理系・文系を重ねて見る光景は
いつも心に太陽を
米中西部ミズーリ州ファーガソンでは黒人少年を射殺した白人警官が不起訴処分となり、住民と警官隊が激しく衝突した。
公民権運動などさまざまに努力されても、なお繰り返される悲劇。
僕などは映画「ミシシッピー・バーニング」を見て、すっかりアメリカというか知らない土地、知らない人が怖くなってしまった。
それでも人は一度は足を止めることがあってもやはり前に進まなければならないのだろう。
いつも心に太陽を」をもって。

56839299.jpg

主演のシドニー・ポワチエが映画で演じる黒人男性たちは、進歩的な白人に「夕食の席に招きたい」と思わせるような善良で無害な黒人とも揶揄され、ずいぶんジレンマもあったにちがいない(代表的な映画に「招かれざる客」)。
オタク的なマイノリティシンパシーの強い僕だって、ポワチエがジョアンナ・シムカスと結婚したニュースに呆然としたのは黒人だったゆえだったのだから。
アパルトヘイト下の南アフリカではかつて名誉白人と言われていたことを思い出す。
当時の南アフリカでは、白人を最上位とした制度があり、有色人種はすべて差別対象だったけど、日本人など一部有色人種は経済的理由をもって白人と同等の民族とされた。
そんな制度、そんな言葉の記憶も薄れてきたのだから、歩き続けることやめず未来を信じましょう。

スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

超高層プロフェッショナル 「Nのために」
【ニューヨーク時事】米メディアによると、全米一の高さを誇るニューヨークの「ワン・ワールド・トレード・センター」ビルで12日、ビルの外側から窓を拭くための清掃用ゴンドラが69階付近で動かなくなり、宙づりになった。ゴンドラには清掃員2人が乗っていたが、約2時間後に消防隊員によって救出された。

安全器具で繋がっていても生きた心地がしなかっただろうなあ。
もともと切れるはずのないワイヤーが切れてるのだからね。
原発じゃないけど超高層の建築物って、いざっていうときのメンテナンスのリスク、コストが高そうです。

36321050.jpg

画像は映画「超高層プロフェッショナル」。
ドラマ「Nのために」のヒロイン杉下希美(榮倉奈々)は高みを望み、高層ビルのゴンドラの清掃さえ羨ましそうに眺めていたけど、高みへの道は転落への道とも繋がっているのだ。
それでも人は上る、落ちることがあっても。人それぞれのNのために。
微熱以上焼けぼっくい未満「青年発火点」
発火点ですか、少年少女は微熱でも危ういけど青年はどうでしょう。
さらに中高年になると焼けぼっくいというのもあって発火点が再び低くなったりもしますが。
青年というからには生木を燃やすような感じでしょうか、じっくりと。
熟練者ではないと易々と燃やすことは出来ないはずで。

SWCD-78.jpg

クロネコ彼氏」シリーズも絶好調な新書館の11月発売商品はこちら。

【CD】「青年発火点」ドラマCD /雨隠ギド【初回特典付】
2014年11月28日発売  3,240円
初回特典:描き下ろしプチコミックス
*初回特典はなくなり次第終了となります。

触っちゃいけないなんて、知らなかったんだ――。
ふれる手の熱さは青春のあやまち。
にがくてあまい初恋ダイヤリー。

<新書館>ドラマCDはコチラ

テーマ:BL小説 - ジャンル:小説・文学

1970~1980年代頃の映画チラシ
現在、ペーパームーンでは映画チラシ新作、といっても1970~1980年代のものですが増量中です。
しばらく続きますので、映画チラシファンの方は要チェックを。
昨日もご紹介しましたが、店の近くの名作シネマ上映館岐阜ロイヤル劇場では11月19日から70年代スーパーアイドル主演作品特集と銘打った「雨のアムステルダム」、「太陽を盗んだ男」の2本が登場です。
70年代スーパーアイドルというのはショーケン、ジュリーのことで、ちょっとちがう気もしますが、まあ、それはさておき。
どちらもいわゆるアイドル映画とは隔絶しているのはどちらもアイドル卒業後の主演映画なのだ。

36320993.jpg

特に「太陽を盗んだ男」は超寡作の長谷川和彦監督の傑作。
原発問題なども総選挙のテーマとなろうデリケートなタイミングでの上映となりました。
未見の方はこの機会にぜひどうぞ。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

東京でも消えつつある名画座 「冒険者たち」ふたたび
地方出身者としては、東京っ子が子供のころ、古い映画を見まくっていたなどと聞くと、うらやましくてしようがない。地方といえども、当方が育った40年ほど前はまだ映画館はいくつもあったが、いわゆる名画座というのはあったかどうか。朝から晩まで映画館に入り浸って年間1000本は見ていた、なんて高校生はいなかったはずだ。だが東京でも名画座は姿を消しつつある。今年も7月に三軒茶屋シネマ、8月には新橋文化劇場、ロマン劇場が閉館。昨年は三軒茶屋中央劇場、銀座シネパトス、一昨年には浅草の3劇場が営業を終えており、ファンにとっては寂しいニュースが相次いでいる。(産経新聞)

