理系・文系を重ねて見る光景は
フランケンシュタインの恋ときのこ
大の幻獣好きです。
ボルヘスの幻獣辞典を学生の頃、買ったくらいですからね。
今のようにファンタジーノベルや映画が大ヒットする時代ではなかったから、小難しそうなラテンアメリカ文学作家のものを買うしかなかった?のだが、こんな偶然からも新たな興味が広がるのだ。
実際、怖いものは大嫌いだけど、知れば見ないではいられないのが人間の本質。
誘惑されなくてもリンゴだって、きのこ(マタンゴ)だって食べてしまうのが人間。
ただ食すのではなく、誘惑だの空腹だの言い訳・葛藤をしながらも甘く自堕落な腐臭に酔ってしまうのだ。
かくて、神は人に堕ち、人は獣に堕ちる。
でも獣は神の化身ですからね。永遠のループ。

私は聞いたことがある 月夜にきのこたちが歌うのを
見た事がある 一本足でゆらゆら踊るのを
きのこの胞子は夢の砂 私に美しい幻を見せてくれる  『きのこ 森の妖精』(藤沢寿&谷川俊太郎)

gennjyuu.jpg

新しく始まった日テレ「フランケンシュタインの恋」。復活の秘密にきのこを持ってきましたか。
あの生命力、植物のような動物でもない不可思議さ、美しくも妖しい形容、肌触り…。
映画「マタンゴ」の水野久美には子供ながらにゾクゾクしたものなあ。
フランケンシュタインをモチーフにした大森寿美男のオリジナル脚本。やはり同枠で放送された大森寿美男の名作「悪夢ちゃん」を思い出してしまった。
この大森寿美男「TAROの塔」「64(ロクヨン)」などのリアルなものから、「悪夢ちゃん」「精霊の守り人」のようなファンタジーまで、いずれも人間の奥底を見つめるような視線がいいですね。
それにしてもフランケンシュタインときのことは天才的なひらめきというか組み合わせのような気がする。
雷の静電気でやはり覚醒するし。
僕のサボテンに静電気を当てて女の子の意識を持つサボテンを作り出すってのもそう悪くないアイデアだったかも。
サボテンの棘はアンテナでもあり、避雷針のようでもあるようだしなあ。
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