理系・文系を重ねて見る光景は
アンの想像の翼、竜馬の男気
花子とアン」もとうとう終わってしまった。
最終週となってようやく「赤毛のアン」と書名も出版も決まり、出版元社長(茂木健一郎)の演技が棒読みともあったけれど、日常であっても緊張したりすれば棒読みのようなぎこちなさはあり、流暢ばかりが自然な演技とは限らない!?
でも花子の思いは多くの少女たちに届き、今の日本を担い、アニメにもなってさらに裾野は拓かれ、これからも力強い担い手となります。

26a72d78f664a433862443fbd8626cb3.jpg

働く女性のバイブル本は「赤毛のアン」と「竜馬がゆく」(日経ウーマン)という調べもありましたからね。
さあ、これからこそがいよいよ女性の時代。
アンの想像の翼で、竜馬の男気で時代の曲がり角を越えていってもらいたいものです。
スポンサーサイト
ラピュタの世界は廃墟
神奈川県横須賀市沖の東京湾に浮かぶ無人島「猿島」が、スタジオジブリの人気映画「天空の城ラピュタ」を連想させるとして人気となっている。来島者の増加と景観や史跡保護のため、同市は来年4月から入園料を導入する方針を決めた。宮崎アニメの舞台や、似ている風景は観光地として人気が高く、同島も新たな聖地の一つとなりそうだ。(スポニチアネックス)

確かに画像で見ると「ラピュタ」の世界を彷彿とさせます。

papermoon_vwbs-1189.jpg

でもまあ、これは一時人気だった廃墟ブームの一環ともいえますね。
軍艦島や廃遊園地、廃工場、廃線跡、廃トンネル…時間に取り残された空間というか、異世界があり、
またそこに美少女でもいれば、あっというまにSF、ファンタジーの世界に転じますからね。
地元各務原市にも木曽川をはさんだ犬山城の対岸に川から直立するような岩山に妖しい屋敷が建っていて、
いつか探検してみたいと思っていたのだが、壊されてしまった。
残しながら整備して欲しかったなあ。
近くに日本ラインフィルムコミッションというのがあるけど、妖しいミステリーのロケ地にもなったのに。
おそろし〜三島屋変調百物語 「魔鏡」 女性にとっての鏡
NHKプレミアムの時代劇「おそろし〜三島屋変調百物語」、怖ろしくも美しい日本的ゴシックホラーの趣です。
監督の金子修介が映画作品なみのこだわりです。
第4話は「魔鏡」で、まあ怖いこと。
それにしても鏡というのは古今東西を問わず、秘密のアイテム。
日本アニメの初期から始まる魔法少女ものも「魔法使いサリー」から始まって、「ひみつのアッコちゃん」「魔法のマコちゃん」、そして「プリキュア」と連なります。
魔法ものといえば変身したり、空を飛んだりするのだけど、女の子ものの変身アイテムに限っては、やはり鏡ということになります。

114cd0f20a08b238e551bbd55d84d8c9e393006d_40_1_12_2.jpg

本来の魔鏡とは外見はふつうの鏡で光を当てて反射した光を壁に投影すると、裏に刻んだ模様が浮かび上がるという金属製の鏡をいい、紀元前100年に中国で初めて作られ、江戸時代の日本では隠れキリシタンがキリストの像を魔鏡で映し出し、密かに信仰の対象とした。
現代でも魔鏡がなぜ映るかは完全に解明されていないらしく、ゆえに魔鏡でもある。
でもまあ、魔鏡でなくても鏡はあやかしのものなのだ。
ぼくなど未だになぜ鏡は左右が逆になるのに、なぜ上下反対にはならないのか、それもよくわからない。
よく家にある母親の3面鏡で無限に続く自分を覗いて不思議だった。
橋の上からゆっくり流れる川面に映った自分を見て落ちそうになったりはしませんでしたか?
白雪姫」はもとより「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」「プリキュア」など魔法とのつながりが女の子に多いのは鏡が身近にあり、そのままを写すだけでなく見る者がかく見たい、ありたいと願いながら見るからですね。
見る者の意識を強く投射するのだから、その写る姿はそのままであるはずがない。
男では「ミラーマン」があったけど、身近に鏡がないので変身にも苦労していたような…。
仲間由紀恵さんが結婚!
国民的人気女優の仲間由紀恵と、演技派俳優の田中哲司が結婚です。
仲間由紀恵さんといえば、最近はまた「花子とアン」で事実上のWヒロインである凛としながらも優しい蓮子様で話題を呼び、年末の紅白歌合戦の赤組司会も有力。

