理系・文系を重ねて見る光景は
草なぎ剛くんの禁酒解禁
SMAPの草なぎ剛くんが「SMAP×SMAP」にゲスト出演したタモリさんの、禁酒解禁の一言で、ついにビールを飲んだ。
あの事件以来5年ぶりらしい。
尊敬するタモリさんの一言(たぶん、考えつくされたタイミングでの)ですものね。

ninnkyouherupa-.jpg

よかった、よかった。また「『ぷっ』すま」でも思わず飲んじゃうシーンも復活するのだろうか。
しかし、多くの才能(つかこうへい、三谷幸喜、宮藤官九郎、タモリ…)多くのファンに愛されているなあ、草なぎ剛くんは。

任侠ヘルパー」は健さんも一目置いた秀作。

スポンサーサイト
こころ旅 2014春の旅直前スペシャル
にっぽん縦断 こころ旅」ってやっぱり人気あるのだなあ。
2014年春のスタートを直前に控えて、スペシャルが組まれている。
劇伴作曲家もゲストで登場したけど、かわいい人だったなあ。
火野正平さんが旅の途中で可愛く若い子を見つけて近づくときにかかるBGMは本来、
動物などを見つけたときのイメージで作曲したらしいけど、まさかあのように使われるとは…とこぼしていました。
たしかに下手をすればストーカー、人柄と曲に救われてます!?
おばさんにあんなに好かれているのに、まったく興味がないのがいっそ清清しい。

papermoon_pcbe-54101.jpg

つぶやきでは(つぶやきではないかもしれないけど)、AKBへのあらぬ妄想が好きだったなあ。
なくもないような妄想だったので一瞬ほんとうかと思ってしまった。
さあ、31日から愛知県からスタートだよ。
NHKのバラエティ番組の挑戦
中田宏議員(日本維新の会)がNHKの番組について「低俗になっていないか。何だこりゃという娯楽番組が、いくつも並んでいる」と発言し、具体的な番組名として人気バラエティ番組「ケータイ大喜利」のほか、「コントの劇場」「七人のコント侍」を挙げたらしい。
先日の「笑っていいとも!」に安倍首相が登場したときもタモリがバラエティは評価されないことに政府見解を求めていたけど(タモリさんは無形文化遺産との回答)、タモリやたけしくらいであれば評価はあっても、まあ、バラエティ全般に対する視線の厳しいこと。

papermoon_etrs-0883.jpg

最近はテレ東が好調だけど、特集番組で田原聡一朗、大橋未歩などがいささか自虐的に偏差値の低い、NHKや民法大手各局に入れなかった者たちが時間も予算もなく、アイデアと情熱で作りあげた積み重ねの結果と笑いながら総括していた。ずいぶん低俗で下品な番組も多かったのだ。そういう玉石混交の中で文化は磨かれ生まれるのだ。
NHKは時間も予算も偏差値もすべてに勝るからいい番組も作るでしょう。
テレ東が切り拓いた旅番組や素人の活用もNHKであれば、「家族に乾杯」「こころ旅」などように見事に昇華されますからね。
でもほんとうに偏差値の高い人であれば、NHKの人であってもおっかなびっくりでも玉石混交のなかに身を投じて真のエンタテインメントを体現したいのだ。
それは逆に言えばNHKの少年ドラマシリーズの正統な系譜として「謎の転校生」をテレ東が作りあげるように。
世界は、宇宙はひも理論のようにつながっている。
タモリやたけしは世間がどう評価しようとつまらない権威にならないのがすごい。

『笑っていいとも』今日は黒柳徹子
『笑っていいとも』最終回に向けてゲストが超豪華で、毎日見逃せません。
といってもお昼の番組なので日曜版を待つのですが。
一昨日は福山雅治、昨日は小泉今日子、そして今日は黒柳徹子。(たんぽぽ娘みたい!?)
福山雅治とはタモリとバンドを結成し、即興セッションもしたらしいし、さあて、徹子さんはどうなることやら。

img_0.jpg

そんな福山雅治さん。
前作「残響」以来、約5年振りとなる11枚目のオリジナルアルバムの発売が決定です!
映画「そして父になる」は日本アカデミー賞受賞は惜しくもならなかったけど、名作です。