僕も地方都市の岐阜だけど、当時名画座というか封切り落ちの再上映をする2番館というのは岐阜にもあった。
それでもやっぱり学生でお金はないからテレビの洋画劇場を見まくった。
TBSは「月曜ロードショー」、日テレは「水曜ロードショー」、テレ朝「日曜洋画劇場」などですね。
東京でも名画座は失われつつあり、地方はまさに絶滅状態。
でもまだ岐阜はいいよ。今も柳ヶ瀬には名作シネマ上映館ロイヤル劇場などがありますからね。

royal1410.jpg

ほら「太陽を盗んだ男」もあの「冒険者たち」もやるのだよ。
かっこよかったなあ、「冒険者たち」。
もっともこの映画では主役のアラン・ドロンではなく、リノ・バンチュラがかっこよく、男の友情を描いた。
日本で特に人気が高く、いまだに舞台のフランスの要塞島を訪れる日本人がいるらしい。
海外女優でファンになったのも、おそらくこの映画のヒロインでもあったジョアンナ・シムカス。
「レティシアのテーマ」はまだ口ずさめます。
彼女がシドニー・ポワチエと結婚した時はいささか呆然とした。
それにしてもアラン・ドロン「若くいるために必要なのは女性です」と言い、格好いい男とはと問われても「格好いい男じゃなくて、素敵な女性が問題なんだ」とはさすがにフランス人で、こういうことはすべて映画で学んだ。
もっともオタクだった僕には何の役にも立たなかったけど。

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

極寒にひとり立つ高倉健
高倉健さんが亡くなってテレビ局も続々と追悼特集が組まれつつあります。
親しかった人たちが語るエピソードもその人柄を物語ります。
たけしが広げたという『座らないし、火にもあたらない』伝説についても迷惑な話と健さんはこぼしていたけど、
たけしによれば健さんの着替えを見た人の伝聞として下着はミンクのシャツとミンクのももひきだったという。
寒いはずがないというオチだけど、まんざら嘘ではないのだろう。

44632557.jpg

健さんにはいうまでもなく「南極物語」「八甲田山」という極寒の名作があり、おそらくはその折、チョモランマ登山隊や南極探検隊が着用したような下着があったのだろうなあと(今ほど高機能でなくても)。
映画「あなたへ」でもそうだけど、真実はいつも日常のあたりまえのなかにあったりします。
健さんは 「網走番外地シリーズ」、「幸せの黄色いハンカチ」などなにか寒さの中、なぜか孤高に立つ。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

「女子ーズ 」見参!
このブログ「るらら科学の子」ももう8年目に入ります。
ときどき宣伝もかねながら好き勝手に書く自由さもあって、ほぼ毎日更新しています。
この手の話題はアクセスが多いとか傾向を見ないわけではないけど、興味のままに書くとテーマを設定しておきながらジャンルが飛びすぎることもあるのか映画ファンなど訪問者が定着してくれませんねえ。
まあ、普通の人の日常の想いにそうそう付き合ってくれるはずもない、ただその分、気が楽だけど唯我独尊にならないか心配です。言いっぱなしだからなあ。
それでも奇特なご常連様も少数ながらいらっしゃるのはありがたいことです。
話題も重複気味だし、愚痴っぽくなっているような気もるするし、銭形警部ではないけど、いさささか「どうしよう?」な気分です。

4988003829131.jpg

ところで、最近になってよく寄っていただく訪問者の方がいて、どうも若くてきれいな女性らしいのだよ。
ブログを見ていただければ分かるように今も僕はアイドル好きですからね。
まあ、よくはわからないけど年甲斐もなくうれしかったりして。
僕のような傍観者でなく、行動を伴った論客でもありそうで、いや、今も昔もアイドルには多様な才能が溢れている。

【DVD】女子ーズ 本気版(初回限定版)
2014/11/19発売 販売価格7,344円(税込)

ファンタジー(「勇者ヨシヒコ」)、ポリスアクション(「コドモ警察」)に続き今度は戦隊ヒーロー!
いま、最も旬な女子5人が驚異の変身!?
桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月
大東俊介 安田顕、岡田義徳、黄川田将也、皆川猿時 きたろう 佐藤二朗

いや、こんな妄想ストーリー、僕にも覚えがあったりするけど、踏み出した福田雄一はすごい。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:アイドル・芸能

生物多様性のなかのクマの出没
岐阜飛騨地方では熊が相次いで人里にも出没し、負傷、死亡者も出る事態。
今年は熊の主食どんぐりも不作らしいのだが、一方で狩猟する人が減っているということもあるらしい。
そういえば「こころ旅」で火野正平さんが銃砲店を覗いていて、やっぱり狩猟人口が高齢化していて新しい人があまり入ってこないということだった。

41204618.jpg

浜松の駅周辺ではヒヨドリの大群が押し寄せて対応に苦慮というのもあって、これは天敵であるオオワシが国の天然記念物や国内希少野生動植物種にも指定されて、大幅に生息数が増えていることの関連が言われていますね。
まったく、生態系の食物連鎖のバランスは微妙で難しい。
生物多様性を守るべきと主張する保全生物学は、純粋科学とは一線を画していて政治的・経済学的意味を含みます。
多様性を守らなければ、ガラパゴスなどの希少生物も白神山地のブナの原生林も守れない。
世界自然遺産・文化遺産の指定はその意図を持ち、人々も美しい地球や文化を守るために多くは賛同します。
でも科学的、あるいは政治的スタンスとしては生物多様性は、この世界で守らなければならないひとつの価値に過ぎないし、最重要の価値でもないかもしれない。
もちろんそうだけど…、このあたりの論理の落差が合意を難しくします。
多様性を守るということは目先の合理性を否定することでもあるからなあ。