hanakoto.jpg

田中哲司さんはテレビで見ない日はないほどの大人気バイプレーヤーで、今シーズンもNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、そして「ST 赤と白の捜査ファイル」と、おなじみの刑事役で出演されていますね。
人気主演女優、人気演技派バイプレーヤーとなかなかありそうでなさそうな人気カップルでよかったなあ。
嘉納伝助様もこの結婚にはさぞ、お喜びでありましょう。
あすなろ三三七拍子
もう最終回も終わってしまったのだけど、応援団青春ドラマ『あすなろ三三七拍子』が
低視聴率ながら評判がよかったらしい。
そう、たった1話や、ものの10分でよしあしを決めちゃう人が多いらしいからなあ。
やはり、物語は背景などをきちんと描きこまなくてはならないものあり、最初から決め付けてはいかんのだ。
『あすなろ三三七拍子』はたしかに1話はどうかなあという展開だったけど、2話から俄然面白くなってきていたのだ。
潰れかけた古色蒼然たる応援団を再生すべく派遣されたリストラ寸前の中年サラリーマンの応援団長、
フェミニズム論研究室からフィールドワークの一環として送り込まれた女子団員(実はこの女子団員がいちばんの応援団体質で熱かったりする)、応援団華やかなりし頃を知る熱血応援団OB(反町隆史、ほんこんがいいです)
チア部の心優しき部長、ライバル校応援団など家族、周辺も丁寧に描かれ、面白さ切なさ愛しさ満載なのだ。
さらにこのドラマ、フェミニズムVS応援団体質という究極のバトル?でもありますからね。

hananoouenndann.jpg

こちらは全くの別物でもない!?「嗚呼!!花の応援団」。
1年ゴミ、2年奴隷、3年人間、4年神様と徹底的タテ社会の構図は今も全く変わらない。

ちなみに今シーズン「アゲイン!」という応援団ものもあってこちらも面白い。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

盲導犬の「ハチ公物語」
盲導犬のラブラドルレトリバーが刺された事件で波紋が広がっている。
犯人の非道さは無論だけど、盲導犬の訓練そのものが「かわいそう」「動物虐待では」といった声が
盲導犬の育成団体などに届き、盲導犬のパートナーに心ない言葉が浴びせられるケースもあるという。

動物愛護の問題は難しいなあ。
常に人のそばにあって、ペットとして家族同様に思う人もあるし。
ただ、ペットを愛するためのそれぞれに躾があるように、盲導犬も適性を見ながらするもので、
厳しくはあっても愛情もより深いものでもあるのだろう。
愛情のかけ方はそれぞれにちがい、人でも動物でも盲目的なってしまいがちですからね。
人の傍にある猫や犬はもちろん、イルカ、クジラなども。

papermoon_etrs-0631.jpg

ミジンコだって人と同様なほど愛する人がいますからね。
「刑事犬カール」というのもあったけど、命の危険はあっても愛されていたなあ。
まずは盲導犬を傷つけた犯人なのだ。

画像は「ハチ公物語」。

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

あなたただ一人に歌いかける一青窈 私重奏
一青窈って前から只者じゃないと思っていたけど、カバーしたのは「他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS」だからね。これを歌いますか、一青窈。
昼顔」の主題歌だからなあ。
「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」最終回に向けてますます盛り上がっているようだけど、僕は怖くて見られないよ!?
一青窈は「よりたくさんの人に伝えようと思うと歌詞は狭くなる。対象を絞ったほうが言葉は普遍化する」と言っていて、
いわば、あなたただひとりに歌いかけているのだ。
怖いでしょう。それとも幸せでしょうか?