内容は超充実の豪華2枚組仕様が3形態!!!
【CD】福山雅治/HUMAN  2014/4/2発売
堺雅人「リーガルハイ」岡田将生
少し前の「ぴったんこカン・カン」に岡田将生と濱田岳が出ていて(映画「偉大なる、しゅららぼん」の番宣ですね。やはり原作が万城目学の「プリンセス・トヨトミ」にも出ていたなあ)、むちゃくちゃ面白かった。
男子で天然というとあまり聴かないけど、岡田将生くんはまさに天然。
あまりに面白くていじめと紙一重の危うさもあるので、岳くん、親友といっても優しくしてあげてね。
思えば「プリンセス・トヨトミ」「ひみつのアッコちゃん」の綾瀬はるかとは天然コンビだったのだ。
リーガルハイ」の純粋ゆえの危うさと強さを持つ羽生役はぴったりなのも当然だった。
そんな岡田君も参戦の前シリーズにもまして古美門の偏屈キャラを借りての言いたい放題、面白いです。
ガッキーにとっても代表作ですね。
岡田君「鶴瓶の家族に乾杯」に出てくれないかな、超楽しそうです!?

ri-garu2.jpg

リーガルハイ 完全版 2014/3/28発売

偏屈で毒舌な上に気分屋で超わがままだが、訴訟で負けたことのない古美門研介(堺雅人)と、社会正義の使命に燃えるが、かたくなで融通の利かない黛真知子(新垣結衣)の「最強(?)の凸凹コンビ」。
新シリーズで彼らと対峙するのは、何でも円く収める天才・羽生晴樹(岡田将生)率いる新世代弁護士集団!
さらに、古美門を振り回す世紀の悪女・安藤貴和(小雪)、強い正義感を持つベテラン検事・醍醐実(松平健)らも登場し、さらにパワーアップした極上のリーガルコメディーにご注目!


日本アカデミー賞主演男優賞 松田龍平
さて、その日本アカデミー賞主演男優賞を受賞した松田龍平など6冠と圧勝した
舟を編む」は三浦しをんの原作ですね。
三浦しをんとは相性がいいのか、「まほろ駅前多田便利軒」「まほろ駅前番外地」と映画、ドラマにも出ていて、
去年は「あまちゃん」のミズタク人気もすごかった。

44633980.jpg

三浦しをんはBL好きの妄想好きでも知られているけど、ミズタク本作っていないか!?
こちらは映画「御法度」から。
どうです、この美青年ぶり。御法度とはいかず妄想も致し方ない。

【映画チラシ】御法度 GOHATTO/加納惣三郎(松田龍平)/邦・カ
上戸彩のアカデミー賞
今年の日本アカデミー賞は作品賞など「舟を編む」の6冠の圧勝で、
また真木よう子の最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞のW受賞が話題となった。
「武士の献立」の上戸彩も優秀主演女優賞で映画の主演作としては「あずみ」以来らしいですね。
ドラマでは途切れることがないほどの人気アイドル女優だったけど、すこし秘めるものもあったのではないかなあ。
10年ぶりに大人の主演女優としてアカデミー賞の舞台に立ったのだけど、やはりまだすこしアイドル扱いであったか。

hannzawa1.jpg

でも「なごり雪」ではないけど、時がゆけば幼い君も大女優となると気づかないまま…なんて感慨もありますね。
半沢直樹」「テルマエ・ロマエ」など作品にも恵まれてきて、いつかはアカデミー賞を。
吉行和子さんにごちそうさん
吉行和子さんといえば、NHK朝ドラ「ごちそうさん」の祖母でぬか床のナレーションもされている名女優で、
あるいはTBS「ぴったんこカン・カン」で安住アナと冨士眞奈美さんと俳句の旅を楽しむ人で、飾らぬ飄々とした女優さんです。
そんな吉行さん、最終回を目前に控えた「ごちそうさん」のトップシークレット悠太郎の消息について
「土曜スタジオパーク」のゲストに登場して、うっかりばらしてしまった。