画像は映画「グリズリー」。生物多様性とは関係がない。
羽仁未央 「妖精の詩」
羽仁未央さんが亡くなったいうので、びっくりした。
まだ50才ですからね。
映画監督羽仁進と女優の左幸子を両親に持ち、祖父は歴史学者の羽仁五郎というなかなかすごい一家で、彼女自身も10代から様々な場所で活躍した。
学校にも通わず早熟にならざるを得ない環境だったような気がします。
サブカルに身をおくような人たちにとってはちょっとアイドル的存在だったかもしれない。

36321332.jpg

羽仁未央を主演にした「妖精の詩」という不思議な映画もあった。
自由に生きたはずだけど幸せだったのだろうか。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

「クロネコ彼氏の啼かせ方」 もっと暗喩に
「クロネコ彼氏の啼かせ方」ドラマCD /左京亜也【初回封入特典付】
が、発売後も好調です。

SWCD77.jpg

「啼かせ方」みたいな文字の使い方が妄想を膨らますようでいいのですが、個人的趣味で言えばもっと暗喩的でもいいかもしれない。
僕は本の装丁や題名にも惹かれるタイプで、たとえば「雷鳴の聞こえる午後」(辻邦生)なんかも題名だけで欲しくなってしまったけれど、とても僕には無理な小説だった。
「白きたおやかな峰」という美しい題名の小説もそうで、もともと北杜夫は好きだったし、僕は「白きたおやかな胸」というこれまた美しい峰を連想してしまった。
「雷鳴に聞こえる午後」だって、「昼顔」的な午後、危険を知らしめるような雷鳴と思っちゃうじゃないですか。
「千日の瑠璃」(丸山 健二)というのもいいでしょう。映画では「1000日のアン」というのもあったけど。
いったい、何の話だ!?

「クロネコ彼氏」ドラマCDシリーズはコチラから

<新書館>ドラマCDはコチラ

テーマ:BL小説 - ジャンル:小説・文学

アベノミクスは経済指標も文化指標も
消費税率の引き上げの延期、またそれらを問う解散、総選挙が決まった。
アベノミクスは失敗だったのか?
テレビや新聞の報道では各地の商店街などの声を拾い上げ、地方の景気の低迷、末端の厳しさを強調するけど、たとえば商店街の集客の核のひとつだった書店やレコード店はアマゾンなどの通販、コンビニ等に市場を奪われ、さらにダウンロードなど、パッケージ商品そのものの危機に立ち、すでに多くが失われ、あるいは疲弊している。
他の商店も似たようなもので、商店街の再活性化を見て景気回復が末端まで浸透したと考えるのは無理があるというもの。
今やささやかに残存するようになっただけの地方の商店街の声が晴れやかなものであるはずがない。
かつては豊かな川であっても大きな灌漑用水が引かれてしまえば川は細るのは当然で、消費する場所は別の場所に移り、あるいは消費するものは別のものに形を変え、もしかしたらそれは数値にさえ置き換えられないのかもしれない。
とすれば、マイナス成長といっても経済指標ことであり、経済指標に変わる別の文化指標ようなものがとって変わって別次元の発展に切り替わっているという考え方もあるのではないか。
経済基盤のない発展はひ弱で潰されてしまうので両立はしなければいけないのだろうけれど。
まあ、それはともかく。
批判するにも声を拾う場所が間違っているし、政府側も水を吸い込むだけの場所になったところに旧態依然の水を注ぐだけのような施策が効果があるはずがない。
もしアベノミクスの3本の矢を射るのなら的確に射なければならないのだ。
新しい経済構造のなかでは旧来の末端にはいつまでたっても陽が射すことはなく、商品券を配るようなことがあってもカンフル効果ぐらいでしょう。
人口減が確実な日本では経済指標においた発展は限界があり、別の価値観を提示すべきなのだ。
経済指標的には見捨てられた場所も人も、たとえば文化指標的なものならまったく別の評価、価値観にもなりうるのだと。

papermoon_zmsh-8851.jpg

やはり、まずは教育なのかなあ。
実学ではない幅広い教養学の復権を。その太い幹にこそ、実学の枝葉も、文化の花も咲く。
画像は「おーい!はに丸 はに丸BOX」、30周年らしいよ。
これを見て考古学に興味をもった人も多い!?

テーマ:経済・社会 - ジャンル:ニュース

高倉健さんの突然の訃報
あまりの突然の訃報にびっくりした。
映画俳優の高倉健さんが亡くなったというのだ。
最近でも映画「あなたへ」があったばかりというのに。
「あなたへ」で共演した若手俳優の草彅剛、綾瀬はるかなどが語ったエピソードも引き継がれる高倉健のレジェンドぶりを示すもので、一生の宝物。
もっと最近でも薬師丸ひろ子が「鶴瓶の家族に乾杯」で出たときも薬師丸が大胆にも高倉健さんに電話を入れ、気さくに楽しそうに応じていたのにもびっくりした。
薬師丸のデビュー作「野性の証明」で父親代わりを演じ、その後も彼女にとってずっと人知れず芸能界の父親代わりだったのかもしれない。
そういうことには寡黙な人なので、人知れずというエピソードはあまたあるのだろう。

kimiyofunndono.jpg

画像は中国でも大ヒットした映画「君よ憤怒の河を渉れ」だけど、健さんの訃報のニュースは中国でも特集が組まれた。
日中関係はまだまだ微妙な関係が続くけど、政治家よりも経済よりも国を越えて、恩讐を越えて、人を繋ぐ健さんなのでした。