ドラマの盛り上げにかかせない一青窈さんの「他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS」。
こちらが収録されているアルバムが10月に発売です。

UPCH-29177.jpg

【CD】一青窈/私重奏(初回限定盤)(DVD付) 3,996円
【CD】一青窈/私重奏(通常盤)      3,240円

今話題のフジテレビ系連続ドラマ木曜劇場「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」主題歌 「他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS」をはじめ今年3月移籍第一弾シングルとしてリリースした「蛍」、映画「ペコロスの母に会いに行く」主題歌の「霞道」、 台湾故宮博物館展 イメージソング「LINE」など、多数タイアップ楽曲を収録。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

「艦隊これくしょん -艦これ-」ではない駆逐艦雪風
2015年1月からテレビアニメも放送される人気ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」。
大日本帝国海軍の艦艇(軍艦)を萌えキャラクターに擬人化した「艦娘(かんむす)」と呼ばれるキャラクターのカードをゲーム中で集め、強化しながら敵と戦闘し勝利を目指すというものだけど、ほんとうの雪風にはこんなおじさんが乗っています。

kutikukann.jpg

連合艦隊で活躍し終戦までほぼ無傷で生き延びた奇跡の駆逐艦といわれるから、さぞやタフな子でありましょう!?
それにしても日本の戦艦の名前は地名や気象用語など美麗なものも多く、擬人化されたのでしょうなあ。
アニメやSFでも「雪風」「ナデシコ」「そよ風」と愛されている。
ちっとも強くなさそうなのが愛おしい。
「こころ旅」秋の旅スタート!人生の秋、下り坂最高!
さあ、今日から「こころ旅」秋の旅のスタートです。
先週は今や恒例となった『こころ旅 直前スペシャル』が放送されていましたからね。
ゲストはグラビアにバラエティに大活躍の吉木りささんと、 芥川賞を受賞したばかりの小説家・柴崎友香さん。
そして、もちろん火野正平。
お二人とも好きだったんだなあ、正平さんもこの番組も。
手紙の二度読みの意味、手紙の本人だけでない視聴者の追体験、モテ男火野正平の高感度センサーキャッチ力の的確な分析。
火野正平さんも苦笑いするほど熱心なファンであることがよくわかります。
残念ながら二人とも 火野正平さんと別取りのスタジオ撮影だったけど、
手紙の二度読みじゃないけど終わってからでいいので、3人で顔合わせて…。

pcbe-63494.jpg

すっかり秋めいてきて、体力的には快適な旅となるでしょうか。
人生の秋、下り坂最高って。
まあ、下り坂といっても転げ落ちないようには気をつけないといけませんが。
鳥取とか島根はなかなか行けそうもないから楽しみです。

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

素晴らしき戦争
【エディンバラ(英北部)時事】英国北部スコットランドの英国からの分離、独立の是非を問う住民投票は19日、開票の結果、反対多数で否決された。国内のみならず国際的に悪影響が広がることが懸念されていた英国の分裂という歴史的な事態はかろうじて回避された。

やはりよその国の事情というものはなかなかわからないものですね。
ただ、さすがは歴史のある民主国家、終われば多少のことはあっても仲良くスコッチでも飲むのでありましょう。
イギリスは反戦映画ですら、こんなにシャレた映画に仕上げるのですから。

subarasikisennsou.png

映画の題名も奮っています、原題は「OH What a Lovely War」、邦題も「素晴らしき戦争」。
いつのときであってもユーモアを。
ユニオン・ジャックは明日も力強くはためく。

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

サトエリのラムちゃん
サトエリがラムちゃんビキニを披露したというニュースがあったけど、サトエリは「キューティハニー」もやっているからなあ。
昔はアニメの実写化やコスプレは相当に無理があったけど、日本の女の子は確実にアニメ体型に近づいてきた!?

papermoon_10003-83665.jpg

これも種の保存の強化の一環で羨望進化論というべきだろうか。
それとも自己愛に過ぎず、種の衰退に繋がるのか。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

「おそろし〜三島屋変調百物語」波瑠「BORDER(ボーダー)」
NHKプレミアムで時代劇「おそろし〜三島屋変調百物語」が始まったけど、ヒロインを演ずる主演の波瑠がいい感じですね。
やはり怖ろしい秘密を抱えたヒロインおちか(波瑠)だからこそ、受け止められるというか。
悲しみ、憎しみを話すことで、聞くことで解きほぐしていくのだが、生半可な女性では出来るものではない。
そんな優しくも芯の強いおちかが怖ろしくも妖しい物語を聞き集めることになってしまうのだが、ともに浄化されるされるのならいいのだけどなあ。

border.jpg

前シーズンに「BORDER(ボーダー)」という死者を見るがゆえにその正義もボーダーを越えてしまうなかなかの佳作があったけど、波瑠はそのドラマでも主人公の横にいて見守るような役で、時代をさかのぼればおちかであるような。
話してくれれば救えたのかもしれない。
なんでも話せば済むということではないけど、人の基本ではある。
A-Studioのアシスタントのときも控えめでよかった。美しい女優さんです。