36320291.jpg

「悠太郎さんはびっくりするようなかたちで帰ってきますから、楽しみにしてください」と。

そうか、帰ってくるのか。よかったよかった、吉行さん、ごちそうさん。

そんな穏やかな人柄の吉行さんも1978年には性愛を大胆に扱った大島渚監督の「愛の亡霊」に主演し、
日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞している。大女優にして名女優なのだ。

【映画チラシ】愛の亡霊/監督・大島 渚 主演・吉行和子・藤 竜也//邦・ア
「笑っていいとも!」に安倍晋三首相が登場
21日放送のフジテレビ「笑っていいとも!」のトークコーナー「テレフォンショッキング」に、安倍晋三首相が登場。現役首相の生出演は初めてで、スタジオアルタ(東京都新宿区)に「お~~」というどよめきの声が沸き起こった。(スポニチアネックス)

とうとう現役の首相の登場となりました。でもさすがにタモリ。
いつもとさして変わらぬ様子で、新聞の首相動静に「笑っていいとも!タモリと会食」と載せてもらいたいなんて話していて、
なんでも細かくチェックしているなあ。
首相動静なんてチェックしているのは動静から何らかの意図を読み取ろうとする与野党の政治家、記者、各国大使館関係者くらいだろうから、そういうことを含めてエンタテインメントに楽しみながら読むというのはまずはいませんよね。

36318181.jpg

安倍首相のマイナス思考のたとえ「あいつの花がないじゃないか」というのも政治家しか思いつかない!?
トップに立つというのは孤独なのだろうなあ。
ゴルフも自然にと言っていたけど、それくらいはないと孤独に寄り添うように忍び寄るマイナス思考に取り付かれてしまうのかもしれない。
タモリの反省しないとは違うけど、継続するにはタフでなければならないですからね。
しかし、外交もまたいちだんとタフな時代になってしまった。

タモりさんには「キッドナップ・ブルース」のような旅を楽しんでもらいたいものです、これからは。

「探偵!ナイトスクープ」の和田昌昭教授の中也の詩
数学といえば、先日の「探偵!ナイトスクープ」の和田昌昭教授(大阪大学)の中原中也の詩に自作の曲をあてた「宿酔」が面白かったなあ。
いまいち、田村探偵も理系の阪大生も詩が意味不明のようだったけど、中原中也だからね。
数学美を愛する数学者にはさぞや美しく見えるのでありましょう。
「ケプラーの法則」で知られる天文学者で数学者のケプラーも壮大な惑星の動きに音楽を感じたらしいからね。
山に消える人、宇宙を音楽で満たそうとする人、数学者って面白いなあ。

tomokawakazuki.jpg


ちなみに友川かずきもバスケットする。

【CD】友川かずき/俺の裡で鳴り止まない詩~中原中也作品集
2012/10/3発売 通常販売価格:1,500円
素数の「ハードナッツ!」
1とその数自身以外では割り切れない2以上の自然数「素数」が、どのような間隔で分布するかに関する新たな定理を米英の2人の数学者が26日までに見つけた。数学者からは「教科書を書き換える」との声も上がる成果。素数は小学校でも習う基本的な数だが、謎も多い。新定理の結論は理解しやすい内容で、幅広い関心を集めそうだ。
数が大きくなると、素数はまばらにしか見つからない。1~100の100個の中には2、3、5など素数は25個あるが、同じ100個でも、10万1~10万100には素数は6個しかない。では数が大きくなると、素数の間隔は際限なく離れていくのか。新定理は「そんなことはない」と否定する結果を示した。(スポニチ)

わかりますか?
数学者にとっては「夢のような成果」らしいですよ。

nuts.jpg

素数ってシンプルな数字でありながら、数学界最大の難問といわれるらしいのだが、
どうも素数には法則性が見つからず、数学者にとっては法則性がないことは美しくないということなのだろうか。
ましてや素数はいちばんシンプルで美しく、素数に何の法則も見出せないはずはないと。
女性は恋をすると美しくなるというけど、数学にも「恋」のような変数はないのかな。
どうでしょう、くるみちゃん(「ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~」)。
吉本を全国区にした「ヤングお~!お~!」
就職活動シーズン真っただ中。街ではリクルートスーツの「就活生」が目立つようになってきた。4月になれば、新社会人も入社してくるが、昨年、話題になったのが吉本興業の中学・高校卒社員採用だ。実際、昨年4月には中卒4人、高卒6人が「笑いの総合商社」の門をくぐった。彼らは今どうしているのか。(日刊ゲンダイ)