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画

SMOKING GUN ~決定的証拠~
今シーズンのドラマはいかがですか?
告知や事前情報だけではもちろん、一話、二話見ただけでも油断なりませんよ。
たとえ残念に思うことがあっても最後まで見ないと。
効率よくいいところだけ摘み取るようなデジタル思考でないアナログ思考だからこそ発見できる面白さもあります。

さてコチラのドラマはどうだったかというと?
面白かった、面白くなかったを決めるSMOKING GUN ~決定的証拠~はない。

【DVD】SMOKING GUN ~決定的証拠~ DVD-BOX   24,624円
【BD】SMOKING GUN ~決定的証拠~ Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)  30,456円

PCXC000060053k.jpg

グランドジャンプにて2012年より連載がスタートした『Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁』が原作で、法にも警察にも助けてもらえない、ささいな身の回りの事件までを手がける民間の科学捜査研究所を舞台にしたサイエンスヒューマンミステリー。

【キャスト】
香取慎吾 西内まりや 中山優馬 安藤玉恵 濱田ここね・鈴木保奈美・倉科カナ イッセー尾形

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

限りなく透明に近いマウス
【AFP=時事】「姿を見えなくする」ことは、映画『ハリー・ポッター(Harry Potter)』などのフィクションの世界の話かもしれないが、実験用マウスをほぼ完全に「透明化」する手法を開発したとの日本の研究チームによる研究論文が、米医学誌セル(Cell)に発表された。

いや、すごいなあ。ある意味、透明人間は人類の夢でもあったからなあ。
組織から色素をほぼ完全に除去する手法で解剖せずに、そのままの状態で臓器が調べられるなど、医学の発展に大きく貢献しそうです。
ただ、SFのような透明人間とはいかず、どちらかといえばどんなものでも見透かしてしまうとされる超越的な目を持つ伝説のオオヤマネコのような感じですかね。
オオヤマネコの眼で見ればどんな美少女も汚物袋って説もあるので、まあ、よく見えすぎるのもね。
稲垣足穂は人間の本質を口から肛門という空洞であり、その周りに骨、肉、血管が取り巻いて皮で覆われたのが人間、つまり人間の中心は空洞としたけれど、そんな感じもしてしまうすごい研究成果です。

papermoon_etrs-0671.jpg

画像は映画「限りなく透明に近いブルー」から。
ごめんね青春!さよなら青春!
TBS「日曜劇場「ごめんね青春!」がすっごく面白いのだけど、視聴率が意外によくないらしい。
物語の肝となる礼拝堂の火事が主人公の失火(少なくとも本人はそう自覚している)という危うい設定といい、学園コメディといってもクドカンワールド全開なのでとっつきにくいのかもしれない。
被害者は出なくてもあれだけの火事なので、火に恐怖を覚えるとか、あの場所には近づくことができないとかトラウマを抱えそうなものだけど。
僕も火に神経質になるのは子ども頃、消し炭からうっかり火事を出しかけたことがあるからだ。
しっかり水を掛けて消したつもりの消し炭がまたくすぶりだして火事になりかけたのだ。
怒られた記憶がないけど、怖ろしさに記憶が飛んだのかもしれない。
火の始末は何度確認しても不安になった。

papermoon_t20120615003.jpg

線路に耳を押し当てて列車の音を聞こうとしたり、石で砲丸投げの真似事をして、家のトイレの換気塔を壊したのも僕です。
青春というより、子どもだけどロクな記憶がないよ。
「堀越」って言っちゃって謝罪したともあったけど、青春ってほんと口も言葉も過ぎますからね。
悪気はないからよけいに始末が難しい。
「ごめんね青春!」というより、「さよなら私」ならぬ「さよなら青春」かも。

画像は映画「青春の門」、「青年の樹」でもいいけど、まあ、当たり前だろうけれどあんな青春はなかったなあ。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

石英ガラスに刻まれる3億年
日立製作所と京都大学工学部(三浦清貴研究室)は10月20日、石英ガラス内部に、Blu-ray Disc並みの記録密度となる100層デジタルデータを記録・再生することに成功したと発表した。石英ガラスは耐熱性・耐水性に優れ、3億年を超えるデータ保存にも耐えられるという。11月に打ち上げ予定の小惑星探査機「はやぶさ2」相乗り小型副ペイロード「しんえん2」(九州工業大学と鹿児島大学が共同開発)に、3億年後へのメッセージを込めた画像・文字列を描画した石英ガラスを搭載する。(ITmedia ニュース)

壮大な時系列の話だなあ。
壮大といえば 巨大カルデラ噴火の日本での可能性が100年以内に1%の確率で発生するとの予測もありましたね。
地球史的にいえばもういつあってもおかしくないということだけど、これは日本の壊滅的危機と同時に世界にとっても未曾有の危機で日本にはどこにも火山はあり、どこかもわからないとなればもうお手上げ。
まあ、このスパンの地球的危機であれば、他にも巨大隕石の衝突、スーパーフレア、地軸の逆転、スーパーウイルス、宇宙人の来襲などいくらでもあって、用心に越したことはないけど、まずは日常の心配をしたほうがよさそうです。
遥かな危機を煽るのは世紀末のような荒廃を招きがちです。
天災より、人災。事故・事件・戦争だって地球を滅ぼすことがあって、こちらのほうがよほどリスクが高い!?
しかし、3億年か。僕たちが3億年後の未来にメッセージを託すようにもう僕たちも託され、受け取っているのかもしれない。
ここ各務原の地層は古生代から中生代のものと言われ、近くを流れる木曽川の地層からもジュラ紀の放散虫が見つかるのだけど、僕も子供の頃、山や川でよく化石や石を探した。
きれいなガラスのような石もあったのだけど、もし3億年前のメッセージが記録されていたらと思うとわくわくしますね。

