…
わたし、発射音聞くたびにおかしくて吹き出しそうなのをこらえて泣いてた。
僕はトイレでシュピーゲル シュピーゲル シュピーゲル スリー トゥ ワン ゼロと歌って、エイッと水を流したものです。
シュゴー、ゴボー、ゴボシュアー…
よかったですよね、あの頃のテレビは。

ははは、久しぶりのパロディでした。
画像は「スターウルフ」。糸川 英夫博士が監修した。
スポンサーサイト

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