へぇー、そうだったのか。吉本はいろいろやりますね。
さて、今の吉本の隆盛の基礎となったのが「ヤングお~!お~!」でしょう。
今や吉本の中核をなす仁鶴、三枝、やすきよなどが勢ぞろい、巨人・阪神などもまだ若手ですからね。
文珍、八方、きん枝、小染、さんまのザ・パンダも人気を博した。

351x500-2011110100020.jpg

アイドル歌手も多く出演したから、アイドルと芸人の垣根を低くしたのもこの番組のおかげでしょう。
たかじんの番組ではないけど、いささか反東京、反権力のゲリラ的な匂いもしたせいか、浜田省吾など意外なアーティストも登場した。
最終回も見たはずだけど、さすがに記憶にない。
映画もあることすら知らなかったけれど、ポスターは見つけた。
レアでしょう!?

【映画ポスター】B2/ヤングお~!お~!日本のジョウシキで~す

訃報 アラン・レネ
「二十四時間の情事」「去年マリエンバートで」などで知られるフランスの映画監督アラン・レネが3月1日(現地時間)、パリ市内で死去したとプロデューサーのジャン=ルイ・リビ氏が発表し、仏報道各社が伝えた。91歳だった。(映画.com)

ヌーヴェルヴァーグ派の監督で名前は知っているけど、たぶん、1本も見ていないのではないかなあ。
やっぱり、普通の映画ファンだとせいぜいゴダール、トリュフォーくらいです!?

36320545.jpg

「去年マリエンバートで」をはじめ、「薔薇のスタビスキー」「プロビデンス」「アメリカの伯父さん」あたりは
映画チラシがあったと思ったのだけど、意外に見つからない。

<【映画チラシ】去年マリエンバートで/監督・アラン・レネ//洋・カ
「題名のない音楽会」のももクロ
先日、「題名のない音楽会」を見ていたら、なんとゲストに「ももクロ」が出てきた。
サラバ、愛しき悲しみたちよ」をフルオーケストラで見るのもなかなかよくて、どこでも臆しない子たちだなあ。

KIBM-417.gif

さて、そんな基本「題名のない音楽会」というクラシックファンであろう会場の中にも
「ももクロ」ファンはいて、会場でペンライトを振っていた。
やっぱり、ペンライトもiLiteカラフルプロ110などちょっと控えめのほうがいいかも。
各社、多様に揃っていますので用途に合わせてご使用ください。
「悪夢ちゃんスペシャル」は悪夢ならぬ最良の夢
女優・北川景子(27)が人気アイドルグループ・ももいろクローバーZと合体し、新ユニット「きもクロ」を結成することが4日、明らかになった。北川主演の日本テレビ系ドラマ今春放送)のクライマックスに登場し、歌とダンスを披露する。バリバリのアイドル衣装に身を包んだ北川は「やっとタイトル(悪夢)の意味を理解しました」と苦笑いした。(デイリースポーツ)

そうか「悪夢ちゃんスペシャル」があるのか。
半明晰夢の経験者としてはすごく面白く、ここでも繰り返し書いたからなあ。
北川さんは「やっとタイトルの意味が」と苦笑いしたらしいけど、これはもちろん悪夢ではない。
ファンにとっては最良の夢。

akumutyann.jpg

発売日 2013/03/20
おまけ付【DVD】 悪夢ちゃん
DVD-BOX 価格 19110円(税込)  Blu-ray BOX 価格:24,150円(税込)