papermoon_bcxa-744.jpg

さて、正倉院に秘蔵される多くのガラス玉は鉛ガラスなのだが、ただ一つ石英ガラスのものがあり、このニュースを先んじて知らされた所管の宮内庁は密かに調査を始めた。
この石英ガラスには謎に満ちた伝承があり、記録媒体ではないかという研究も上がっていたのだ。
はたして、その調査の成果・報告は宇宙の真相に迫る驚くべきもので、ただちに首相まで届けられた。
すぐさま特命担当大臣が置かれ、内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域担当)イシバタロウが任命された。
うってつけともいうべき、政界屈指のオタクともささやかれる男であった。
しかし、すでに情報は日本の政財官界にも深く根を張る石の結社を通じて漏洩、各国の秘密諜報機関がさまざまに石英ガラスの謎を求めて動き始めていた。
さらに宇宙の真相に迫る解析を担った理研のスーパーコンピュータ「京」が、解析後、不可解で不気味な自走を始めているとは誰も知らなかった…。
なんてね、SFですよ。またこんなSF伝奇小説を書いてくれる人はいませんか。

画像は「未来少年コナン
「マッサン」麦は泣き 麦は咲き 明日へ育っていく
【AFP=時事】日本のウイスキー「山崎シングルモルト・シェリーカスク2013」が世界最高のウイスキーに初めて選出された。3日発売の英ウイスキーガイドブック「ワールド・ウイスキー・バイブル2015(Whisky Bible)」で発表された。スコッチウイスキーは、上位ランキングから外れた。

本場スコットランドでは悔しがる向きも多いらしいけど、朝の連続テレビ小説「マッサン」を見れば分かるとおり、スコットランド人のエリーがいなかったらどうだったのでしょう。
ゆっくり熟成させるようなものは日本と気質が合うのかもね。

YCCW000010245j.jpg

それにしても「花子とアン」がサントリーハイボールの吉高由里子、「マッサン」がニッカと微妙な連鎖だけど、鴨居のおっちゃんなら「まあ、ええがな」と言ってそうだなあ。
中島みゆきの主題歌「麦の唄」がいいです。
NHKからは主題歌の依頼に当たって分厚い資料が届いたそうだけど、あってもなくても名曲に仕上げる中島みゆきでした。

【CD】連続テレビ小説 マッサン オリジナル・サウンドトラック
2014/12/10発売  2,800円

YCCW30041.jpg
京大ポポロ 「MOZU~百舌の叫ぶ夜~」
京大に警察官が事前報告なしに無断で構内に立ち入り、学生たちに見つかり取り囲まれ監禁状態となったことがけっこう大きな話題となりましたね。
まあ、大学の自治の問題もあり、たしかにそうなんだけど、まだ大学側、学生側、そして警察もセンシブルなのだなあ。
僕は愛大だったけど、まだあの頃でも教室に活動家がオルグに来ていた。愛大は革マルの拠点校だったのだ。
僕のようなノンポリでも映画「いちご白書」のようになりうることはあった時代。
しかし、京大に潜入したのはもちろん、公安だと思うのだけど、あっさり見つかってしまうとは。
イスラム国に入国しようとした北大生も公安の尾行はバレバレといっていたらしいけど、小説でも刑事ドラマでも何かとこわもての公安、どうなってるのでしょう。

TCED-2357.jpg

MOZU~百舌の叫ぶ夜~」の倉木警視など、めちゃくちゃタフなんだけどね。
でも、けっこうふつうのバーやテラスなどでコーヒーなど飲みながら、極秘の話をしちゃってたりするので、ほんとうに公安のエース?と思ったりもしますが。
ネットの時代になって、すべてが変わりつつあるのかもしれない。

ダブルフェイス』に続き、TBS×WOWOWの共同制作第2弾!「映像化不可能」と言われ続けてきた作品を、持てる力、経験、ノウハウを結集し、前作を遥かに超えるスケールで臨んだ超大作、「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」
真実が最初の犠牲者だ。 西島秀俊・香川照之・真木よう子ほか豪華キャスト出演! 衝撃かつ圧倒的なスケール感でお送りする超話題作!

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

イビリ芸だけじゃないほんとうは明るく可愛い相武紗季
NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」が好調で、イビリでは泉ピン子すら越えたかもしれないと評判なのが相武紗季。
ごちそうさん」ではキムラ緑子のイビリが話題を呼んだけど、ドラマではこういうのも必要なんだなあ、まあ、実際の人生においてもだけど、たぶん。
相武紗季は「アテンションプリーズ」「どんまい!」などドジながら可愛いという役が多かったけど、「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」でちょっといやな女を演じて、評判がよかったのかそういう役が増えてしまった。
でも相武ちゃんの明るくかわいい役もほんとうにいいんですよ。
最近ではスペシャルドラマだった「磁石男」がそうでしたね。

4988021713412.jpg

主演の向井理のどS役はもはやはまり役だけど、明るく可愛い相武ちゃんが久しぶりに見られて楽しかったなあ。
才能もあって可愛いのに自分の最大の魅力「気立てのよさ」にいまいち気づいていないのが、なお可愛い。
相武紗季はやはりこういうど真ん中の可愛い役がいいです。
転校生 「さよなら私」 タッチ
いきなり映画「転校生」バージョンで目が離せないNHK火曜ドラマ「さよなら私」ですが、なんとこれまたアニメの名作「タッチ」のような展開にもなってきた。
名作もまだまだいろいろな展開の工夫があるのだなあ。