【BD】BORDER Blu-ray BOX(Blu-ray Disc)
2014/9/26発売 販売価格:25,920円(税込)

DVD-BOXはこちら

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

「アオイホノオ」 あだち充 「タッチ芸人」
「アメトーク タッチ芸人」を見ていたら、例によってキャラの見分けがつかないという話題が出て、すごい話が出た。
あだち充が「ぼくのマンガは一つの劇団が色んな芝居をやってるんです。だから顔が一緒なのは当たり前」と言ったというのだ。この発想は思いつかなかったなあ。
小劇場ながら普遍的な人気役者を抱えているという構図だろうか。
主演、ヒロイン、脇役も常に一緒だからね。
他のマンガ家も言われてみればそうかもしれないけど、もう少し、大所帯というか俳優陣を多く抱えている感じはします。

papermoon_tbr-23219d.jpg

しかし、あだち充はすごい。同じような青春ラブコメを描いて、ずっと人気があるのだからね。
もう「野菊の墓」「伊豆の踊り子」「潮騒」のような巨匠たちと変わらぬ青春入門篇だなあ。
アニメ・漫画ファンだけでない幅広い人気を持ち、「タッチ芸人」から「アオイホノオ」で描かれるようなマニアックな作家たちまで唸らせるんだからなあ。

いや、僕はやっぱり若松みゆきで。
降臨!士郎正宗「アルギデロス」の完成品
オークションストアについにあのPCエンジンソフト 「エターナルシティ 都市転送計画」より士郎正宗「アルギデロス」の完成品が降臨。
「アルギデロス」のキットも販売されていますが、あまりの高難度の制作に手が伸ばせなかったあなたに。

01-001.jpg

もう一点、アルギデロス内部構成展示用完成品も合わせて出品しました。
デング熱の拡大を防げ!
デング熱の国内感染問題で、東京都は4日、東京・渋谷区の都立代々木公園で採集した複数の蚊からデングウイルスを検出したと発表。感染拡大を防ぐため、4日午後から同公園の大部分を封鎖した。封鎖は1967年の開園以来初。今後、駆除が行われる予定だが、封鎖解除時期は未定となっている。(報知スポーツ)

空気感染などはしないので急激に拡大することはないのだろうけれど、閉鎖空間じゃないから完全封鎖できるわけじゃないし、代々木公園って広そうだからなあ(実は行ったことがない)。
野外イベントなどに影響が出るかもしれない。野外イベントにもいい季節になるのだけどなあ。
10月末くらいまでは活動時期というから秋の運動会だって油断ならない。そうならないためにも徹底駆除を。

lumiace22.jpg

各種イベント・ライブにはペンライトをお忘れなく。

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース

「マルモのおきて」スペシャルで復活!
人気子役の芦田愛菜(9)と鈴木福(9)が双子の姉弟を演じて人気を呼び、主題歌も大ヒットしたフジテレビ系ドラマ「マルモのおきて」が今秋、3年ぶりにスペシャルドラマで放送されることが4日、分かった。(サンケイスポーツ)

今回は成長のままに小学4年生の設定らしく、二人とも大きくなったものね。だんだんと難しい年頃にもなってくるけど、「北の国から スペシャル」のように定期的に成長が見られるドラマにしてほしいなあ、「マルモのおきて」。

papermoon_pobd-29001.jpg

【DVD】マルモのおきて DVD-BOX
2011/09/21発売 販売価格:24,624円(税込)

親友の死をきっかけに、親友が男手ひとつで育ててきた双子の子供と、双子が拾ってきた人間の言葉を喋るミニチュアシュナウザーのムックと共に生活することになった独身男が、様々な困難を乗り越えながら本当の家族になっていく姿を笑いと涙溢れるストーリーで描いた心温まるホームドラマ。阿部サダヲ、芦田愛菜、鈴木福ほか出演。全11話を収録の7枚組DVD-BOX。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

