理系・文系を重ねて見る光景は
ラジカセ人気はいわば嗜みのある自己表出
音楽をデータで聴く時代になって久しい。CDの売上げは右肩下がりの一方で、2015年にはApple Musicなどの音楽を定額ストリーミングで聴き放題になるサービスが開始した。音楽の脱・モノ化が進む一方で、近年、カセットテープの人気が高まっているという。支持しているのはカセットテープに触れたことのない20代の音楽好きの若者達。レコードショップでの企画展も開催され、2015年夏にはカセットテープ専門店もオープンしたほどだ。時代と逆行するようなこの人気、一体何が魅力なのだろうか。(NIKKEI STAYLE)

これも昭和的なものの復活、人気の一環なのだろうか。
たしかに昔はラジカセでラジオ番組や流れる曲をカセットに熱心に録音した。AMなどはノイズが混じるし、完璧に録音を成し遂げたと思ったら、飛行機の騒音で台無しなることもしばしば。なにしろ、家は航空自衛隊岐阜基地の近くだったのだ。
録音が終わればカセットのインデックスシートに曲名や番組名を書き、雑誌の付録のインデックスカードや切り取ったアイドルなどでカセットケースを作ったりした。
ある意味、ものすごい個性・趣味性の露出であり、気恥ずかしいのだが、まあ、自分の部屋に仕舞っておいて、ときどき取り出して聞くものだからね。
そういう面倒くさい行程を経ること、ささやかであってもそういう自己の肯定・否定の煩悶を繰り返しながら、ようやく自己を再認識するところもあったかもしれないなあ。いわば、嗜みのある自己表出なのだ!?
いまの便利すぎる時代は時間や空間を大いに拡大したけど、その分、そうした内省する時間が奪われているのかもしれない。
考えるまでもなく教えてくれたり、考える間もなく、呟いたり…。
このブログもけっこう時事の話題も多いのだけど、必ずしもタイムリーでないのは、そこそこ寝かしておくことも多いからなあ。
でもやっぱり、人ってかっこよくても悪くても面倒くさいものだと思う。
というわけで、これも公開してしまおう。
脱・モノ化なんてなかった時代は過去の恥ずかしい自分をこんなに強く再認識させてくれます!?

P4220078.jpg


当時としては高性能、高機能でスタイリッシュなデザインだったソニーのラジカセ。

saitouy.jpg

斉藤由貴のEPレコード。

平気 涙の乾いた跡には 夢への扉があるの 悩んでちゃいけない
そうよ 優しく友だち迎えるように微笑うわ きっと 約束よ

不意に 悲しみはやってくるけど 仲良くなって見せるわ だって 約束よ

ci.jpg

アイドルの数々。録音内容は様々だけど、ジャケットは雑誌付録のアイドルなどのインデックスカードや切り抜きを利用した。
音の収録、雑誌の購入、写真の選択・切り抜き、曲名の書入れ…すべて手作業が染みついている。
さして、変わらないともいえるけど、手間暇がかかったなあ。
ちなみに上左から岡田奈々、榊原郁恵、浅田美代子、南沙織、山口百恵
下左から大場久美子、石野真子、みゆき、桜田淳子、キャンディーズ

うーむ、これって嗜み、あるんだろうか?
ね、面倒くさいでしょう!?
スポンサーサイト

テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