36318946.jpg

ともに1980年代の青春物の名作で、少し時代がずれていたらこのふたつが同時上映でもおかしくなかった。
脚本家の岡田惠和はもしかしたら「タッチ」「転校生」の2本立てをイメージしたのかもしれないないなあ。.
あなたに贈る、映画 夢の指定席ってね。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

圭、エースをねらえ!
男子テニスの今季最終戦、ATPツアー・ファイナルは9日、ロンドンでで開幕し、初出場を果たした世界ランキング5位の錦織圭選手は1次リーグB組の初戦で、同6位のアンディ・マリーと対戦、6―4、6―4でストレート勝ちした。

エースをねらえ!」世代としては感無量の思いですね。
今も「テニスの王子様」などが変わらず人気あるけど、「エースをねらえ!」の頃はテニス部の入部が激増するなど、そのブームはハンパではなく、女子テニスもパワーテニスを目指した。


36317974.jpg

錦織圭のコーチはマイケル・チャンだけど、もう一人のコーチ!?松岡修造の心の師である?宗方コーチの名言は「この一球は無二の一球なり」。
だからこそ、この一球をこの一日を大切にしなければならないと。
それこそがが明日に繋がるのだから。

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

訃報 赤瀬川原平さん
前衛美術家、あるいは小説家としても芥川賞を受賞、エッセーでも「老人力」という流行語を生むなど幅広く活躍した赤瀬川原平さんが亡くなってしまいましたね。
もっとも僕は「トマソン」(用途不明・意味不明の建物)探す赤瀬川原平さんが中心となって作った「路上観察学会」が面白く、散歩の楽しみとなった。
それぞれの建造物にはたいていは何らかの意味があったはずなのだが、それぞれが持つ歴史の断絶に意味が失われ、トマソンとなるのだ。
トマソンとなった残存物から歴史を探る旅でもあって、妄想癖の人にはこの上ない楽しみ。
また、千円札事件でも有名で、あんなものが犯罪となるのかと思ったけど、パロディや前衛美術は理解されにくいからなあ。実際、子ども銀行券などまさかと思うようなもを使う奴もいるから始末が悪い。

56643148.jpg

画像は映画「ブリンクス」の映画チラシだけど、いまやこういうものもまずいのか!?
ささやかな日常にたくさんの不条理を教えてくれた赤瀬川原平さんでした。

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

薬師丸ひろ子「探偵物語」松田優作
先日、NHKBSプレミアムで映画「探偵物語」をやっていて久しぶりに見た。
公開時は筒井康隆を一躍有名にしたジュビナイルSF(NHK少年ドラマシリーズの第一作としても有名)の傑作で大林宣彦監督尾道三部作の名作ともなった「時をかける少女」が同時上映だったので、さすがの薬師丸ひろ子も割りを食った感もあるけど、やっぱり見直してみるといいね。

62752582.jpg

松田優作に根岸吉太郎監督だからただのアイドル映画では終わらせないし。
僕の中で印象がことさら薄いのはあのラストのキスシーンを消し去りたかったのかもしれない。
ハードボイルドな探偵が清純な女子大生に手なんか出すんじゃねーよとか、ここはせめてさわやかなキスで終わったほうがとか、あの頃は思ったんだろうなあ。
いや、今もよくわからないのだが、どうなんだ相米慎二。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

LAGOON(ラグーン)謎のボーカリスト“M”は瀧本美織
ソニー・ミュージックレコーズが企画する「女性の夢を叶える応援プロジェクト」から今秋デビューが決定していた5人組のガールズバンド「LAGOON(ラグーン)」で、女優として活躍する謎のボーカリスト“M”とされていた人物が、瀧本美織であることが分かった。(webザテレビジョン)

瀧本美織はドラマ「美男ですね」でも秘密を抱えた天使の歌声の持ち主として登場し、
その歌声はほんとうに天使のようでありました。
吹き替えかと思ったら本人だったのだ。
ほかにも高畑充希のように密かに?歌手として活躍する人もありますからね。

tumahakunoiti.jpg

妻は、くノ一」と思ったら、実はボーカリストでもあった。

テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能

片桐はいりさんの映画館愛
先日の 「土曜スタジオパーク」のゲストは 尾美としのりと 片桐はいりで、まあ、ともに番宣でもあるけど、見逃せない二人ですね。
尾美としのりは「さよなら私」だけど、入れ替わりものかの発言には大笑い。運命づけた映画だものなあ。
一方、はいりさんの映画愛(映画館愛!?)はハンパでなく、通いの近くの映画館ではもぎりや清掃までスタッフとして関わっているらしい。
もぎりというのは劇場窓口でチケットを買って、館内でチケットの半券を切る係りの人ですね。
今ははいりさんの通うような名画座は劇場側も観客も映画ファンばかりなのだろうけれど、かつてのとりわけ地方の名画座などは場末感にあふれていた。
ちなみにチケット売り場はテケツと呼ばれていて、テケツともぎりは仲が悪いとされ、これは映画館側の事情があり、映画鑑賞券が使いまわしされないようわざと仲良くしないように仕向けていたとも聞いた。

syuuraku2.jpg


清掃のおばさんもひどかった。
エンドロールが始まるやいなや開閉ドアを開けっ放しにして、掃除を始めるのだから。
映画本編もフィルムがボロボロのもがもあり、映像・音も悪く、あげくにフィルムが切れてスクリーンが真っ暗になることもあった。
座席も目いっぱい置いてあって、字幕が読みにくかったり、首が痛くなるほどの場所もあったし、間隔・傾斜も少なかったから、前の座席に背の高い人が座れば画面に引っかかり、見ずらかった。
映画が始まり、館内が暗転すると後ろの壁際に立っていた人が、女性の隣に座るような中年の痴漢常習の人もいた。
でも、入れ替えもなく一日中、好きな映画が見られた、あの頃とどちらがいいのだろうか?
学生はお金はないけど、時間だけはあったからなあ。今から30年以上も前のお話。