朝日新聞のウワサの真相
朝日新聞がえらいことになっています。
従軍慰安婦、福島原発の吉田調書の誤報・謝罪問題、それに関わる池上コラム掲載拒否などが一挙に噴出、
徹底批判の週刊誌の広告掲載拒否も、その理由に記事内容に踏み込んでしまうというジャーナリズムの基本的ミスで混乱しているのだろうなあ。
社会の公器としてあまたの不正を厳しく指弾・報道しているのだから、自らはより律しなければならないでしょう。
まあ、遅きに失したとはいえ間違いはさっさと正し、検証と不名誉を挽回してもらわなければならないけど、
だからといってそれ見たことかと白と黒が一挙に入れ替わるようなあまりに極端な二元論の世界にはなってほしくないなあ。

41801798.jpg

日本は自然も文化も豊かな多様性の国なのだよ。
陰影礼賛という微妙な世界にまで感性が届く国なのだから。
事実報道を旨とするなら産経も文春も新潮も、朝日新聞はなくてはならない好敵手!?
多様な視点があればこそ、真実に近づけます。

画像は映画「ウワサの真相」、こんなのだったらスクープも抜きつ抜かれつ、
新聞各社はもちろん、週刊誌、ワイドショーも!?
訃報 曽根中生監督
ちょっと前になるけど、曽根中生監督が亡くなってしまった。
ロマンポルノの監督デビューなので成人映画の印象もあるけど、「嗚呼(ああ)!!花の応援団」シリーズや
博多っ子純情」など破天荒な佳作もあるのだよ。

36321305.jpg

夜をぶっとばせ」というのもあったなあ。
一時、無責任な消息不明や死亡説まで出たこともあった。
この映画のキャッチコピーじゃないけど、
「なんだよ、いちいちうるせえんだよ」
そんな声も聞こえて来そうな。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

花子とアン クランクアップ
NHK連続テレビ小説『花子とアン』もついにクランクアップ。
いささか異色のキャスティングだった吉高由里子、Wヒロインとも言うべき蓮さまの仲間由紀恵、
兄姉妹や周りの人物も丁寧に描かれ、群像劇のような趣もありましたね。
石炭王の伝助さんなどちょっとかっこよすぎなほどに。

hanakoto.jpg

ももちゃん役の土屋太鳳も次次作の朝ドラ「まれ」の主演も決まってよかったなあ。
やっぱり朝ドラってすごいですからね。
花子とアン 完全版、いよいよ発売です。
中秋の名月のセーラームーン
一昨日は中秋の名月で、こちら岐阜地方ではようやく天気も回復し、きれいに見えましたね。
もっとも満月となるのは昨日で月と地球の最接近し、満月が重なるスーパームーンだったらしい。
それにしても台風がそれてよかった。月が最接近ということは干満もピークになるってことですよね。
さあ、今日も夜空を見上げてみましょう。
月が最接近ということは干満だけでなく、うさぎは餅をつき、かぐや姫も降りてくるかもしれないよ。
宇宙のロマンが広がる、澄み渡る秋の空です。

1b84797e344a460dad0723a62675f60a.jpg

時を超えー新たな運命の光が解き放たれるー
ニコニコ動画にて2014年7月5日(土)19:00より世界同時配信の
新作アニメ「美少女戦士セーラームーン Crystal」【初回限定豪華版】Blu-ray1巻が発売です。

【BD】美少女戦士セーラームーンCrystal(1)(初回限定豪華版)(Blu-ray Disc)
2014/10/15発売  8,100円

・特製BOX仕様【小坂明子アレンジオリジナルオルゴール内蔵】
(※オルゴールの楽曲は「美少女戦士セーラームーンCrystal」OP曲「MOON PRIDE」)
・アニメ版権描き下ろしデジパック

テーマ:天気 - ジャンル:ニュース

錦織、エースをねらえ!
全米オープンテニス最終日は日本時間9日、男子シングルス決勝が行われ、錦織圭(日清食品)はマリン・チリッチ(クロアチア)に0-3で敗れ、準優勝となった。(スポーツナビ)

チリッチが錦織よりランキング下位だったこともあって優勝も期待されたけど、やはりそう簡単にはいかない。
思えば「エースをねらえ!」からとうとうここまで来たのだからね。
大の「エース」ファンの松岡修造さんの願いが繋がったのだ。
「エースをねらえ!」がテニスブームを作り、日本テニス界だけではなく、女子スポーツ全般のレベルアップに繋がったのは間違いなく、また当時のマンガでは珍しく魔球に頼ることなく、堂々たる女子パワーテニスを描いたのだった。