抗えない悪夢なのか!?それとも・・・! ?
そして、今回の大きな見ところのひとつが「夢」の映像表現。毎回登場する「予知夢」は、ごく近い将来に必ずや起きてしまう事件や危機を読み解く「鍵」!
その映像は、SFファンタジー感溢れるVFX映像。
子供から大人まで、皆がワクワクする、まさに夢のような世界!
刺激的でパワフルな展開&コミカルな要素も満載で、家族揃って楽しめる、極上なエンターテインメントをお贈りします!
吉永小百合の「伊豆の踊子」
先日はNHKBSプレミアムで吉永小百合版の「伊豆の踊子」を見たのだけど、回想から始まるのだったか。
それにしても吉永小百合がまさ初々しい少女だった頃なのに、宇野重吉って、あの頃からおじいさんだった!?
あの時代のまだ哀しくも貧しい世相が美しい映像に、その初々しい少女にも今まさに振りかかってくる予兆に胸が痛みますね。

450x600-2011090200001.jpg

でも、貧しくてもどのような境遇であろうともその時代なりの礼節が行き届き、言葉遣いも美しいのはやはり子供に対する慈しみ、将来への希望が子供に託されるからなのでしょう。
子供、教育というのがどんな時代においても未来への希望なのだなあ。
希望がある限り、人はたとえ身を落とすことがあっても誇り高く美しく生きられる。
それぞれの場所であっても。

画像は山口百恵の「伊豆の踊子」

「笑っていいとも!」最終回ゲストは吉永小百合
フジテレビの亀山千広社長(57)が28日、東京・台場の同局で定例会見を行い、3月31日で32年の歴史に幕を下ろす「笑っていいとも!」(月~金曜・正午)の最終回ゲストとして、女優の吉永小百合(68)に出演依頼していることを明らかにした。(スポーツ報知)

以前からタモリは野坂昭如と並ぶ屈指のサユリストとして知られているから、
そう噂されていたけどやはりそうであったか。
確かに先日見た「伊豆の踊子」の純朴な吉永小百合は美しく切なくなります。
原作者の川端康成が思わず足を運ぶのも分かります。
文士にも多く愛され、狐狸庵先生こと遠藤周作も大好きだったなあ。

44649322.jpg

もう吉永小百合のようなアイドル、大女優は出てこないのだろうなあ。
今はアイドルも女優もずいぶん身近になってしまった。
高山植物の可憐な花のように、地上の者が触れてはならぬ花がある。
と、思っているのではないかなあ。

【映画チラシ】おはん/館名印刷なし/邦・吉永小百合
最後のトラップファミリー
オーストリアからの報道によると、マリア・フランツィスカ・フォン・トラップさん(ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」のモデルとなった一家の次女)が18日に米バーモント州で死去。99歳。(朝日新聞デジタル)

トラップファミリー最後の存命者だったらしい。
僕にとってはじめて見たミュージカル映画で、はじめて見た70ミリで、
はじめて映画の中でインターミッションのあることを知った映画。
きっと、一つくらいは当たってる!

36318489.jpg

美しいアルプス、美しい歌声、その背後に忍び寄るナチスの影。
僕は三女のブリギッタが好きでしたね。
ほら、「宇宙家族ロビンソン」でペニーを演じていたアンジェラ・カートライトですよ。

【映画チラシ】サウンド・オブ・ミュージック/ジュリー・アンドリュース//洋・サ
蛇は鰐より強し!?人蛇大戦 蛇
オーストラリア東部クイーンズランド州のムーンダラ湖で2日、約3メートルのヘビが死闘の末にワニを丸のみし、見ていた人たちを驚かせた。(時事通信)

うむむ、畏るべし。数時間にわたる死闘の末だったという。
勝利したからには食わねばならぬとばかりに丸のみしたらしいけど、消化に時間がかかりそうだなあ。
飲み込んだばかりでは簡単に動けないだろうし、他の敵に襲われやすくなるのではないか。
冷徹なようでうかつなような。
でも、やっぱり危険な奴は生きたままは丸のみしないのだね。

41268523.jpg

必ず、心臓の鼓動の停止を確認してから飲み込みにかかるという。
腹掻っ捌いて出てこられたら大変だからなあ。
偽装をも見抜く蛇眼ならぬ感覚の持ち主で、死んだフリは通じない。

いかに勝つのか人蛇大戦!?