画像のシネガイドはさらに遡って1967年の岐阜日劇ニュースだけど、右端に「衆楽70ミリ」とありますね。
この年正月映画は「戦争と平和」だったのだ。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

「ひみつのアッコちゃん」も大人になれば「きょうは会社休みます。」
劇場でも見たのだけど、またテレビでも見てしまった「ひみつのアッコちゃん」。
やはりこういう役は綾瀬はるかしかいないのではないかなあ。
他愛のないお話とはいえ、会社のっとり騒動、爆破事件など盛りだくさん。
どうかなあという設定も大人の視点からのものであって、子供の視点から見れば社会も会社もあのように見えるのかも。
ちなみにアッコちゃんが大人に変身したのは、大人のアッコちゃんだけでなく、会社前社長(大杉漣)専務 (谷原章介)総理夫人 (内田春菊)美人OL(吹石一恵)などもあって、大杉漣など楽しそうにやっていた。
でも、会社にアッコちゃんのように楽しく元気よく出勤できたらどんなにいいだろう。
スキップして「おっはよう」なんてね。
日テレの「きょうは会社休みます。」も始まったけど、これもやっぱり綾瀬はるかじゃないと思っちゃいますね。

akkotyan.jpg

鏡は古来より不思議な存在で、童話でも異界への入口だったりしますね。
家にある母親の3面鏡で無限に続く自分を覗いて不思議だったし、家の近くにあった木橋から川を覗くと波に揺らめく自分が写り、姿を追って危うく落ちそうになった。
女の子がより魔法に近いのは「白雪姫」はもとより「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」「プリキュア」など鏡が身近にあるからです、たぶん。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ゲイであることの誇り アップルのクックCEO
アップルのクックCEOが「私はゲイであることを誇りに思っている。ゲイであることは、神が私に与えた最高の賜物の一つだと考えている」というニュースが出ていて、さすがはアメリカというか、アップルというか。
続けて「ゲイであることで私は、少数派に属するというのがどういうことか、より深く理解できる。他の少数派グループの人々が日々直面しているチャレンジを垣間見ることができる。これは私が他の人に共感する力を高め、より豊かな人生を私にもたらしている。難しいことや居心地が悪いことも時にあったが、自分自身であること、自分の道を進むこと、逆境や偏見に負けないことへの自信ができた」。

rasuto.jpg

最近では米ドラマ「Lの世界」やまた日本でも衝撃的な設定、展開で話題を呼んだ「ラスト・フレンズ」は、DV・トランスジェンダーなどTVドラマのなかでは禁忌的な部分にも踏み込んだ意欲作でした。
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)という性的マイノリティが暮らしやすい社会は、性的な面だけに限らず差別が少なく自分らしさを発揮するのに寛容で、鋭い感性、自己研鑽意欲が高く、クリエーティブ・クラス(創造者階級)が多いというのはそういうことだったのだ。

日本は全てに多様性におおらかな国だったはずだけど、宮沢洋一経済産業相SMバー問題について、 「口にするのも汚らわしいところに政治資金を支出していた」なんてことを問答無用に言われちゃうからなあ。
LGBTのような性的マイノリティではなく、個人的な性的嗜好の問題だけど、少数派に属するというのがどういうことか、あまり考える必要がない生き方をしてきたのだろうなあ。

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

映画「バイオハザードⅤ」の過剰な過剰な解説
文化の日、読書の秋といきますか。
「文藝漫談」もしているという作家の奥泉光によれば、事前に取り上げる作品をどれだけ読み込んでいることが大きいらしく、ていねいに読んではじめてその魅力、面白さがひらけてくるという。ダンテの「神曲」も日本語で読むとさほど面白くなく、英訳で読んでみたら俄然面白くなり、それはつまり、英語で読んだから面白いのではなく、英語だと日本語のように早く読めないから面白く、詩も俳句も暗誦するまでに心に刻み付けて、はじめて浮かび上がる美がそこにはあるのだと(日経新聞 文学は読み込め 奥泉光)。

読書はちょっとという人はテレビや映画でもいいけど、アニメ映画「パプリカ」などの今敏監督もかく言ってます。
「僕は、誰にでも理解できるものばかり作ることは、文化の崩壊を招くと信じているんです。 今は、テレビを見ていても、どこで笑えばいいか字幕が教えてくれる。自分の頭で考えない人が 日々製造されているんです。だから、僕の作品で、自分の頭で考えたほうが楽しいということも 感じてもらえたらうれしいですね」。