36317974.jpg

しかし、サッカーもそうだけどネット社会はあっという間にブームとなり、またあっという間に消費してしまうなあ。
「エースをねらえ!」の頃はブームといってもここまでの圧倒さはもちろんない。
繰り返し波があり、地道に支え続けた人たちがいたのだ。
ちゃんとこれからの日々の礎となりますように。
お蝶夫人、緑川蘭子、藤堂など魅力的ななキャラも挙げればきりがないけど、やはりヒロイン岡ひろみとコーチ宗方仁、この二人の無償の愛の物語でもあった。
その宗方コーチは「この一球は無二の一球なり」と言っていましたね。
だからこそ、この一球をこの一日を大切にしなければならないと。
それこそがが明日に繋がるのだから。
出雲のイナズマ「芙蓉の人」
体調不良のため今年3月から8月末まで休場中の里見香奈女流2冠が休場期間を12月末まで延長し、防衛戦となる10月開幕の第4期リコー杯女流王座戦5番勝負も出場せず、事実上のタイトル返上となるという。
順風満帆に女流トップまでに上り詰め、女性初の奨励会3段と前人未到の高みを目指した里見香奈さんに何が起こっているのだろうか。

inaduma.jpg

NHK土曜ドラマ「芙蓉の人」の人ではないけど、自然も将棋界のような男社会は女性には厳しいに違いない。
かつて、出雲のイナズマとも呼ばれた少女が芙蓉の人にならんことを。
SNSが作る「若者たち」
ネット書店最大手のアマゾンが、電子書籍の販売条件で出版社を「格付け」し、アマゾンに有利な条件で契約した出版社の書籍を、読者に優先的に紹介する新たな仕組みを導入したことが分かった。出版社は「市場の支配力を背景とした脅しだ」などと反発。米国や欧州でも出版社や作家によるアマゾンへの抗議が広がっており、対立が浮き彫りとなっている。
紙の本でもアマゾンに有利な条件の出版社の本を優先的に読者に薦めているが、成長市場の電子書籍では紙よりも優先度に差をつけている。格付けが下の出版社の書籍は読者の目に触れにくくなり、出版社にとって死活問題だ。(朝日新聞)

まさに資本主義、競争原理の覇道を「消費者の支持」という御旗を立てて突き進むアマゾン。
アマゾンに象徴されたインターネット通販はマイナーな商品でも幅広く取り揃え、あるいは対象となる顧客の総数を圧倒的に増やすことにより、陽の当たらなかったような商品も含め、全体としての売上げを大きくするといわれ、ロングテール効果といわれたのも今は昔。
所詮は戦略に過ぎず、圧倒的支持を得た今、すべてが競争原理の名の下に、かつてささやかに生きていたものまでが根絶やしにされていくなあ。
と言いながらも、ネットに乗っかちゃってるだけどね、ウチも。

wakamonotatiuta.jpg

ソーシャルメディアの発展も個人から発信が容易となり、大手メディアに等に圧倒されたいた時代から、多様となるはずだったけど、相互監視の世界となって他者の動向ばかりが気になって、かえって多様性が失われていく。
妄想空間だって侵食してくるからね。
ビッグデータのいうお奨め本というのは以前から余計なお世話と思っていたけど、やはり、資本の論理に従属したものに過ぎず、今後はさらに恣意的になるのだろうなあ。
でも、便利・安い・親切という人間の欲望の根幹をつくような、この見事な手法に自らはまり込んだ僕たちに脱出の術、あるいは覚悟はあるだろうか。
かといって、アーミッシュのような世界にも違和感があるしなあ。
まあ、いろんな事柄があったにしても、多様が迫害されていたとしても、とにかく存在しえた時代がいいと思うけど、さすがに大丈夫か!?
この宇宙を食い破るほどのアウトサイダーがまた出てくるのだろうか。