【映画チラシ】人蛇大戦蛇/新宿オデヲン座/洋・ナ
中井貴一「時は立ちどまらない」黒木メイサ
先日、女優の黒木メイサの記事が出ていて、巨匠キラーとあったなあ。
倉本聰「風のガーデン」、山田太一「時は立ちどまらない」と両大脚本家に若手女優で起用されるのはすごいし、
舞台ではつかこへいにもしごかれている。
脚本家、監督だけでなく大物俳優にも愛されるのだろう。
たしか「風のガーデン」で共演した中井貴一はメイサが結婚する折にはバージンロードも歩くとまで言っていたのに、
デキ婚となってしまった。

55843057.jpg

「時は立ちどまらない」でふたたび親娘を演じることとなって、どうだったのかなあ。
女優だからなあ。
さて、その中井貴一は好評だったドラマ「最後から二番目の恋」の続編も決まって楽しみです。
ドラマの演出は山田太一の娘の宮本理江子。
「風のガーデン」も宮本理江子さんだった。


【映画チラシ】ビルマの竪琴/市川崑監督/邦・ハ
日本アカデミー賞 真木よう子 35年ぶりダブル受賞
日本映画界の祭典、第37回日本アカデミー賞の授賞式が7日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、真木よう子(31)が「さよなら渓谷」で最優秀主演女優賞、「そして父になる」で最優秀助演女優賞を受賞した。(スポニチアネックス)

監督賞、作品賞など主要部門は「舟を編む」が6冠と圧勝のなかで、ひときわ際立ちます。
テレビドラマでも「最高の離婚」など大活躍だった。

makiyouko.jpg

でも基本、真木よう子は「さよなら渓谷」などマイナー、マニアック傾向の人でドラマ「週刊真木よう子」など、その典型。
面白いですよ。僕は「おんな任侠筋子肌」が好きです。
明るく素敵に締めくくられる「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~」なんていうのもいいですよ。
日本の巨匠  伊福部昭生誕100年
先日の「題名のない音楽会」は「日本の巨匠  伊福部昭生誕100年」というものだった。
僕たちには「ゴジラ」の映画音楽でなじみの深い 伊福部昭先生ですよ。
しかし、やはり大作曲家だったのだなあ。
「日本狂詩曲」ではチェレブニン賞で1935年に1位を獲得し、厳正な国際的審査を通して初めて認められた日本の管弦楽作品だという。
作曲当時21歳だった。
当時日本の大部分の作曲家がヨーロッパ古典、ロマン派音楽に近づこうとしたのに対し、伊福部昭のアイヌ民族音楽に慣れ親しんだ土俗的で独創的な音楽が新鮮で斬新だったためと言われているらしい。
このあたりが伊福部さんのいう「真に国際的なものは民族主義的なもの」となるのだろうか。

img_763681_33427841_0.jpg

「ゴジラ」にもやはりそんな感じが!?
伊福部昭先生にインタビューする黛敏郎さんの映像を久しぶりに見たけど、やはりダンディであるな。
日経新聞の「私の履歴書」は小澤征爾さんが連載中だけど、やはり面白いなあ。
今でこそ思想もバラバラだけど、武満徹、黛敏郎、山本直純など作曲家だけでなく、三島由紀夫、石原慎太郎、大江健三郎など友人関係でどんどん出てきますね。
もしかしたらその頂点にいたのは伊福部昭先生だったのかも。
佐村河内氏の「大脱走」
「両耳が聞こえない作曲家」として活動しながら、別人に楽曲を代作させていた佐村河内(さむらごうち)守さん(50)が7日、東京都内のホテルで記者会見し、「私の嘘でご迷惑をおかけしました」と公の場で初めて謝罪した。代作していた作曲家の新垣(にいがき)隆さん(43)が、耳の障害を「感じたことはない」と発言したことについては「嘘です」と反論し、新垣さんを名誉毀損(きそん)で訴える意向を明らかにした。(産経新聞)

