理系・文系を重ねて見る光景は
かぐや姫の物語
かぐや姫の物語』が、第87回アカデミー賞長編アニメーション映画部門へノミネート。
アカデミー賞授賞式は、2月23日午前(現地時間:2月22日)に開催。
昨年の米アカデミー賞長編アニメーション部門は、『アナと雪の女王』で、宮崎駿監督の『風立ちぬ』の受賞はならなかったけど、そして今年も『ベイマックス』という強敵もありますが、宮崎監督の雪辱はなるか。
興行的にはいつものごとく厳しかったけど、きわめて日本的な技法にこだわった美しさなのでむしろこちらのほうが有力なのかも。
運用は終了してしまったけれど、月周回衛星「かぐや」も見守っているぞ。

VWDZ000008208j.jpg

2014/12/3発売
【BD】かぐや姫の物語(Blu-ray Disc)  【DVD】かぐや姫の物語

竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。本作『かぐや姫の物語』は、誰もが知る“かぐや姫”の筋書きはそのままに、誰も知ることのなかったその「心」を描くことで、日本最古の物語に隠された人間・かぐや姫の真実が描き出されました。
スポンサーサイト

テーマ:ジブリ - ジャンル:映画

阪神・淡路大震災から20年 地震列島
6434人が亡くなり、3人が行方不明となった阪神・淡路大震災の発生から20年。
まだ行方不明者がいるのだね。
その後もまた東日本大震災と巨大地震が続き、御岳、阿蘇、桜島、西ノ島など火山の鳴動も止まらない。
日本列島が活動期に入った可能性は強い。
避けえないものとして各被災地の経験と教訓をいかに次代につなげるかが重要なのだろう。

papermoon_t20130219002.jpg

日本沈没」や「地震列島」などもリアルになってしまうと制作しにくくなってしまうけど、次代につなげるためにもこういうことも必要なのではないだろうか。
テレビドラマに「鹿男あおによし」という名作があるのだが、再放送がないのはやはりテーマの一つ「地震・噴火」のせいなのだろうか。
だからこそのどこにもないかけがえのない美しい風土、文化もあるのだということを伝えるためにも。
高気圧ガールならぬ冬型少年
今冬は暖冬予想が出ていたのだけど、予想外に寒くなり積雪も多い。
印象に過ぎないのだけど、厳冬といってもおそらく僕の子ども時代ほどではない。
僕の子どもの頃でも雪の少ない冬はあったし、さまざまなのだが、冬型が緩むのも早くなった気がするなあ。
また今年の冬型が爆弾低気圧のように異常発達してのいわば寒気引き込み型の冬型なのに対し、以前はもっと大陸からの優勢な高気圧が張り出すようなタイプの冬型が多かったような気がします。
そして寒気が次から次へと放出され、冬型も長続きした。

papermoon_etrs-0646.jpg

雪が大好きだった僕はよく理想の冬型を夢想して、シベリアバイカル湖付近には1080ミリバールほどの高気圧、オホーツク沖には980ミリバールほどに発達した寒冷前線を伴う低気圧をおいた天気図を書いた、100ミリバールの気圧差ですからね(この頃はまだヘクトパスカルは使われていない)。
等圧線の縦じま模様からして強烈な冬型、そしてシベリアからは上空5000メートルで氷点下50度を越える超一級の寒気団が続々と送り込まれるのだ。
いや、北日本、日本海側の方には申し訳ないけど、雪好きの子どもの夢ですよ。
もうここ岐阜市でも氷点下5度を越えるようなことは稀になった。
子どもの頃には子どもが乗っても割れないほどの氷が張ったのになあ。
水道管の破裂ということもさっぱり聞かなくなった。
中谷宇吉郎先生の「雪は空からの手紙である」といったけど、雪からは様々なことが読み取れるのだ。
科学はロマンチックでもある。

アニメで雪が美しいのは「雪の女王」(アナ雪じゃないよ、出崎作品)と「秒速5センチメートル」。
「秒速5センチメートル」では山崎まさよしの『One more time, One more chance』という切ない歌が(ただ生活をしているだけで、哀しみはそこここにつもる。陽に乾したシーツにも、洗面所の歯ブラシにも、ケータイ電話の履歴にも)と、ただ美しい雪の風景に流れ、雪は悲しみは降り積もるのです。