若者たち

君の行く道は はてしなく遠い だのに なぜ 歯をくいしばり 君は行くのか そんなにしてまで
君のあの人は 今はもういない だのに なぜ なにを探して 君は行くのか あてもないのに
君の行く道は 希望へとつづく 空に また 陽が ...
「OO7」のテーマ曲は盆踊り 大友良英
NHKでアルフィーの「音楽音泉」(ドライブにふさわしい曲などをお題に沿ってアルフィーの3人とゲストが独断で紹介する)というのをやっていて、アルフィーってそれぞれ違うジャンルが好きだったりするから、バラエティな選曲になって面白かった。
ゲストも大友良英森山直太朗とあっていいのだけど、ワンテーマでの紹介ではもったいない。
もっとゆっくりたっぷり聞きたかったなあ。
それにしても「あまちゃん」というかノイズミュージックのというべきか大友良英セレクションの映画音楽「OO7」のテーマ曲の盆踊り発言にはびっくり。
なるほど、言われてみればそうでもあるような。

papermoon_t130614016.jpg

他にも「天使の恍惚」とか、世代を越えて愛される映画音楽というテーマなのにマニアックに過ぎるでしょう。
「題名のない音楽会」といい、好き放題な大友良英と、意外にいいことも言う森山直太郎(気分がアップする曲として「ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム」の大きな音でという声かけ)、またそんな話や曲を易々と受け止めてしまうアルフィーの面々がいいです。
それにしても桜井さん、「小さな恋のメロディ」で映画館に並んだのか。
タカミー見て、マーク・レスターとは。なるほどなあ。

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

陽だまりの彼女
何の前知識もなく、映画「陽だまりの彼女」見たのだけど、はああ、ゆえの陽だまりの彼女であったのか。
ファンタジーなので細かいことを言ってもしようがない。
でも、ちょうど読んでいた小説が宮部みゆきの文庫「お文の影」で「野槌の墓」を読んだばかりだったので、
よけいに沁みるなあ。

hidamarino.jpg

でも、昔の怪異譚はもちろん童話や昔話のようなものでも根底にはけっこう怖いものがあったけれど、最近のファンタジーは優しいなあ。
上野樹里がよく、ちょっと「時をかける少女」のようでもある。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

クラウドサービスへのハッキング
【9月2日 AFP】米国で、人気女優などの裸体を写したとされる写真が多数、インターネットに流出した問題は、サーバー上にデータを保存する「クラウド」サービスへのハッキングが原因とみられることから、米国の映画業界とIT業界を震撼(しんかん)させている。

真相はまだ良くわからないけど「クラウド」サービスへのハッキングですからね。
便利・効率化の代償は原発ではないけど破壊的。
アナログのように個の連続性であれば断ち切ることもできるけど、全体に個が取り込まれていることであれば、
全体を破壊しかねない。

kario.jpg

人類は有史以来、哲学的にはさほど変わらないのに科学的文明については外的宇宙にも内的宇宙にも入り込み、
たった一人でも地球全体を脅かすことも可能な時代となった。
ルパンのように堂々とクラリス姫の心を盗んでくれよ。
訃報 リチャード・アッテンボロー
映画「ガンジー」(1982年)で米アカデミー監督賞に輝いた英俳優で映画監督、リチャード・アッテンボロー氏が24日、死去した。90歳だった。(夕刊フジ )

最初に知ったのはやはり「大脱走」かな。
オールスターキャストの戦争痛大作!?で、ほら、大脱走を企てるビッグXがリチャード・アッテンボローだった。
主人公のヒルツ(スティーブ・マックイーン)が一匹狼的に脱走を企てるのに対して、ビッグXは大脱走を成功させ、
捕虜の捜索などドイツ軍の後方かく乱を目的とした連合国の意を受けての頭脳派だった。
悲惨な戦争のなかではあるけれど、それぞれに個性、エピソードがきっちり描かれ、青春群像劇のようでもあるような。

36318167.jpg

そのリチャード・アッテンボローはインド独立の父といわれる、、非暴力、不服従を貫いた「ガンジー」を監督、
アカデミー賞作品賞も受賞した。

【映画チラシ】ガンジー/監督・リチャード・アッテンボロー//洋・カ

テーマ:俳優・男優 - ジャンル:映画

蚊ですの赤い星
「今年は蚊に刺されない」。人々の口から、こう不思議がる声が聞かれる。大阪府が10年以上にわたり府内で蚊の種類などを調べるために捕獲している蚊の数も、近年は減少傾向にある。(産経新聞)

というニュースがあったばかりなのだが、その蚊(ヒトスジシマカ)がウイルスを媒介するデング熱が発生した。
空気感染しないし、重症化もあまりないというから過度の心配はないかもしれないけど、やはり未知のウイルスは油断ならない。

しかし蚊そのものは減っているのか。
ここ岐阜も猛暑で名高いけど、雨も多いせいなのかあまりそんな感じはしないなあ。
洗濯を干しに出るとけっこう刺されたりするので、部屋の中で物干し竿にかけるばかりに用意して、さっと終わらせるほどなのだ。
側溝も清掃しているし、水溜りもないんだけどなあ。どこからくるんだ!?