4988021759069.jpg

実は昨日、テレビで映画「バイオハザードⅤ」を見たのだけど、CMが入るたび途中でキャラクターの紹介、これまでのあらすじの紹介をごていねいにおりおりにやってくれるのだ。誤読、妄想の余地もない。
邪魔でしようがないのだけど、見慣れてしまえば慣らされて、ないと分からなくなってしまうのかもしれない。
ここテレ朝「日曜洋画劇場」はかつて映画評論家淀川長治がやさしく解説をしてくれたけど、こんな紹介は絶対許さなかっただろうなあ。
1980年代頃まではアニメも少なかったからどんな作品でも見たくてしようがなく、それでも1年も見続けてやっと最後に面白くなる、あるいは最後までどうかというのもたしかにあったけど、無駄ではなかった、たぶん。
今は1話どころか、10分でチャンネルを変えちゃう人もいるらしいからね。
まあどんな作品もあきらめず、投げ出さず、見続けることも肝要な文化の日としましょう。

画像は奥泉光原作「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」。日々、妄想。
これもテレ朝だったんだけどなあ。
地震大国の「鹿男あをによし」
最近のドラマはすぐにでも再放送があったりするのだけど、さっぱり見かけないのもありますね。
不祥事がらみであっても作品には関係なく名作はまた見てみたいし(やまとなでしこ)、またよくわからないまま再放送があまりないというのもありますね。
「鹿男あおによし」もそうだと思うのだが、再放送がないのはやはりテーマの一つ「地震・噴火」のせいだろうか。
玉木宏、綾瀬はるかのW主演、多部未華子、柴本幸、篠井英介、キムラ緑子、佐々木蔵之介、児玉清なども豪華です。
地震国だからこそ生まれるようなファンタジーであり、遠ざけるより日常においたほうがいいのではないかなあ。
やっぱり古都奈良は美しくて、ただ見てるだけでも和みますからね。
古都奈良では鹿と話そうが、マイ鹿だろうが日常に馴染むような気がするのだった。
凛とした美少女(多部未華子)やボーっとした藤原先生(綾瀬 はるか )、インテリながら小ずるそう教頭(児玉清)など、凛としたもの、のどけきもの、そして妖しきものがふつうに混在するのが古都奈良。
そして、たしかに鹿は高貴でなかなかに美しいような。
古都奈良を、その遺跡を守るのは文化庁ではなく、日本を災害から救うのも日本政府ではなく、鹿、狐、鼠、そしてそれぞれ選ばれた使い番、運び番なのだった。
sikaotoko.jpg

やっぱり、古都はいいでしょう。といっても古いだけではない。
その後、遷都した平安京のあった西暦1000年の世界都市人口は、1位がコルドバ(スペイン)、続いて開封(中国)、コンスタンチノープ(トルコ)、アンコール(カンボジア)と続いて平安京は第5位で17万人を越える大都市だったという。
大都市を維持するためには食料の流通・治安など政治・経済・秩序の基盤が必要だから、世界的にみても屈指の先進都市だったのだ。
それでも天災も病気も人の力ではどうにもならなかった時代、人はもう少し鹿男ではないけれど、自然と寄り添い謙虚に生きていたのだろう。
今こそ、「鹿男あをによし」を。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

無形文化遺産美濃和紙に描くは会田誠?
世界の伝統文化などを保護するユネスコの無形文化遺産に、島根県の「石州半紙」、岐阜県の「本美濃紙」、埼玉県の「細川紙」のいずれも「こうぞ」だけを原料とした伝統的な手すきで作られる和紙の技術が登録される見通し。

美濃市は近いし、うだつの上がる街並みや和紙などを扱うこじんまりしたシャレた店も多く、たまに行ったりするのだけど、これでまたいちだんと街がにぎわうのかも。
あまり観光地化してしまうのもなんですが、伝統技法も需要がなければ消えてしまう運命ですからね。
美濃和紙あかりアート展など地道なイベントもあるのだけど、一気に認知が広がるといいなあ。
日進堂書店という古い店構えの書店があり、覗いてみるとこれが書店に非ず。美濃和紙などの懐かしい紙製品の専門店で、最奥に若干の書籍、ひまわり・夢二本などがあり、美濃和紙にはああいう絵が似合います。
大正ロマンを華やかに彩った竹久夢二。

img71843925.jpg

その挿絵は夢二式とも呼ばれ、絵から抜け出したような女が街にあふれだした。
川端康成も「少女ばかりでなく、少青年からさらに年配の男の心も染め一世を風靡した」と記し、歌人 中原綾子は「若い女の子のきもちが、夢やあこがれや哀愁といったものがよくとらえられ、好もしく描かれていて、その絵がまるで自分のものでもあるような錯覚を抱かされた」(日経新聞 竹久夢二 抒情の革命)
「いまのAKB48のようなもの、女になる前の少女の純粋な感性が転換期の社会を席巻した」」(評論家 海野弘)。

となれば、美濃和紙にとって最高の「カワイイ文化」の時代と無形文化遺産という最大のチャンスがやってきたのでは?
夢二や中原淳一の絵が人気を博したように美濃和紙で美人画というのはどうでしょう。
まさに19世紀のヨーロッパを席巻した浮世絵などのジャポニズムの再現。
今はBL人気も高いですからね。
江戸時代の妖しいほどの浮世絵・美人画を下支えした風俗のひとつ男色(僧侶や武家で密かに行われていた)が庶民の風俗として広がったのが江戸時代で、しかもそれは男色趣味の男たちではなく、また後家、奥女中でもなく、美しい少年に熱を上げ、妖しい美少年の姿に好奇・興奮するリアルを離れた一般町民・若い女性たちだったといいますからね。
爛熟の江戸時代ともシンクロしているぞ。

nakaharajyun.jpg

竹久夢二の抒情を引き継いだのは中原淳一。
さあ、その危うい叙情を引き継ぐのは誰だ?会田誠か!?