画像は映画「雪物語」、さっぱり知らないのだけど、あのハーレクインロマンものらしいです。
「マツコ&有吉の怒り新党 新・3大◯◯調査会」の勝新太郎
すこし前「マツコ&有吉の怒り新党 新・3大◯◯調査会」は「記者会見での勝新劇場」で、たしか同コーナーでは以前にも勝新太郎監督・主演の刑事ドラマ「警視-K」の破天荒ぶりもやっていたから2度目ですね。
まあ、これだけ破天荒なエピソードは昭和のスターでもそうあるもはずもないけど、現代の自由を謳歌するようで実は知らぬ間に全て把握され管理されるような時代では出て来ようもない。
むしろ、どうでもいいようなことがビッグニュースのようになったり、正邪、あるいは事の大小が逆転したりする。

zatouiti.jpg

たとえがどうかなと思いますが、座頭市のようにかえって明確な制約のあったほうが実は自由ということもあるのかもしれない。
市っあんが仕込み杖で斬って斬って斬りまくったように。
よく真似をしたなあ、眼をつぶっての自己陶酔型の真似。
一方、見えざるもの斬るのが、これまた自己陶酔型の秘剣「位相微塵斬り」。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

菊池桃子の「アイドルを探せ!」
『鶴瓶の家族に乾杯』に菊池桃子さんが登場した。
けっこう苦労されたはずと思うけど、アイドル時代と同様に穏やかで可愛い人ですね。
まあ、デビュー映画「パンツの穴」、ロックバンド「ラ・ムー」のボーカルなど、アイドル時代もけっこう苦労したかも。

41154195.jpg

さて、香川県坂出市を旅の舞台に選んだのはうどん県の秘密に迫るため。
さすがは戸板女子短期大学の客員教授です!?分野はまるでちがうけど。
もともと考古学者になるのが夢だったらしく、なるほど、なるほど。
長いゆっくりしたスパンで物事を見たり考えたりする感じですものね、ぴったりかも。
僕も化石やら矢じり、果てはオーパーツ探しもやったなあ。
結局、今もやってるのは「アイドルを探せ!」なのかもしれない。
テラ戦士Ψ BOY』というの不思議なものもあった。
訃報 大塚周夫さん
大塚周夫さん85歳(おおつか・ちかお=声優、俳優)15日、虚血性心不全のため死去。
米俳優の故チャールズ・ブロンソンの映画日本語吹き替えや、アニメの「ゲゲゲの鬼太郎」ねずみ男、「美味(おい)しんぼ」海原雄山などの声を担当。俳優としても映画やNHK大河ドラマなどで活躍した。(毎日新聞)

昔の声優さんは映画の吹き替えから始まることも多く、映画で大塚周夫さんを知った。
たしかに大塚さんはチャールズ・ブロンソンで、あの無骨なブロンソンがとりわけ日本で人気を博したのは、大塚周夫のシブい吹き替えのおかげもあるのではないだろうか。
かつてのスクリーンの名優も声で支えた声優もどんどん亡くなってしまうなあ。

58771832.jpg

画像は映画「ストリートファイター」。
チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーンのふたりの個性派がかっこいい。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

高倉健追悼上映 「君よ憤怒の河を渉れ」「遙かなる山の呼び声」
とうとうやりますよ、高倉健追悼特集です。
岐阜柳ヶ瀬の名作シネマ上映館ロイヤル劇場でやらねば誰がやる!?
君よ憤怒の河を渉れ」と「遙かなる山の呼び声」とは好対照な。
「君よ憤怒の河を渉れ」は西村寿行の原作で新宿で馬を走らせるなど強引なところも、かえって勢いがあってわくわく見てしまった。
高倉健が中国でもリスペクトされたのはこの映画によるものが大きく、今、中国では反腐敗キャンペーンが続いてもいるからね。
巨悪に単身で挑むヒーローなのだ。

royal1412-3.jpg

「遙かなる山の呼び声」は「幸福の黄色いハンカチ」に至るプロローグのようでもあるけど、やはり「シェーン」のような。
西部劇や日活無国籍アクションなら最後は女をおいてひとり立ち去っていくのだが、そこは松竹というか山田洋次。
女は待ってくれるのだね。

高倉健はひとり、孤高に行ってしまったけれど。

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

木村佳乃の品のよさ
お嬢様・美人女優の木村佳乃さんが話題です。
木村佳乃さんといえば最近でもドラマ「ファーストクラス」でもキレのいいかっこよさを見せてくれましたが、新春特番「世界の果てまでイッテQ!」で森三中、タンポポ川村、いとうあさこなどと登場、芸人に優るような活躍ぶりだったのだ。