自分の嘘には甘いのに人の嘘(佐村河内氏の主張)には厳しい。
会見の記者とのやり取りのなかでも難聴が疑われるような場面もあったけど、
会見をあとにする佐村河内氏の後姿に向かって、佐村河内さ~んと呼びかけたのは古典的なひっかけの手法だなあ。

papermoon_t20130409004.jpg

映画「大脱走」では収容所からの脱走後、ドイツ軍が大検問をひき、
ドイツ兵が眼を光らせるなかレジスタンスの支援を受けたり、一般人に紛れ込んだりの息をもつかせぬ展開となる。
列車に乗車するときの検問では準備したドイツ語のやりとりでうまくこなすのだが、
後姿に英語で呼びかけられるとうっかり英語で答えてしまう。
やっぱりうまくやり過ごしたあとというのは鬼門だね。
単純だけど、人間の心の隙をつくうまい手法ではあるのだ。
まあ、佐村河内さんは決してうまくやり過ごせたわけではなかったので。

さすが「大脱走」はなかった。
【映画チラシ】メル・ブルックスの大脱走/洋・マ
またの名をホンキイ・トンク
2日ほど前に店舗のブログにペーパームーンの前身である「ホンキイ・トンク」(愛知県豊橋市にあった)
の常連という人からの投稿があり、びっくりした。
ペーパームーンでもすでに30年を越えていて、33、34年前のことだろうか。
商売のイロハも知らず、わずか1年ほどで豊橋での営業は終えてしまった。
まだアニメショップも黎明期でアニメックの時代だった。
巨神兵ではないけど、早すぎたんだ。アニメの先取りを除いて。まあ、言い訳ですけどね。
という経緯で地元岐阜に移ったのだった。

honnky.jpg

豊橋時代も変わったというかマニアックな人が多く、いや、昭和のオタクはパワフルであったなあ。
実際、豊橋でも岐阜でも初期の常連さんはファンに留まらず、アニメ関係の職種についた人も珍しくはない。
ちなみに「ホンキイ・トンク」というジャズ・バーの店名のような名は筒井康隆の小説からとったもの。
僕は映画もテレビもマンガもアイドルも好きだけど、本ならまずは筒井康隆、北杜夫、庄司薫だった。
今更ながらの自己紹介でした。
私はこうのとりです 「明日ママがいない」
結局、欠かさずに「明日ママがいない」を見ているのだけど、さすがは野島伸司(脚本監修、脚本は松田沙也)だなあ。
「私はこうのとりです…」とは。
大胆というか誤解を恐れないというかリスペクトというか。
しかもあとにふたりも「私はこうのとりです…」と言葉が続くのだ。

kotorinngo.jpg

来週はいよいよ最終回です。
子供たちが真実の親のところに行けますように。
それにしても施設長とポストって、真実の親子なのか、生涯のバディなのかってくらい通じてる。
TBSの「隠蔽捜査」
今シーズンのドラマはおっさんが強いですね。
その名の通りの「3匹のおっさん」はもちろん、TBS「隠蔽捜査」もそうですね。
「隠蔽捜査」はすでに警察ものでは定評のあるテレ朝でやっていて、いくら原作が傑作でもTBSではどうかなあと思っていたけど、2話以降、ぐっとよくなってきました。

innpeisousa.jpg

知的エリートで変人というのは「相棒」の杉下右京もそうですが、右京さんはマニアックでちょっと斜に構えた感じもあって、一方の竜崎伸也は恋愛も知らなかったような愚直なまでの王道たる変人。
さて、いずれにしてもこういう人材がいるのなら日本の警察も大いに期待出来るのですが・
氷上の浅田真央、草原の赤毛のアン
ソチ五輪のフィギュアスケート女子で6位だった浅田真央選手は帰国直後に東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、森喜朗元首相が浅田選手がショートプログラムで16位に終わった後、「あの子は、大事な時に必ず転ぶ」と発言したことをどう思ったかを海外メディアから質問されると、「私自身、それを聞いたのは終わった後だった。人間なので失敗することもある。失敗したくて失敗しているわけじゃない」と言うと、「私は別になんとも思っていないですけど、森さんが今、後悔しているのではないかなと思います」。会場は爆笑に包まれた。(朝日新聞デジタル)