36318706.jpg

でも、これもスイカや花火と同様に夏の風物詩。
金鳥の蚊取り線香のCMではないけれど、美少女に「蚊です」って、ほっぺた叩かれるのが日本の夏。
日本の夏の男の夢だったけど、ウイルスがあってはボーっとしてばかりはいられない。 。
画像は「スウォーム」、これは蚊ではなく、蜂ですね。
こちらもあんまり絵空事でもない。高山市ではマイマイ蛾が大発生したしね。
タイトルは逢坂剛の「カディスの赤い星」から。
あのCMを見るたびに連想しちゃうんだよ。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

人は迷い、逡巡する
広島市北部の豪雨に伴う土砂災害はまだ不明者が多く底が見えないけど、防災・避難についての不備についても議論が始まった。礼文島の土砂崩れでも難しい判断があった。
警戒雨量を越えたのに避難指示が遅れたなどは批判は受けなければならないけど、未明のことだったり、お年寄りが多い、豪雨のさなかであったことなど逡巡することは、人としてやはりあり、逡巡することまでは否定されるべきではない。
むしろ、何も考えず越えたら機械的に避難指示を出すだけというのはルールを順守し、責任を回避するだけのシステムに陥ることになりかねない。
そこには未踏の事態に対する人の思いが全く入っていない。それでいいのだろうか。
もちろんルールは守るべきなのだ。それでもそういう時があるのだと思う。
まもなく福島原発事故、吉田昌郎所長の『吉田調書』が全文開示されるけど、おそらく機械的に、ルール通り、東電・政府の指示通りに動いていたなら、今の日本はなかったかもしれない。
事故・災害は人の思惑通りには動かず、不確定要素は必ずあり、防災・事故などに対するルールは守るべきながら現場の、人の知識に基づいた判断も優先されるべき時もあるのだろう。
まちがいもあるかもしれない。でもそれは誰においてもどこにおいても同じなのだ。
福島原発事故は現場こそパニック状態だったはずだけど、冷静沈着に指示を与えるべき東電本社など混乱ぶりはむしろ現場と逆転するほどだったのではないか。

papermoon_t20120614021.jpg

海に出る漁師は風や海を読むように、すべてを外部の情報に頼るのではなく、地に足をつけた知識を身に付け、自ら判断するときもあるのだろう。
防災情報はますます精緻になるけど、学びを忘れ、警戒情報のみに頼るようになってしまってはどこまでもいってもいたちごっこ。
昔は天気予報・天気予報・天気予報と三回唱えればお腹も壊さないと言われ、下駄飛ばしで天気を占ったほどで、自分で天気図を読み、日常の中で学んだのだ。
明治の時代、夫婦で富士山頂の気象観測に挑んだ、ドラマ「芙蓉の人」を見てるけど、すべては地に足をつけた知識を身に付けることから始まり、命を賭けるような努力を経て今の精緻な予報に至ります。
まずは天気図をきちんと読めるだけでずいぶんちがうはずなのだ。とにもかくにもまずそこなのでは。

画像はやはり未踏なことに挑戦した映画「南極物語」。
菊池桃子のテラ戦士ΨBOY
タレントの菊池桃子(46)が9日、自身の公式ブログを更新。安倍晋三首相が9月上旬に行う内閣改造で、菊池の入閣内定が一部で報じられたことを受けて「無い、無い、ありえないです」と否定した。(スポニチアネックス)

おおっ、あのアイドルだった菊池桃子さんが。
国会議員でもないのに民間登用というならすごいなあ。
たしかに安倍首相の女性の積極登用政策のなか、短大客員教授を務め子育てとタレント業という菊池桃子さんが、森雅子女性活力・子育て支援相の後任候補はありえない話ではないかもしれない。
でも早々に出てしまったのは話題づくりに利用されてしまったのかな。

36319020.jpg

さてこちらは映画「テラ戦士ΨBOY」。
物語では利用されることなく戦ったけど。
まあ、利用されても成果を出してしまえばいいのだけれど。
アイドルを探せ」というのもあって、ほんとうにアイドルだったのだ。