PCBC-61736.jpg

相撲、ゲテモノ喰い、バンジージャンプなど名だたる肉体派女芸人と堂々たる勝負なのだ。
ダチョウ倶楽部の泥水熱湯温泉ネタまでやってくれるのだからね。
それでも言葉遣いから笑顔、佇まいなど品のよさが自ずと出てしまうのだから芸人が適うわけがない。
最後の「恋するフォーチュンクッキー」もいまをときめくAKB48にも負けぬ可愛らしさだからなあ。
大人AKBはかくあらねば。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

日常にこそ忍び寄る「昼顔」
お正月はのんびりと過ごすことができましたか?
去年、ブームになったドラマに「昼顔~平日午後3時の恋人たち~ 」がありますが、よく考えれば平日よりハレの日であるお正月などのほうがもっと危険なのかもしれない。非日常だからね、お正月は。
しかし、ケ(日常)にも当たり前のように忍び込んでくる「魔」こそにその本質があるのでしょう。
全ての主婦に、女性に、いや人間の全てに「魔」が宿ることはあるのだ。宿ったときが「ハレ」。

PCBC000061732j.jpg

いよいよ2015年1月30日の平日に
昼顔~平日午後3時の恋人たち~ 」が発売です。

午後3時、私は「妻」を脱ぎ捨てる。 上戸彩と吉瀬美智子が“平日昼顔妻”に…。
怖くて痛くていとおしい、新しい切り口によるW不倫ドラマが誕生!

なかなか夫婦で、家族では見ることができませんからね。
女性はもちろん、男性諸氏もひとりでじっくりと見ることをお奨めします。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ゲバラ!「ナイフの行方」
山田太一の「ナイフの行方」をようやく見たのだが、山田太一は変わらないなあ。
人を容易に信じることはない。人は分からないというのが前提なのだ。
それでも人は一人では生きられず、絆を求めてやまない。
安易に求めるな、また安易に得られるようなものは信用しないのだろう。

gebara.jpg

しかし、ゲバラとは。
ゲバラの評価もさまざまだけど、ほんとうのことはわからない。
少なくとも体験したものしかわからない。
安易につぶやくなということでもあるのだろうか。
山田太一ドラマに津川雅彦ってあまり見なかったような気がするけど、杉浦直樹のようでもあったな。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

訃報 平井和正さん 犬神明は死なず
小説「幻魔大戦」シリーズや、漫画「8マン」の原作で知られるSF作家の平井和正(ひらい・かずまさ)さんが17日死去した。76歳だった。神奈川県出身。SFマガジンのコンテスト入賞をきっかけに作家デビュー。狼男が主人公の「ウルフガイ」シリーズや、「死霊狩り」3部作など、劇画的な要素の強い作品で人気を博した。(時事通信)

いや、僕たちの青春だなあ。「ウルフガイ」シリーズなど貪るように読んだなあ。
幻魔大戦」の途中で挫折したけど、当時あふれるほどの執筆量だった。

papermoon_t20131019006.jpg

「狼の紋章」など映画化もされ、これは松田優作映画デビュー作としても有名。
平井和正のすべての作品が「幻魔大戦」に集約されていくようだった。
思えば犬神明が次第に万能感を獲得、まあ、狼男なのでめちゃくちゃタフで強いんだけど、狼男の法則通り、月が欠けたり、雲にかけたりすると、力を失うのだが、いつか心に月を描けばみたいな感じになっていったあたりから、「幻魔」の予兆だったのかもしれない。
永遠に戦い続けなけれなならないヒーローの宿命でもあるのだろうけれど。大好きだった。

テーマ:SF - ジャンル:小説・文学

ジャポニカ学習帳の昆虫
1970年の発売以来、累計12億冊を販売した「ジャポニカ学習帳」。表紙にカブトムシなどの大きな写真が入っているのが特徴でしたが、2年前から昆虫の写真を使うのをやめていたことが分かりました。きっかけは、教師や親から寄せられた「気持ち悪い」という声だったといいます。(withnews)

arinoteikoku.jpg

こんなことでいいのだろうか。
「気持ち悪いから」と消し去られていくことに教師も親も疑問を持たないのだろうか。
自然の中にも社会の中にもそんなものはいくらでもあり、またそれは主観によってさまざまに違ったりします。
大人となって触れ合うことも少なくなるからこそ、子どもの頃に慣れ親しみ、好き嫌いも生まれてくる。
最初から排除されてしまうって。これじゃナウシカのような子は出てこないよ。
画像は映画「巨大蟻の帝国」。
これはSFだけど、侵略的外来種であるアルゼンチンアリはすでに広く日本に侵入し、有毒のセアカゴケグモもすでに日本に定着した。

テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

訃報 宮尾登美子さん
』『鬼龍院花子の生涯』『天璋院篤姫』『陽暉楼』『序の舞』などで知られる宮尾登美子さんが亡くなった。
88歳というから普通でいえば充分に生きたといえるのだろうけれど、宮尾さんの井戸は深いといわれ、100歳を越えても書くものはまだまだあったのだろう。
物語性が強いので映画・ドラマ化も多くヒット作となった。
ちょうどNHKの大河ドラマ「花燃ゆ』が始まったけど、『藏』以来、井上真央・檀ふみが20年ぶりの共演という話題もあった。

36320535.jpg

日経新聞にSFを中心に活躍する翻訳家、評論家の大森望が追悼文を書いててびっくりしたのだが、母親繋がりでなんと宮尾登美子さんに子守をしてもらっていたらしいのだ。
すごい環境だね。
今でもときどき電話もかかってきたらしく、いや、どんな話をされるのだろうなあ。
大森望にもなにか書いて欲しいなあ。

テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

箱庭文化の崩壊
最近は世界遺産や無形文化遺産と騒がれて競争のようになっているけれど、自然遺産はともかく文化遺産は競うものでもないでしょう。
磯崎新(建築家)が言うように「島国をである日本の歴史をさかのぼると、外圧→内乱→大陸の文化や技術の輸入→日本的なものに洗練の繰り返し」ともいえ、四季に恵まれ優美で、時には破壊的な自然災害と共存するはかなさのゆえの独自の文化に昇華され、また地政学的にも辺境、島国であったゆえ、閉ざされることが多く、自らその文化を発信するという風土もなかった。
マンガやアニメが今海外での評価が高いのは、海外を目指したからではなく、むしろ日本的世界やマニアックな世界にひたすら閉じていたからで浮世絵なども同様ですね。
少女マンガの大きな瞳も海外では気持ち悪いと言われていたはずで、そんな声も気にすることもなくひたすら大きくつぶらな瞳を進化させたのだ。

mayuko.jpg

といっても磯崎新が続けるように「国が政策的に国外に売り出そうと宣伝したりするのは愚の骨頂です。骨董品の包み紙に使われていた浮世絵が、ある日、外国で高く評価されたように、和様化したものの何がユニークな価値を作り出すのか分かりません。いいものは自然に外に流れ出し、外の目が拾い出してくれるはずです」
というばかりでは、この抜け目のないグローバルな時代、勝ち抜けないとも思いますが。
もう一度、ゆっくり瞳を閉じて。あわてない、あわてない。
汚れなき悪戯
東京都内のスーパーで商品の菓子につまようじを入れる様子や商品を万引する様子を撮影した動画を投稿した少年に逮捕状が出た。
テロに限らず、もうささやかないたずらさえパンドラの箱が開いたように取り返しのつかないものに変容する。
ネットの無限感?とでもいうべきものが万能感を生み出すのかな。
だいたい無限なんて概念を学問以外の日常に持ってくると、ロクなことはない。
永久機関とかねずみ講、マルチ商法とか、人を惑わすまさに永遠の罠。
今までは無限感に過ぎなかったけれど、ネットは無限感をリアルにした。
papermoon_etrs-0482.jpg
つまようじで思い出すのは中学の夏休みの工作の課題。
出来なかった僕はマッチ棒の先を削って、つまようじとして提出した。
いや、ビンタでしたよ。
「おまえのような真面目な奴が…」と顔を真っ赤にして先生が怒ったのにびっくりした。笑えるはずだったのだけど。
「先生、汚れなき悪戯ですよ」なんていったら往復になったな、lきっと。
でも先生、大人しい子が真面目なことばかり考えているとは限らないんですよ。
まあ、ビンタはしようがないけど、真似してつまようじを出した奴にまで怒られるのは、ちょっと。
ほどほどなる社会
食品の異物混入が波紋を呼んでいますね。
昭和の時代は異物の混入やカビ生えたりは珍しくなかった。
衛生管理が行き届いたからこそ、稀のことが大騒ぎにもなったりするのだろうし、消費者がこんなに世間に向けて発信することもなかったからね。
知らぬ間に何か根本的な大きな基準が変わったような気がするなあ。
あってはならないのかもしれないけど、減らすことは出来てもゼロには出来ない。
食に関するものだから関心が高くなるのだろうけれど、それにしても食品などのメーカーは大変だ。
僕たちも間違いはいっぱいあるし、たとえばマスコミの誤報道(社会的に抹殺することもある)などに比べて厳しすぎるではないのかなあ。
僕たちも容易に発信できるけど、もう夕陽に叫んでいるわけじゃない!?
テロもすごいことになってきた。
オウム、ニューヨーク同時多発テロ、そしてパリ。どこにでも起こりうる、誰にでもありうるというような。
台所にあるなんでもない包丁が、あるとき殺戮のためのナイフにもなるという気づきのような怖ろしさ。
全て無駄のないようにする世界はそういう気づきさえ無駄にしない。