浅田真央選手はみんなから真央ちゃんと呼ばれるほどに日本中の、いや世界中からも愛されているのだけど、厳しいスポーツの世界で生きてきたから、一面、男前でもあります。
可愛らしく、なおかつ、男前の発言というのはなかなかありませんが、見事な一言です。
爆笑に包まれたというから、森さんも大いに救われたのではないかなあ。

26a72d78f664a433862443fbd8626cb3.jpg

男前の女の子といえば「赤毛のアン」でしょう。
同じ頃、僕たちは「ガンダム」を見ていたと思うけど、アムロも悪くないけど、男気ではアンにはかなわない。
アンの豊かな想像力は若く貧しさのゆえでもあったけど、事足りてしまったような人にとっては想像力が枯れ果ててしまうのかもしれないなあ、森さん。

【BD】赤毛のアン Blu-rayメモリアルボックス(Blu-ray Disc) 
2014/03/26発売予定 税込¥42,000

浅田真央のフィギュアスケートは「道」
フィギュアスケートの得点をめぐる争いを見てると、客観的というか数値化できない競技については常にこういう問題があるんだろうなあ。
日本の古来よりあるスポーツというか武道は、「道」とあるように必ずしも数値のように明確になるものではない。
「負けて勝つ」「相撲に勝って勝負に負ける」なんて言葉もあるくらいだからね。
「道」は文化だから国際的な競技になってしまえば、共通のスポーツのルールに置かざるを得なくなり、「道」としての文化は切り離されるのだろう。

bushidou16.jpg

たとえば剣道もフェンシングのようにライトの点灯で勝敗がつくように切り替えられるものではなく、さまざまに「道」としての理がある。なぜって言われても理だから…としか言いようがない。
それでも全てのスポーツは国際化に向かわざるを得ないから、ダブルスタンダードとなるのか。
いつまでも「武士道シックスティーン」が青春小説の名作と言われるような時代が続いてほしいなあ。
今日はお雛様だけど、凛とした男前の女の子がいいなあって。
名前川柳 あおいゆう ごうりきあやめ まつたかこ
先日、ふと芸能人の名前を読み上げていたら、なかなか言葉の響きのいいものがあった。

蒼井優 剛力彩芽 松たか子
あおいゆう ごうりきあやめ まつたかこ

声を上げて詠むといい感じじゃないですか?
名前それぞれに季語ではないけど、草木の名前が入っているのもいいし、女優や歌手なりの個性も合わせ詠むとなお味わい深くなります。

matu0021.jpg

ちなみオスカー娘でやると
武井咲 剛力彩芽 上戸彩
ですかねえ。
宝塚あたりで詠むとさらに詠みでがありそうですが、やはり、野に置け、れんげ草。
あまり飾らないほうがいいかもしれない。
 
混沌の姫を殺すな
このところブームのようだった「新型万能細胞」やリケジョの話題が急速にしぼんでしまった。
論文に不自然な画像があるとの指摘を受けてのことで、俄然、みんな慎重になった。
理研もネイチャー誌も検証を始めているからその結果をみんな息を潜めて待っているのだ。
でもブームの反動のように結果を待たずにバッシングするようなものもあって、少しいやな感じもあります。
少なくとも単純なミスはあったようだから、その点は批判されても仕方がないけど。

kamisamanopazuru.jpg


顔の造作のない帝王「混沌」は7つの穴(目・耳・鼻・口)を彫ったところ、混沌は死んでしまった。
「目鼻が付かないうちがいちばん面白い」とノーベル賞を受けた湯川秀樹博士が作ったのが「混沌会」で、会では「荒削りでも将来発展しそうなアイデアを大事にした」らしく、理論的不備をつく指摘には、湯川は「ここはアイデアを議論する場だ、つぶすのが目的ではない」と席を蹴って退出した。
「ぼくらは難問に挑んでいるんだ。多少のほころびはあっても志の高さを評価しよう」というのだ。
「物理は一つ、自然は一つ」。これも当時の物理学が素粒子・宇宙論・物性などへの専門化が始まろうとしており、湯川は「自然は(研究領域ごとに)別々に動いているわけではない」と忌み嫌ったという(日経新聞)。

混沌の姫を死なせてはならない。