56920055.jpg

画像は深い人間の闇、映画「ヘルタースケルター」。

あまり純度の高い社会より、ほどほどで。

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

ハトの鏡像の自己認知
ハトは鏡に映った姿を自分だと認識できるとの実験結果を、渡辺茂・慶応大名誉教授(動物心理学)の研究チームが今月、米国の心理学専門誌(電子版)に発表した。「鏡像の自己認知」の能力は類人猿やゾウ、イルカなど大型哺乳類にあることが知られているが、ハトにあるかどうかは長く議論の対象になっていた。(毎日新聞)

fukurou.png

われ思うゆえに我あり、われ物理的に鏡面に映るゆえに我あり。
幽霊および、吸血鬼は鏡面には映らないゆえに我なし。ゾンビは鏡面に映るゆえに我あり。
ハトの自己認知レベルがどの程度か知らないけど、フクロウは自己認知はもちろん哲学もしてそうじゃないですか。
鏡は人間にとって魔法や哲学を惹起させますが、鏡は人間ほかすべての物性を知らしめる。

画像は「リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密」。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

石坂洋次郎に学ぶ
最近は深夜番組も性的表現が厳しくなり放送倫理・番組向上機構(BPO)に問題視されることも多いらしい。
昭和の時代はなにもかも緩く、「時間ですよ」なんてお茶の間の人気作だけど、銭湯とはいえ毎回堂々と裸があったからなあ。
「ハレンチ学園」なんてすごい学園ものすらあった。まあ漫画原作もPTAの眼の敵にされていたけど。
思えば歌謡曲なども何気に口ずさんでいたけど、歌詞の内容って結構すごいからね。

papermoon_etrs-0629.jpg

「健全な常識に立ち明快な作品を書きつづけた功績」が評価されて菊池寛賞を受けた石坂洋次郎(「青い山脈」、「陽のあたる坂道」などの大流行作家)は、その受賞パーティで「私は私の作品が健全で常識的であるという理由で、今回の受賞に与ったのであるが、見た目に美しいバラの花も暗いじめじめした地中に根を匍わせているように、私の作品の地盤も案外陰湿なところにありそうだ、ということである。きれいな乾いたサラサラした砂地ではどんな花も育たない」と語った。

やっぱり、きれいな乾いたサラサラした砂地ばかりではとも思うけど。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

モジュール、フラット化に馴染んだ方には一切お奨めできません
いまやアニメなどクールジャパンはさまざまに波及し、日本経済を陰日向に支えるものとなっていますが、古くは浮世絵なども海外を意識するはずもなく独自に磨かれ、意図せず海外で発見された。
グローバルな時代になった今、そんなわけにもいかないけど、ひたすらモジュール、フラット化するのもなんだかなあ。
先日も新刊本を扱う書店が地元にない自治体数が、全国で4市を含む332市町村に上り、全体の5分の1となり、今も1日1店減少しているというニュースがあった。
かわりコンビニやネット通販などの拡大があるのだけど、ひたすらモジュール、フラット化に徹するものでそうでなければ競争に勝てないのだ。
かつての街の本屋は多くが揃うわけでもなく埃もかぶっていたり、嫌味な親父がいたりもしたけれど、それぞれに個性があり、文化や怪しげな香りもして迷惑がられても通いつめた。
いまやそんな本もマーケティング通り分かりやすくきれいに並び、またすばやく届けられるけど、ゆえにまたただの商品になってしまった。

eternal01.jpg

マーケティングも何もなく、ひたすら作りたかったから作った、かつての職人文化が失われつつあって、ただ形骸と化したものだけが疾走する。大丈夫か!?

こちらはマーケティングの欠片も感じられない士郎正宗コレクション アルギデロスの超精密ガレージキット。
倉庫整理のおり見つけたもので、当時ですらあまりの緻密さに高度な製作技術が必要で、誰が作るの、誰が買うの?とも言われた。
今やキャストモデルのガレージキット自体なくなってしまった。

画像は完成見本品です。
このキットは組み立て、加工に技術と持久力が強く強く要求されるキャスト製ガレージキットです。
モジュール、フラット化に馴染んだ方には一切お奨めできません。覚悟が必要です。
返品ももちろんできません。
あなたの貴重な時間をひたすら浪費します。
メッセージソング 「ピースとハイライト」
タモリのNHKスペシャル『戦後70年 ニッポンの肖像 プロローグ 私たちはどう生きてきたか』にもびっくりしたけど、NHK紅白歌合戦のサザンオールスターズにも少し驚いた。
ピースとハイライト」がこんなにメッセージ性の強い曲だったとは知らなかったのだ。
サザンオールスターズの、あるいはNHKのメッセージだったのだろうか。

papermoon_vicl-37600.jpg

それとも阿吽の呼吸だったのか。
はたまた安倍政権からのメッセージという可能性もないわけではない。
なにやらきな臭い時代、パンドラの箱を開けたようなテロ。
かつてアイドルのようだったシルビー・バルタンですら「悲しみの兵士」というメッセージソングを歌ったけれど、なにかに向けて歌いかけても、いまやその波紋の広がりの行方はコントロールを失うようで予想が難しい。
メッセージの緩やかな波紋はどう広がるのだろうか。

テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

タモリ「戦後70年 ニッポンの肖像」半藤一利
タモリ、堺雅人が元日放送のNHKスペシャル『戦後70年 ニッポンの肖像 プロローグ 私たちはどう生きてきたか』に出ていてびっくりした。正月特番、また社会的な発言を避けてきた感のあるタモリが積極的に出てきたのは番組的・時間的な制約が取れたこともあるのだろうけれど、やはり年齢もあるかもしれない。
見てきたことを伝えておこうと。
子どもの頃から斜に構えた観察者であったろうタモリさんの見聞はやはり聞いておきたいからなあ。

昭和の生き証人である作家・半藤一利(85)にも多くを聞いていたのはやはり伝えておいて貰いたかったのかもしれない。
敗戦を終戦、占領軍を進駐軍と言い変えても敗戦だったわけだけど、これはもう古来からの習い性、かっこよく言うと日本人の美学なのかもしれない。
明治時代にはいった西洋由来の言葉も見事に翻案し、古来からあるようなほどになじみ、またそのままに中国でも使われているらしい。
日本を含む東アジアはファーイースト(欧米史観ですね)と呼ばれ、中国ではそのまま遠東と訳すらしいけど日本は極東といいますね。

sekaitizu1.jpg

まあ、中国のさらに東で極みともいえるけど。
島崎藤村が何気に使ったのが原点らしいけど、遠東とちがって極めて主体的な意味を感じさせます。
さすが聖徳太子が隋に送った国書に「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す」と記した国らしい誇りの高さです(もちろん、隋の皇帝は大いに不快になった)。
司馬遼太郎、あるいはタモリが言うように「日本人の多くが合意できることがあり(美しい自然を守ること)、その下での新たな資本主義。日本の勤勉さ、実用さをもってすれば世界に先駆けてやれるのではないか」と向かうことが出来るだろうか。
そうでなければ大澤真幸京都大大学院教授が言うように資本主義という経済は民主的な体制とともにあるときだけ自然で整合的に機能するのではなく、現代中国の中国の現状をみれば、資本主義は権威主義的な権力と結合しても問題なく動く機械だというからね。
民主主義に則り、それでなお新たな資本主義を。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

フランス映画社
すこし前にヨーロッパ映画を中心に数々の名作を配給してきたフランス映画社が破産というニュースがあったけど、シネコンなど映画館は増えたのにミニシアター、ヨーロッパの名作映画はすっかり見なくなってしまった。
僕も映画ファンといってもやはりエンタテイメント系だから、あまりこの手の映画は見なかったけど、さらにいえばヨーロッパ映画そのものが少なくとも日本では衰弱してしまった。
アラン・ドロンとかジャン・ポール・ベルモンドなんて映画誌の表紙を飾るスターもいたのにね。

36321354.jpg

勝手にしやがれ」「ベルリン・天使の詩」「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「大人は判ってくれない」「パリ、テキサス」「旅芸人の記録」「ミツバチのささやき」「アレクサンダー大王」(フランス映画社配給)などは僕にとっては敷居が高いのだけど、「冒険者たち」「サムライ」「ラ・スクムーン」などノワール映画はずいぶん見たような気がする。今はそれも昔。

テーマ:フランス映画 - ジャンル:映画

能年玲奈の大親友に篠原ともえ確定
年末特番『いきなり!黄金伝説』では能年玲奈が『海月姫』で共演した篠原ともえをパートナーに過酷2泊3日0円生活に挑戦し、歴戦のつわものたちに堂々と勝利してしまった。

64301442.jpg

あまちゃん』と変わらぬ、不思議な野生児?ぶりだったけど、まあ篠原ともえの上品で心配性なお母様、お姉さまぶりといったら。なんといい人なのでしょう。
食材を工夫して能年ちゃんの希望通り作ったのに結局はスターフルーツだものね。
「いいの?そんな食生活で」とばかりな心配性。
変顔には「女優さんだから撮らないで」。
小泉今日子ママもいいけど、篠原ともえちゃんともほんとうに大親友だよ。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

薬師丸ひろ子「Woman“Wの悲劇”より」
「NHK紅白歌合戦」の裏側報道も盛んですが、アタフタ・キクシャクノのなか泰然と、そして気配りも見せたのが歌手として初出場となった薬師丸ひろ子。
歌ったのは「Woman“Wの悲劇”より」だった。
やっぱり名曲だなあ。やっぱり女優だなあ。

img76754494.jpg

もちろん、映画作品としても名作で、夏樹静子のミステリーとしての原作は劇中劇となり青春映画となったけど、少女から大人というか演劇少女から女優への切なくも力強い成長の物語。
やはり、この映画で大女優を演じた三田佳子といい、女、女優のほうが男なんかより、いざというとき数段、潔いというかかっこいい。 ラストの見事な去り際を見よ。
女優志望者必見の映画です。
「NHK紅白歌合戦」は赤組の連敗続きだけど、勝敗などどうってことないのだ。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

日本に「トイレの神様」がいる理由
日本のトイレに対する思いいれは衛生、快適さはもとより文化まで昇華されつつあるけど、とうとうプロモーション用とはいえ「光り輝くトイレ」が登場した。
便座の表面はスワロフスキー社製クリスタルガラス約7万5000個で装飾し、参考価格は1000万円(LIXIL)。
稲垣足穂先生は人間の本質を口から肛門という空洞に見立て、その周りに骨、肉、血管が取り巻いて皮で覆われたのが人間、つまり人間の中心は空洞なのだという怪説を唱えたけど、だとするならトイレに対するこだわりも分からなくもない!?
その排泄物はまた大地に帰り、大地はまた収穫をもたらし、その収穫は口に入り、消化され、排泄物となって肛門にいたるのだ。
地球の本質も空洞にあるのかも。

25144505.jpg 

というわけで、日本のトイレには「トイレの神様」が宿ります。
ももクロはKissとコラボ
BABYMETALの海外人気、レディー・ガガの世界ツアーのサポートアクトは有名だけど、ももクロもKissとコラボ。
ももクロはハードロックか。
まあ、なんでもござれだものなあ、ももクロは。
Kissも以前は歌舞伎メイクの影響も否定していたはずだけど、寄り添ってるなあ。
素敵なことです。

KIBM-417.gif

でも受け止める感性、技量がなくては出来ないこと。
すごいんだよ、日本のアイドルは。
受け止めるしかないと犀川先生(すべてがFになる)も言ってます。

テーマ:KISS - ジャンル:音楽

BABYMETAL現象 〜世界が熱狂する理由〜」
先日はNHK「BABYMETAL現象 〜世界が熱狂する理由〜」を見たけどすごかったなあ。
BABYMETALは女性アイドルグループ「さくら学院」からの派生ユニットで、もともとの「さくら学院」が「音楽的にもビジュアル的にも物凄いレベルが高いんですけど、いかんせん皆若過ぎるから好きだと言いづらい感じのグループです」と吉田豪が言っていて気になっていたのだ。
なにしろ「さくら学院」は義務教育満了で卒業なので、常に若すぎるのだよ。
で、部活動も盛んで、その一つが重音部 BABYMETALで、ボーカルの中元の卒業で課外活動となった。
もともと音楽的にもビジュアル的にも物凄いレベルだったわけで、また支えるバックバンドもすごい。

papermoon_tfcc-86461.jpg

これだけ、世界のメタルファンも熱狂するなら、好きだと広言しても恥ずかしくない。
しかし、NHKはアイドルが好きだなあ。まあ、僕もなんだけど。

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

ホーキング博士の見る人類の終末
【AFP=時事】人工知能の開発は人類の終わりを意味するかもしれない、と英理論物理学者のスティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士が警告した。
ホーキング博士は、2日に放送された英国放送協会(BBC)のインタビューで、人工知能技術は急速に発展して人類を追い越す可能性があると語った。まるでSF映画「ターミネーター(Terminator)」で描かれたようなシナリオだ。
「ひとたび人類が人工知能を開発してしまえば、それは自ら発展し、加速度的に自らを再設計していくだろう」、「ゆっくりとした生物学的な進化により制限されている人類は、(人工知能と)競争することはできず、(人工知能に)取って代わられるだろう」

まさに映画「ターミネーター」の世界。

papermoon_etrs-0103.jpg

しかもそれはとめられず、なぜなら人類の進化こそが「人工知能」の発明への命題として予定されたものだったから。
それを証明するように、便利・効率的の名の下に、機械がたとえ望んでも手にしえなかった道徳や倫理、あるいは自ら愛すら技術に委ねようとしているではないか。
予定した者は誰か!?
ほんとうにSFか、宗教の世界に立ち至ってきた。
初夢 明晰夢の旅
去年も繰り返し書いたのだが、その後の明晰夢の報告を。
僕は大病したおり身体的な障害のほか、触覚、温・冷覚などもかなり失い、排尿にも若干苦労するようになった。
つまり出にくく漏れやすいという状況があり、睡眠中がとりわけ危なく、また明晰夢に誘うきっかけともなった。
睡眠中、お漏らしをしそうなときはたいていそれに関わる夢を見ていて、夢の中だからふつうではありえない状況の中で、その行為が行われようとする。 うむ、ふつうではない!?
このような普通ではない状況は夢ではないのかと気づくようになり、ここまではいくのだが夢をコントロールしていくところまでは相変わらず進まない。
僕の場合、失禁という危機回避のためおそらく気づくのであり、まさにその時点で目が覚めてしまうのであった。
覚めないと大変なことになってしまうからね。

akumutyann.jpg

では、さらにその状況(お漏らし)も覚悟して推し進めたら、コントロールされた明晰夢は可能だったか。
これはこれでその情けない物理的状況に流されてしまうのか、いつの間にかまた自覚を失い、目覚めたときにあっと驚くのであった。
悪夢ちゃん」のドラマでもあったように夢の記憶が現実の記憶に置き換えられてしまう恐ろしさもあり、突き詰めてはいない。
フランスの夢の研究者であったエルヴェー・ドゥ・サン・ドニ侯爵はその著書「夢とその操縦法」のなかで、夢を部分的に操縦できるようになったとし、夢の中で塔の上から身を投げる実験をおこなったというけど、夢の中で現実と夢を明確には分けることが出来ず、危険だからだ。
夢うつつな現実の危うい行為は実際あるのだからね。
心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの心理治療、念じるだけで家電の操作、脳指紋など最新研究はいよいよ科学がボーダーレスで、科学を装った闇に囚われてもおかしくない。
現代のネット社会はあらゆる情報の断片(無意識のようなつぶやきすら収集する)も収集するけど、いずれ夢や無意識、瞑想すら収集する貪欲さに満ちているのだ。
それらが集積したときどうなるのか。ビッグバンなのか。
というわけで、現在、明晰夢からは撤退中です。
初夢は楽しく一富士二鷹三茄子ということで。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

念じるだけで操作できる家電って
NTT、島津製作所、積水ハウスの3社は4日、車椅子やベッドから念じるだけで家電などを操作できる新技術を開発したと発表した。従来は専用の訓練が必要だったが、新技術では手が少し動く人なら訓練なしでも使える。2020年ごろの実用化を目指す。(日経新聞)

そりゃあ、僕も手などに障害があったりするから助かるけど、妄想もハンパないので心配です。
むろん、何十ものチェック機能があるのだろうけれど、チェックを外せば暴走もありうる技術なのだろうか。
先日はさらに脳指紋などという記事もあった。
脳は外部から刺激を受けると無意識下で記憶と照合し、過去に体験したことの情報が受けた刺激の中に含まれていると認識すると特定の脳波パターンを誘発するといい、犯罪捜査にも使われるというのだが、これは科学なのか。
脳波パターンの発生は科学でも認識の過程までは情緒的で科学なのだろうか。

img79716240.jpg

だんだん、科学と魔法が混在するようなファンタジーな世界になってくるなあ。
ダークファンタジーではないと誰が言えるだろうか。
初夢もおちおちとは見られない。

みんな!エスパーだよ! Blu-ray BOX(おまけ付)
2013/8/23発売 価格 19,950円 (税込)

『デトロイト・メタル・シティ』の若杉公徳原作、園子温らが監督を務めたSFコメディのBOX。何の取り柄も才能もない平凡な高校生・鴨川嘉郎は、ある日突然、人の心の声が聞こえるという超能力に目覚め…。全12話を収録。